精神疾患の一種である「ADHD」。成人女性の発症率の増加が顕著となり、話題となっています。本記事では「ADHD」が疑われる女性の症状と具体的な治療方法をみていきます。

近年話題の「ADHD」…どんな病気なのか?

 1番メジャーな精神疾患とはなんだろうか。はるか昔「統合失調症」と「うつ病」が、二大精神病と呼ばれていた。とはいえ多くの方に「統合失調症」はなじみが薄く、現代的に、「うつ病」がもっとも有名ではないだろうか。

 

さて、しかし。今回のメインはそこではない。いま、これらと同じくらい話題になっている病気がある。それこそが「ADHD」だ。ADHDとは「注意欠如・多動症」の略だ。ADHDの話がでるたびに、「あぁ、注意欠如・多動症ね」などと話せば、熱い尊敬の視線を得られること間違いナシだ。いや、ただウザいやつ、と思われるだけかもしれないけども。

 

なんにせよADHD、わかりやすくいうと「注意力がなかったり、落ち着かず動きが多くなってしまう病気」だ。あまりに大雑把な表現だが、とにかくそんなイメージでまずは覚えてほしい。「注意欠如」と「多動」のダブルがあるわけだ。とはいえ成人の場合、多動はそこまで問題にはならず、どちらかというと「注意欠如」のほうが問題になることが多い。

 

この「注意欠如」。その代表的な症状として・物事を順番にこなすのが苦手というものがある。はるか昔「片付けられない女たち」という書籍が流行したが、まさにそのタイプ。「とりあえず順番に部屋を片付けていこう」なんてことは苦手で、その結果、部屋がどんどん汚くなってしまう。

所狭しとモノが置かれる部屋に住む友人女性

具体的な記憶。そういえば学生時代のことを思い出す。ある友人の女性の家に行ったところ、足の踏み場もないほど部屋が汚れていたことがあった。女性の家に対するワクワク感が一瞬で吹き飛んだ。天国から地獄だった。抹茶アイスだと思ったらワサビだった、くらいの勢いだ。あの衝撃的な思い出は、いまでも思い出せる。

 

室内はもちろん、トイレやお風呂場に至るまで、激しくモノが置かれているのだ。トイレはモノをかきわけて行うにしても、風呂は無理だ。「いやこれ、使えないよね……?」そう確認すると、彼女は「使わないから大丈夫!」とにこやかに言った。なにがどう大丈夫なのか。一切、大丈夫さが湧いてこない。

 

よく聞いてみると、風呂は銭湯で済ませているらしい。解決になっているのかなっていないのかわからない。あらためて考えると、彼女はADHDだった可能性が高い、と思う。そういう意味では、精神医学の知識を体験できた、貴重なできごとだったと思う。そう思うことで、あの失われたワクワク感に折り合いをつけようとしている気がする。

 

なんにせよADHDの「注意欠如」により、多くの人は、段取りをつけて物事を進めることができない。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】2月29日(木)開催
土地オーナー必見!
高入居率×高収益×高い節税効果
「賃貸ガレージハウス」全貌公開!

次ページADHDの治療法

人気記事ランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間

メルマガ会員登録者の
ご案内

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

メルマガ登録
TOPへ