月曜日が来ないことを願う…44歳男性・年収1,000万円超でも「うつ病」と診断された理由

高収入であれば人は幸せなのでしょうか? 本記事では、有名一流企業に勤め年収1,000万円超の44歳男性が精神科で治療を受けることになった理由とその具体的な治療方法をみていきます。

お金持ちは本当に幸せなのか?

「お金さえあれば、もっと幸せなのに」
「人生で成功すれば、もっと気持ちよく生きられるはずだ……!」

 

多くの人がそんな気持ちを抱いていると思う。自分も学生のころから、ずっとそう思っていた。

 

でも実際、どうなのだろうか。お金を持つことは、果たして幸せなのだろうか? 莫大な富があれば、人間は幸せだといい切れるのだろうか? 自分自身、メンタルクリニックで精神科医として働いている。そんななかで多くの患者さんを診察しているうちに、どことなく答えがみえてきた部分がある。

有名一流企業勤務、年収1,000万円超の44歳男性

ここで話す患者さんには、特定のモデルがいるわけではない。ただ、多くの患者さんのエピソードを、プライバシーに配慮しつつ、変更・合体してできた、架空の人物の話だと思ってほしい。

 

その患者は、田中健志さん。44歳。誰もが聞いたことのある一流企業に勤め、出世を重ねて、現在は年収は1,000万円を超えていた。日本人のうち上位5%に当たる年収だ。誰もがうらやむ立場だと思う。

 

しかし彼は、メンタルクリニックを訪れていた。主訴は「会社にいけなくなってしまった」こと。特に入社したときは、月曜日が楽しみ……とまでは行かないが、新しく始まる一週間にワクワクしていた部分もあったそうだ。


しかしいまは、ただただ苦痛。日曜日はひたすら家にこもり、月曜日が来ないように願っているそうだ。また2ヵ月前から睡眠も取れず、食事量もどんどん減ってきていた。特に以前から映画を見るのは趣味だったそうだが、最近は映画をみても一切楽しいと思えなかった。なにより、映画配信サイトを開くことすら苦痛になってきた。

 

さすがにおかしいと思って、当院の門を叩いたのだ。

うつ病の具体的な治療方法

診察し、話を聞き、うつ病の尺度であるCESDなどのテストも施行。中等度のうつ状態であると判断された。治療として抗うつ剤の処方を提案。抗うつ剤はすぐに効くものではないが、だいたい2ヵ月前後を目安にゆっくりと効果を持ってくる。焦りは禁物だ。

 

また休職を勧めながら、同時に無理のない範囲で運動などを勧めた。その後少しずつ改善をみせ、表情にも明るさが戻ってきた。閉じかけた花が再び咲いたような雰囲気だった。

 

ではいったいどうして彼は、うつ病になってしまったのだろうか?

 

【※2月1日・3日 開催セミナー】
【中東大手ディベロッパー来日】
前年取引高76%上昇!1スクエアフィートあたり28%上昇!
世界が注目する「ドバイ不動産」最新動向

ゆうメンタルクリニック・ゆうスキンクリニック 総院長

精神科医。
東京大学理科Ⅲ類に入学し、同大学医学部卒業。
「つらいときに、すぐ」受診できる心療内科「ゆうメンタルクリニック」と皮膚科・美容皮膚科の「ゆうスキンクリニック」を設立。
現在 現在都内近郊(上野、秋葉原、池袋、新宿、渋谷、品川、大宮、横浜)・大阪にグループ12院を展開する。

ゆうメンタルクリニックHP
ゆうスキンクリニックHP

著者紹介

連載高収入だと心の病気にならない!? カリスマ精神科医師が解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ