「男性ホルモンが多い人は禿げやすい」は誤解…薄毛になる“本当の原因”【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

男性ホルモンが多い人は禿げやすい……こうしたウワサを耳にする人は多いですが、この説は「完全に間違い」だと、東京メモリアルクリニックの栁澤院長はいいます。では、薄毛になる「本当の原因」とはいったいなんなのか、みていきましょう。

【関連記事】平均給与「433万円」より厳しい…「日本人の現状」

「男性型脱毛症(AGA)」の原因

男性薄毛の9割以上は男性型脱毛症(AGA)が原因といわれています。一方、AGAはすでに原因が解明されており、確実な治療法が存在します。言い換えれば、薄毛で悩む男性の9割以上は医学的治療で治すことができるのです。

 

男性の薄毛は「男性ホルモン」が原因だということはよく知られています。ですが、実は男性ホルモン自体が髪の毛に悪さをしているわけではありません。

 

男性ホルモンは身体のなかで「DHT(ジヒドロテストステロン)」というホルモンに作り替えられてしまい、このDHTがAGAの直接原因となるのです。

 

女性も身体内に少量ですが男性ホルモンとDHTを持っていますので、更年期などでホルモンバランスが崩れるとDHTによる女性男性型脱毛症(FAGA)を起こすこともあります。

薄毛になる人、ならない人の「決定的な」違い

よく「男性ホルモンが多い人、筋骨隆々の活動性あふれる人は薄毛になりやすい」と考えている人も多いと思いますが、これは完全な間違いです。男性ホルモンの多い少ない、DHTの多い少ないで薄毛が決まるわけではありません。

 

「ある程度の年齢でもフサフサのまま」な人でも男性ホルモン、DHTは持っていますし、決して少ないというわけでもありません。

 

では、「フサフサの人」と「薄毛で悩む人」とでは、一体何が違うのでしょうか? 答えは「DHTの感受性(効きやすさ)」です。

 

DHTの感受性が低い(効きにくい)人は、どんなに年をとっても髪があまり細くならずにフサフサのままです。

 

一方で薄毛になってしまう人は「DHTの感受性が高い(効きやすい)」ので、DHTの影響で毛が細く短くなり、薄毛になってしまうというわけです。

 

AGA薄毛のパターンに「生え際(M字)タイプ」と「つむじタイプ」がありますが、これも「DHTが効きやすい部分」から薄毛が始まるという違いで、最終的には生え際とつむじがつながってしまいます。

 

また、どんなに薄毛が進行した人でも側頭部と後頭部の髪の毛は残っているのですが、これも「側頭部と後頭部はDHTが効きにくい」ことによるものです。

 

東京メモリアルクリニック 院長
医学博士
日本形成外科学会 認定専門医
第27回日本臨床毛髪学会 学会長 

日本で初めてAGAに対するフィナステリド治療を開始した東京メモリアルクリニックの3代目院長を務め、30年間に渡るAGA・薄毛治療理念を継承。日本臨床毛髪学会の学会長を歴代最年少で任された、次世代AGA・薄毛治療の旗手。
最近ではオンラインAGA診療「Oops-Hair」の診療担当を務め、日本全国の薄毛で悩む患者に対して、スマートフォンで手軽に適切なAGA診療を提供している。

東京メモリアルクリニックホームページ
オンラインAGA診療「Oops-Hair」
個人ブログ

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ