(※写真はイメージです/PIXTA)

「英語の学び直しに中学英語なんて」…そう思っていませんか? しかし、実はまさに中学英語は英語学習の土台であり柱。中学英語レベルの文法を身につけると、英文をある程度読めるようになったり、自分で文を組み立てて話したり書いたりなど、いろいろなことができるようになります。フクチマミ氏・高橋基治氏の共著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(2016年刊、KADOKAWA)より一部を抜粋し、今回は「受動態」について見ていきましょう。

【関連記事】英語「数えられる名詞にはaやsをつけます」 日本人「じゃあ、パンはa breadか」 英語「パンは“数えられない名詞”です」←この矛盾が起きる根本理由

「~される」を表す形、受動態

フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より ※年齢は本書刊行当時
本稿の登場人物 フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
※年齢は本書刊行当時
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より

 

フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より

 

フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より

「驚いた」は「be動詞 + surprised」…なぜ受動態なのか?

フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より

 

フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より
 フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より

フクチマミ・高橋基治著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より

【コラム】英語の伝え方のルール:「旧情報」と「新情報」

英語の情報の伝え方には、「旧情報」を先に、「新情報」をあとに持ってくる※という原則があります。旧情報とは「話題にすでに出てきていること・すでに知っていること」、新情報とは「初めて出てくること」で、この流れで情報を処理することで、ストレスなく話の筋を追うことができます。これが逆になると、聞き手に余計な負担がかかります。

 

この情報の流れは、語順や文の並べ方に深く関係しています。例えば、When I eat crab, I always get sick. とI always get sick when I eatcrab. はほぼ同じ意味ですが、情報の流れで見ると、前者はすでにカニを食べる話題が出ていて、それを受けて「実は私、カニを食べるとね」と、「カニを食べる(旧情報)」→「いつも気分が悪くなる(新情報)」という流れがあることが考えられます。後者の場合は、具合が悪くなったときの話題が出ていて、「自分はいつも気分が悪くなる(旧情報)」、それは「カニを食べるとき(新情報)」という状況で使われます。

 

また、能動態のHaruki Murakami wrote this novel. と、受動態のThis novel was written by Haruki Murakami. はほぼ同じ意味ですが、「『ノルウェイの森』は有名な小説です」という文のあとなら、受動態のほうが好ましいと言えます。このThisは、前の文の『ノルウェイの森』を受けているので旧情報、そして著者の名前は初めて明かされる新情報なので、あとに持ってきます。Haruki Murakami wrote ~ . の能動態だと、いきなり新情報から始まるので、聞き手に負荷がかかってしまいます。

 

このように、どの形式を使うかは、情報伝達のルールによって決まります。よくネイティブが日本人の英文を「英文自体は間違っていないのに、何かぎこちない、文章にまとまりがない」と指摘するのは、実はこの点に問題がある場合も多いのです。

 

 

フクチ マミ

マンガイラストレーター

1980年神奈川県生まれ、金沢美術工芸大学卒業。雑誌や書籍、Webでルポ・解説マンガを中心に活躍中。「わかりにくいことを、わかりやすく」説明する手法に定評がある。

おもな著書に『マンガで読む 妊娠・出産の予習BOOK』(大和書房)、『晩ごはん症候群』(主婦の友社)、『おうち性教育はじめます』シリーズ(KADOKAWA)などがある。

 

髙橋 基治

東洋英和女学院大学教授。専門は英語教育。「楽しく、わかりやすく、ためになる授業」と評判。教育機関や一般企業からも講演依頼が絶えない。国連英検アドバイザー及び特A級面接官を務めるほか、英語ナレーターとしても活動。

『マンガでおさらい中学英語』シリーズほか、『瞬訳英会話』(アスク出版)、『英語シナリオで楽しむ[ズートピア]』(学研プラス)など著書・監修書多数。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、フクチマミ氏と高橋基治氏による共著『マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

    マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編

    マンガでおさらい中学英語 英文法マスター編

    フクチ マミ
    高橋 基治

    KADOKAWA

    【「英語なんて無理」が「わかる!」に変わる】 中2・中3の範囲をベースにした英文法をマンガでおさらいできる、新感覚の英語やり直し本。 『マンガでおさらい中学英語』の続編となる本書では、英語ギライのきっかけになり…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ