「もうだめ、耐えられない!」80代女性、徹底的に調べて選んだ「老人ホーム」だったが、入居1週間で覚えた違和感

「もうだめ、耐えられない!」80代女性、徹底的に調べて選んだ「老人ホーム」だったが、入居1週間で覚えた違和感
※画像はイメージです/PIXTA

一人暮らしを続けるか老人ホームか……悩んだ末、老人ホームを選択した80代女性。場所、部屋の広さ、共有設備など、徹底的に調べて自分好みのホームを見つけたのですが、いざ入居してみるとたった一つだけ合わない点がありました。どうしても我慢できず退去も視野に入れています。いったに何があったのでしょうか。

【富裕層のための高級老人ホーム特集】
施設情報、サービス・設備ランキング、コラム記事など充実のラインナップ>>>

※外部サイトに遷移します

好みに合うホームだったはずが…

すべてが自分好みの老人ホームに出合えた寺澤さん。自宅は懇意にしている不動産会社に売却の準備を進めてもらい、すぐに引越しをしました。部屋の使い勝手は快適ですし、居住している人たちも、寺澤さんと同じような生活レベルなので違和感がありません。すぐに友達もできました。

 

しかし住み始めて1週間ほど経つと、寺澤さんの表情にかげりが見え始めました。その理由は食事でした。見た目は豪華なのですが、どこかファミリーレストランのランチメニューのようなラインナップ。味付けは可もなく不可もなく、といったところですが、強いていえば寺澤さんの好みとは微妙に異なっていたといいます。

 

ほかの老人ホームに入居した友人、数人に電話をしてみると「元有名レストランのシェフが作ってくれている」とか、「管理栄養士がいて、毎食、丁寧に作ってくれている」と話します。そういえば、自分のホームにシェフはいるのだろうかと、改めてパンフレットを見てみましたが、シェフの名前や肩書きは記載されていませんでした。

 

自分の好みとは違うという、ほんの少しの違和感。それがこれから先も続くと思うと……寺嶋さん、段々と苦痛は大きくなっていったといいます。

プロに任せて、本当に合うホームを見つけたい

翌週、遊びに来た娘さんに食事が口に合わないと話すと、スマートフォンで何やら調べ始めました。そして

 

「お母さん、ごめん! ここ食事の評価が低いわ。ご飯が美味しくないとか、メニューのバリエーションが少ないって」

 

と、言うのです。そういえば、このホームだけ見学時に食事会がなかったことを思い出しました。他のホームの試食が美味しかったので、どこでも同じように美味しい料理が提供されると勝手に思い込んでしまったのです。

 

もはや自室で料理をするのは難しい寺澤さん。このまま一生、口に合わない料理を食べ続けるのは厳しい……。

 

「もうだめ、耐えられない!」。

 

現在、老人ホーム選びのプロに相談して別のホームを探しているところです。

 

個人でホームを探すと、良い面にばかり目が行き、大切な部分を見落としてしまうことがあります。なるべくたくさんの人の目で確認する、あるいは専門家の意見を聞くのが後悔の無い老人ホーム選びの鉄則です。

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    本連載は、株式会社パセリが運営する「MY介護の広場 老人ホームを探す『高級老人ホーム特集』」内の記事を転載・再編集したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ