「受刑者と看守が共謀して脱獄」日本で起きたらどんな罪に問われる?【違法ではない国も】 (画像はイメージです/PIXTA)

受刑者と看守が共謀して脱獄した場合、日本ではどのような罪が成立するのでしょうか。銀座さいとう法律事務所・弁護士の齋藤健博氏が解説します。

アメリカで発生…「看守と共謀して脱獄」した事件

今年4月29日、アメリカ・アラバマ州にて、殺人の罪等で起訴され服役中の受刑者ケイシー・ホワイト(38)と元・刑務官ヴィッキー・ホワイト(56)が、共謀して刑務所から逃亡する事件が発生しました。

 

ヴィッキー・ホワイト元刑務官には脱獄ほう助の疑いで逮捕状が出されていました。5月9日には警察の追跡を受け、身柄を拘束される直前で自ら命を絶ったというショッキングな事件です。

 

現地の保安官は2人について「特別な関係にあったことを確認した」と発表しており、「刑務官が受刑者と恋愛関係となり逃亡を手助けするなんて、映画のようだ」と一部世間を騒がせました。

 

映画で見る恋愛物語のような話ですが、現実に凶悪犯が脱獄する、しかもそれを看守に手助けされてしまうという事態は、当然ながら非常に恐ろしいものです。

 

もしも日本で同様の事件が発生したとしたら、両者はどのような罪に問われることになるのでしょうか。

一部の国では罪にならないが…日本では何罪になる?

まず日本では、脱獄をすると「単純逃走罪」が成立します。さらに拘禁されている施設や器具を損壊し逃走した場合や、2人以上通謀して逃走した場合には、単純な逃走に比較して罰則の重い「加重逃走罪」の成立が視野に入ります。加重逃走罪が適用された実例も存在します。

 

日本では脱獄は「逃走の罪」とされますが、ドイツ・スイスなど欧州のいくつかの国では「罰から逃れようとするのは人間の本能である」という理由から“違法”とはされていません。日本人の感覚すると不思議に思えるかもしれません。“自由”についての考え方・文化の違いを感じさせられます。しかし、それでも手錠や壁を壊す行為があれば器物損壊罪に問われますし、脱獄を手助けする行為については違法とされます。

 

日本でも、脱獄を支援した刑務官がいた場合には、逃走援助罪が成立します。この犯罪は、看守や護送の任務を有する者がその職務に反していることを重視するものです。

 

現代の日本では、頻繁に脱獄が発生しているわけではないため、逃走援助罪が成立するような状況は想像しにくいかもしれません。

 

ただ、逃走を直接的に支援しなかったとしても、「逃走することを知っていながら、あえてこれを放置する場合」には『不作為』といって罪が成立する余地があります。未遂であったとしても処罰される犯罪であることに特徴があります。

 

 

齋藤 健博

銀座さいとう法律事務所 弁護士

銀座さいとう法律事務所 弁護士

2010年、慶應義塾大学総合政策学部卒業。2013年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2015年、慶應義塾大学法科大学院修了。2015年、司法試験に合格。「不倫」「浮気」「離婚」「男女問題」「セクハラ問題」を中心に、債権回収、企業法務・顧問弁護士、詐欺被害・消費者被害、犯罪・刑事事件、不動産・建築、借金・債務整理などの法律業務全般を取り扱っている。

著者紹介

連載法で読み解く!弁護士によるニュース解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ