数多ある薄毛治療…学会が「もっとも推奨する」治療法【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

男性型脱毛症(AGA)はすでに原因が解明されていて、医学的根拠(エビデンス)に基づいた治療法がいくつも定められています。今回は、東京メモリアルクリニック院長の栁澤正之氏がその医学的根拠のある治療法について「推奨度」と「治療優先度」に触れながら解説します。

【関連記事】「男性ホルモンが多い人は禿げやすい」は誤解…薄毛になる“本当の原因”【専門医が解説】

薄毛治療には「ガイドライン」が存在

薄毛の医学的治療には日本皮膚科学会が作成した「ガイドライン」があります
※男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版

 

2017年版が最新のものですが、初版は2010年にガイドラインとして制定され、男性だけでなく女性の薄毛についても医学的な薄毛診療の方針が定められています。

 

インターネットで簡単に閲覧することができますので、興味があれば参考にしてみてください。イチから読もうとすると専門的な文章が続いて読む気がなくなりますので、4ページ目の治療ごとの推奨度表だけみていただくのがおすすめです。

 

ガイドラインでは、治療方法ごとに医学的根拠の信憑性を「推奨度」として評価しています。ここでは推奨度の高い治療法について解説いたします。

学会が推奨…男性のAGA「第一選択の治療」

男性のAGAに対して「推奨度:A(強く勧める)」なのが「フィナステリド」と「デュタステリド」の内服治療です。

 

フィナステリドは世界的にも20年間以上AGAの根本的治療薬として使われており、効果、安全性ともにもっとも信頼性の高い治療です。デュタステリドは2015年に承認された比較的新しい薬ですが、フィナステリドとほぼ同等の治療と思っていただいて問題ありません。

 

AGAについては他にもいくつか根拠(エビデンス)のある治療法がありますが、フィナステリド・デュタステリド治療をしないことにはAGAの根本原因を止められずに薄毛が進行してしまいます。

 

男性の薄毛の9割以上を占めるAGAについては、「フィナステリド・デュタステリド内服治療が、まず行うべき第一選択の治療」と考えてください。(女性に対しては不適切な治療となりますのでご注意ください。)

 

東京メモリアルクリニック 院長
医学博士
日本形成外科学会 認定専門医
第27回日本臨床毛髪学会 学会長 

日本で初めてAGAに対するフィナステリド治療を開始した東京メモリアルクリニックの3代目院長を務め、30年間に渡るAGA・薄毛治療理念を継承。日本臨床毛髪学会の学会長を歴代最年少で任された、次世代AGA・薄毛治療の旗手。
最近ではオンラインAGA診療「Oops-Hair」の診療担当を務め、日本全国の薄毛で悩む患者に対して、スマートフォンで手軽に適切なAGA診療を提供している。

東京メモリアルクリニックホームページ
オンラインAGA診療「Oops-Hair」
個人ブログ

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、オンライン診療対応クリニック/病院の検索サイト『イシャチョク』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ