(※写真はイメージです/PIXTA)

薄毛を気にしている人のなかには、意を決してAGA治療を始めたのに、「あまり効果がみられない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。きちんと治療を受けているのによくならないと落ち込んでしまいますが、「その際は追加治療の検討も選択肢のひとつ」だと、東京メモリアルクリニック院長の栁澤正之先生はいいます。今回は、AGA治療の効果を実感する方法と追加治療についてみていきます。

AGA治療の効果実感には「写真」が不可欠

AGA治療薬には明確な改善効果

男性型脱毛症(AGA)の根本的治療薬として「フィナステリド」「デュタステリド」という2種類の薬があります。

 

よく世間では「AGAの進行を止めるだけ」なんて噂している人も多いと聞きますが、そんなことはありません。明確に改善することが医学的に証明されています。実は、AGA治療の改善効果は年単位でゆっくり現れますので、鏡を見ているだけではほとんどわかりません。

 

治療効果の確認が難しいということが「進行を止めるだけ」という誤解につながっているのかもしれませんが、いずれにしてもAGA治療効果を確認するには「写真撮影」が必要不可欠です。

 

AGA治療をしていても「効かなかった」「進行を止めるだけだった」という意見を言われる方も少なからずいらっしゃいます。

 

しかし、AGA治療の平均的な効果は「治療開始半年で産毛が増え始め、1年目には見た目が改善し、その後5~10年かけてよくなり続ける」というのが一般的です。

 

半年前との産毛状態の差や、生え際1~2mmの変化などは人間の肉眼ではまず気づくことができません。

 

鏡で見る髪の毛の自己評価にはかなり思い込みが影響するため、薄毛を気にしている方はたいがい「悪くなっていないか」と心配で鏡をのぞき込み、実際には産毛が増えて改善していたとしても「悪くなった」と錯覚してしまうことが多いのです。

 

髪の毛の治療効果を確認したい場合には、客観的な写真による評価をするようにしましょう。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページ写真でも効果がみえない場合は「追加治療」を検討
TOPへ