AIにFXの自動売買を任せたいと考えている人も多いでしょう。ですが、今のところAIはあまり頼りにならないのが現状です。この記事では、AIよりもリピート型・プログラム選択型の自動売買をおすすめする理由を詳しく解説していきます。
【FXのAIおすすめしない理由】73万円稼げたイチオシ自動売買ツール

『資産形成ゴールドオンライン』は複数の企業と提携して情報を提供しており、当サイトを経由して申込みがあった場合、各企業から報酬が発生することがあります。しかし、提携の有無などが本ページ内のサービスの評価や掲載順位に関して影響を及ぼすことはありません(提携会社一覧)。

「AIにFXの自動売買をやってもらうことはできる?」

「AIを使った自動売買って稼げるの?」

「初心者におすすめの自動売買が知りたい」

このような疑問をお持ちではありませんか?

 

AIを搭載した自動売買サービスがあることを知り、使ってみたくなりました。

 

しかし、調べてみたところAIはまだ発展途上な印象で、おすすめできるものは見つかりませんでした。

 

どうしてもAIを使いたい人以外は、リピート型かプログラム選択型の自動売買がおすすめです。

 

そこでこの記事では、AIを使った自動売買を2つ紹介するとともに、AIよりもリピート型とプログラム選択型をおすすめする理由をお伝えします。

 

さらに半年で73万円稼げた自動売買も紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

この記事でわかること
・AIが値動きを予想する方法
・FX会社が提供しているAIを使った自動売買
・AIよりもリピート型とプログラム選択型のほうが稼げる
・半年で月利4.03%、728,169円稼いだおすすめ自動売買
・初心者におすすめの自動売買
・自動売買で大損を避けるためのポイント
・口座開設から自動売買で取引を始めるまでの流れ

 

 

FXの自動売買とAIの関係
AIを使った自動売買ができるFX会社
みんなのFX テキストマイニングAI
インヴァスト証券 マイメイト
初心者にはAIよりもリピート型がおすすめ
リピート型の特徴
プログラム選択型の特徴
【ホント稼げた】利益72万円越え!実際の実績を大公開
【リピート型】外為オンラインの運用実績
【プログラム選択型】トライオートFXの運用実績
初心者向けの自動売買3選
AIよりもリピート型やプログラム選択型をおすすめする3つの理由
AIに任せっきりにできない
必ずしも利益が出るとは限らない
AIよりも運用実績が優れている
自動売買で大損しないためには
運用実績を確認する
証拠金にゆとりを持つ
自分で為替相場を分析する
長期目線で運用する
自動売買の口座開設方法
口座開設フォームを入力する
本人確認書類を準備する
審査完了後取引開始
証拠金を入金する
まとめ

FXの自動売買とAIの関係

FXの自動売買とAIの関係

 

FXの自動売買にAIを利用すると、膨大な量の過去チャートや為替ニュースなどをもとにした取引ができます。

 

なぜなら、AIの技術である機械学習で未来の値動きを予想するからです。

 

一般的な自動売買だと、売買条件の設定やプログラムの選択はトレーダーの判断に委ねられるため、相場を分析する必要があります。

 

そこでAIを使えばそういった判断や分析すら任せられるわけです。

 

AIとは
AIってなに?

 AIとは人工知能(ちのう)(Artificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス))の略称(りゃくしょう)。コンピューターの性能が大きく向上したことにより、機械であるコンピューターが「学ぶ」ことができるようになりました。それが現在(げんざい)のAIの中心技術(ぎじゅつ)、機械学習です。
 機械学習をはじめとしたAI技術により、翻訳(ほんやく)や自動運転、医療画像診断(いりょうがぞうしんだん)や囲碁(いご)といった人間の知的活動に、AIが大きな役割(やくわり)を果たしつつあります。
 文部科学省では、AIが私たちの生活にもっと使われて便利になるように、理化学研究所のセンターなどでAIの基本(きほん)となる数学やアルゴリズムの研究を進めています。

【引用元:文部科学省 AIってなに?】 
FXの自動売買とは

FXの自動売買とは

システムトレード(シストレ)とも呼ばれ、あらかじめ決められたルールに従ってプログラムが自動で取引を行う方法です。
自動売買に対して、人が考えて手動で行う取引は「裁量トレード」といいます。
FXの自動売買システムは大きく分けて次の3種類です。

【リピート型】
・決められた値幅で売買を繰り返す
・初心者向け

【プログラム選択型・設定型】
・多種多様なプログラムから選択、設定して自動売買を行う
・初心者、中級者向け

【プログラム開発型】
・プログラムを独自で開発する
・上級者向け

一度自動売買システムを決定すると、プログラム(ストラテジー)に従って機械的に24時間取引を繰り返します。
取引時間を確保できない人や、結果に一喜一憂してしまう人に向いている取引方法です。

 

AIを使った自動売買ができるFX会社

現在、金融庁の許可を受けている国内FX会社でAIを使った自動売買ができるのは、みんなのFXとインヴァスト証券です。

 

このあと、みんなのFXのテキストマイニングAIとインヴァスト証券のマイメイトについて紹介しますが、AIを使った自動売買はまだ数が少なく、予想の精度も満足のいくものがありません。

 

FX会社以外の業者が提供しているAIのサービスもありますが、手数料が高かったり詐欺の危険性があったりするので、利用しないようにしましょう。

 

 

みんなのFX テキストマイニングAI

みんなのFX テキストマイニングAI

 

テキストマイニングAIはみんなのFXが運営する「みんなのシストレ」で利用できます。

 

「テキストマイニングAI」は、FX業界初の為替ニュースをもとにした売買シグナルです。190カ国以上で4万社を超える企業や金融機関に金融市場データを提供しているRefinitiv社(旧トムソンロイター社)のテキストマイニング技術および心理スコアリング技術を活用し、機械学習によりドル/円相場やドル/ユーロ相場の為替相場動向を予測します。当社の自動売買ツール「みんなのシストレ(※)」において「テキストマイニングAI」を選択するだけで、為替ニュースをもとにした24時間の自動売買が可能となります。

【引用元:みんなのFX テキストマイニングAI登場!

 

テキストマイニングAIには4つのプログラムがありますが、次のように1年間の運用状況(2022年3月現在)を見ると、4つとも大きくマイナスになっているので注意が必要です。

 

テキストマイニングAI運用状況

【引用元:みんなのシストレ ストラテジーランキング

 

みんなのシストレは独自で損切り設定ができるので、それを利用してプログラムに任せっきりにしない対策をしたほうがいいぞ。

 

1000通貨単位から取引できるから、少額でまず試してみる手もあるわね。

 

また、同じみんなのシストレの自動売買に「リピート注文」という選択肢があります。

 

リピート注文の中にはプラスの利益をあげているプログラムもあるので、テキストマイニングAIよりおすすめです。

 

 

インヴァスト証券 マイメイト

インヴァスト証券 マイメイト

 

インヴァスト証券のFX自動売買であるマイメイトは、「エージェント」と呼ばれるキャラクター化したAIが取引するサービスです。

 

AIが週に1回取引の確認を行い、最適なポジション管理ができるよう自動的に学習してくれます。

 

エージェントの取引結果を褒めたり𠮟ったりして、自分だけのAIに育てながらゲーム感覚で楽しく自動売買できる点が魅力です。

 

ランキングを見て、他の人が育てたエージェントで運用することもできます。

 

ドル/円の最小取引単位が5000通貨だから、少額で試してみたい人には不向きね。

 

公式サイトでは30万円程度から始めることをおすすめしているよ。

 

初心者にはAIよりもリピート型がおすすめ

FXの自動売買システムには大きく分けて次の3種類があり、わざわざAIを使った自動売買を選ばなくても優秀なものが多くあります。

 

①リピート型:決められた値幅で売買を繰り返す
②プログラム選択型(設定型):多種多様なプログラムから選択・設定して自動売買を行う
③プログラム開発型:プログラムを独自で開発する

 

初心者におすすめなリピート型について、以下で特徴を解説します。

 

 

 

リピート型の特徴

リピート型自動売買

 

リピート型は、一定の値幅で推移しているレンジ相場での取引で特に効果を発揮します。

 

その理由は自分が設定した変動幅で、相場の上昇下落に合わせて売買を繰り返すからです。

 

レンジ相場である限り、リピート型を選んでいれば自動的にコツコツ利益を得ることができます。

 

外為オンラインの「iサイクル2取引」や、松井証券がリピート型自動売買では有名です。

 

仕組みや設定が簡単なので、為替相場に対する知識が少ない初心者でも利用しやすいですが、相場の急変に弱いという欠点があります。

 

 

 

プログラム選択型の特徴

プログラム選択型の特徴

 

プログラム選択型は、初心者でもプロトレーダー並みの取引ができる特徴があります。

 

なぜなら、FX会社やトレーダーが作ったプログラムを選ぶだけで自動売買ができるからです。

 

FXの知識や経験が少ない初心者でも、過去の運用状況を見比べたうえでプログラムを使えます。

 

ただし、プログラムによって不得意な相場の状況があるので、それを見極めるための勉強は必要です。

 

 

【ホント稼げた】利益72万円越え!実際の実績を大公開

ここでは、編集部がリピート型とプログラム型を運用した、実際の取引結果を公開します。

 

【運用した自動売買サービス】
・リピート型:外為オンライン『iサイクル2取引』
・プログラム型:インヴァスト証券『トライオートFX』

 

自動売買でどれくらいの利益が期待できるか、参考にしてみてください。

 

 

【リピート型】外為オンラインの運用実績

最初に紹介するのは、リピート型である外為オンライン『iサイクル2取引』の運用実績です。

 

次の運用状況と結果をご覧ください。

 

  • 運用期間:2023年4月24日から11月15日まで
  • 運用資金:3,000,000円
  • 口座資産:3,728,169円
  • 利益:728,169円
  • 月利:4.04%
    ※利益に関しては評価損益を含んでいません。

 

iサイクル2取引の運用結果
iサイクル2取引の運用結果

 

約半年間米ドル円の上昇トレンドに乗せる運用を行い、72万円越えの利益を達成できました。

 

運用中にやることは、アメリカ経済の動向とチャートを確認するだけだったので、裁量トレードより時間をかける必要がないのはメリットです。

 

 

【プログラム選択型】トライオートFXの運用実績

続いて紹介するのは、プログラム選択型であるインヴァスト証券『トライオートFX』の運用実績です。

 

運用状況と結果は、次のとおりです。

 

  • 運用期間:2022年2月から2023年11月まで
  • 運用資金:100,000円
  • 口座資産:168,812円
  • 利益:68,812円
  • 月利:3.12%
    ※利益に関しては評価損益を含んでいません。

 

トライオート運用結果
トライオートFXの運用結果

 

約1年半以上の長期に渡る運用でも、月利3.12%という安定した数字を維持できました。

 

今回は10万円での運用でしたが、投資資金を上げればさらに大きな利益を見込めるのがわかりますよね。

 

初心者向けの自動売買3選

すでに解説したとおり、初心者におすすめの自動売買はリピート型です。

 

AIを使ったものより収益率に優れたプログラムが多数あるため、あえてAIを選ぶ必要性はありません。

 

自動売買で稼ぎたいのであれば、信頼できるFX会社が提供しているシステムを使いましょう。

 

初心者向けの国内の自動売買口座を2つ紹介するので、口座選びの参考にしてください。

 

 

自動売買で寝ながら稼ぐ「外為オンライン」

外為オンライン
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
1.0銭 2.0銭 4.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

 

自動売買で利益を出している割合99.62%!
・簡単な設定でOK。24時間自動で取引をしてくれる
・FXの勉強や知識不要。初心者でも運用可能。

 

自動売買で初心者でもプロのようなトレードが可能!

 

外為オンラインが提供する「iサイクル2取引」を使えば、簡単な設定で自動売買ができるぞ。

 

仕事をしている時も、寝ている時もシステムが自動で売買して、コツコツ利益を貯めてくれる。

 

 

 

【超少額】100円から自動売買できる「松井証券のFX」

 

スプレッド
(ドル/円)
FX初心者/未経験者 取引手数料
0.2銭
少額で低リスクで始められる
無料
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨
マイナススワップが大きい
最大100万円

スプレッドは原則固定(※例外あり)
 

1通貨!つまり100円でFXの自動売買が可能!
・スプレッド以外の手数料無料!自動売買なのに低コスト!
・シンプルなリピート注文ではじめての自動売買でも安心!

 

最小取引単位が1000通貨が多いFXの自動売買で、1通貨から取引が可能!

 

しかも、自動売買でかかるコストはスプレッドだけなので、とことん低コストで運用できるわ。

 

少額から取引ができるので大損するリスクが無く、はじめての自動売買でも安心して取引ができるわ。

 

 

 

AIが学習・成長! 未経験からできる自動売買「インヴァスト証券」

マイメイト
スプレッド FX初心者/未経験者 選べるAIの数
変動制
未経験からでも運用可能
32,305
最小取引単位 スワップ 売買手数料
5000通貨
マイナススワップが大きい
0円

 

・AIを選んで、育てて、任せる自動売買。
・一目で成績がわかるので、必然的に優秀なエージェント(AI)を選べる
・5分で設定完了。FXの知識が浅くても大丈夫

 

「エージェント」と呼ばれるAIの数は、なんと30,000以上!多くの戦略から自由に選べるよ。

エージェントは成績によってクラス分けされているので、優秀なAIを選んで自動売買ができる!

 

 

 

AIよりもリピート型やプログラム選択型をおすすめする3つの理由

AIよりもリピート型とプログラム選択型をおすすめする3つの理由

 

AIを使った自動売買の実用化が進むと、相場分析やチャートを気にすることなく安定した長期運用が期待できますが、まだ発展途上の印象です。

 

詐欺のリスクもあるので、どうしてもAIを利用したい場合でも、FX会社以外のサービスは使わないようにしましょう。

 

ここでは、AIよりもリピート型とプログラム選択型をおすすめする理由を解説します。

 

 

AIに任せっきりにできない

今のところ、AIに自動売買の運用を任せっきりにするのは危険です。

 

なぜならAIの機械学習はあくまで過去のデータに基づいたもので、相場の急変など未知の出来事への対応が苦手だからです。

 

相場の状況次第によって得意・不得意があるのは他の自動売買システムと同じで、AIを定期的に監視したり他のプログラムに変更したりと賢い使い方が求められます。

 

 

必ずしも利益が出るとは限らない

AIを使った自動売買と聞くと、なんだか最先端で高性能なシステムに感じるかもしれませんが、必ず利益が出せるわけではありません。

 

裁量トレードで稼ぐためには勉強が必要なように、AIのFX自動売買でも勉強が必要だからです。

 

すでに紹介した「テキストマイニングAI」と「マイメイト」も、初心者が利益を出すには難しいサービスといえます。

 

資産を増やすために自動売買をするなら、リピート型かプログラム選択型を使いましょう。

 

 

 

AIよりも運用実績が優れている

リピート型やプログラム型の方が、AIよりも運用実績が優れている点も理由のひとつです。

 

下記のデータは、リピート型の外為オンライン『iサイクル2取引』と、インヴァスト証券のAI『マイメイト』の実績を比較したものです。

 

外為オンライン:2024年1月から3月の実績
外為オンライン公式YouTube:2024年1月〜3月の利益確率

 

iサイクル2では、資産100万円・60日以上の運用で、利益率92.30%という数字を誇っています。

 

マイメイト:2024年3月運用実績
マイメイト:2024年3月運用実績

 

一方、マイメイトの3月の実績を見ていると、最高勝率はドル/円の85%。

 

長期的に運用するほど、リピート型の方が運用実績は優れているのがわかるでしょう。

 

 

自動売買で大損しないためには

自動売買で大損しないためには

 

次の4つを実践すると、自動売買での大損を避けることができます。

 

・運用実績を確認する
・証拠金にゆとりを持つ
・自分で為替相場を分析する
・長期目線で運用する

 

以下でそれぞれ詳しく解説します。

 

 

 

運用実績を確認する

どれくらいの利回りが期待できるのか、運用実績を事前にチェックしておきましょう。

 

同じ自動売買でも、資金・運用時期によってリスク・リワードは異なってくるからです。

 

例えば外為オンラインでは、コース毎・運用時期で次のように数字が変わってきます。

 

・リピート型:外為オンライン『iサイクル2取引』
・プログラム型:インヴァスト証券『トライオートFX』

 

外為オンライン:2024年1月から3月の実績2
外為オンライン公式YouTube:2024年1月〜3月のコース別利益確率

 

  • 1万通貨コース:資産100万円以上、60日以上の運用で91.66%
  • miniコース(1,000通貨):30万円以上、60日以上の運用で92.55%

 

自動売買にはそれぞれ特徴がありますから、あらかじめ運用実績を確認しておいてください。

 

 

 

証拠金にゆとりを持つ

自動売買の運用にあたっては、証拠金にゆとりを持つようにしておきましょう。

 

というのも自動売買では、資産の多い方が勝ちやすい傾向にあるからです。

 

次の表は、外為オンラインが公開している資産別利益確率です。

 

外為オンライン:2024年1月から3月の実績3
外為オンライン公式YouTube:2024年1月〜3月資産別の利益確率

 

資金が少ないほど、リスクは高くなっていくのがわかりますよね。

 

ですから、証拠金には余裕を持ってのぞんでいきましょう。

 

 

自分で為替相場を分析する

納得のいく自動売買プログラムを選べたとしても、全てを任せて放置するのではなく、自分でも為替相場を分析する必要があります。

 

その理由は相場の急変が起きたときに、大きな損失を出してしまうことがあるからです。

 

自分で為替相場を分析することで、相場の状況によってプログラムの調整か停止かを判断するのに役立ちます。

 

まずは経済指標について理解すると良いでしょう。

 

 

 

長期目線で運用する

FXの自動売買は長期目線で運用してください。

 

なぜなら、自動売買のプログラムは中長期の運用を想定して作られているからです。

 

優れたプログラムは長い期間運用することで利益が出せますが、短期的に大きな損失を出す可能性があります。

 

3ヵ月以上運用することをおすすめします。

 

 

 

自動売買の口座開設方法

自動売買の始め方

ここでは自動売買の口座開設の流れについて紹介します。

 

外為オンラインの自動売買「iサイクル2」を例に説明していきますので、参考にしてみてください。

 

口座開設フォームを入力する

 

外為オンライン:申請フォーム

 

まずは口座開設フォームにアクセスして、基本情報の入力をしていきましょう。

 

外為オンラインの公式サイトにある「口座開設のお申込み 無料」のボタンをクリックすると、上記の画面になるので必要な項目を入力していきます。

 

確認事項に同意(チェック)し、基本情報の入力が終わると、次に必要書類の提出へと進みます。

 

 

本人確認書類を準備する

新規口座開設にあたっては、「マイナンバー確認書類」と「本人確認書類」の2種類を提出します。

 

マイナンバー確認書類と本人確認書類については、以下を組み合わせたものを提出します。

 

◎マイナンバー確認書類

  • マイナンバー(個人番号)カード
  • 通知カード
  • マイナンバー記載の住民票

 

◎本人確認書類一覧

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証
  • 各種年金手帳
  • 住民票の写し又は、住民票記載事項証明書
  • 印鑑登録証明書

 

なお、マイナンバー(個人番号)なら「マイナンバー確認書類」と「本人確認書類」を兼ねているので、他の書類を提出しなくてもOKですよ。

 

提出方法は、フォームにアップロードして送信するだけです。

 

 

審査完了後取引開始

審査・口座開設の手続きが完了した後、3~5営業日でログインIDが簡易書留郵便で届きます。

 

ログインIDが届いたら、パスワードをメールで取得して、ログインして証拠金を入金しましょう。

 

入金は銀行窓口やATMでも可能ですが、ネットバンキングを利用すれば手数料無料で、すぐに反映されるのでスムーズですよ。

 

 

証拠金を入金する

口座開設審査が完了すると、ログインパスワードを登録するためのメールが届きます。

 

届いたメールに従い、外為オンラインのMyページにログインして証拠金を入金しましょう。

 

銀行窓口やATMなどからも入金出来ますが、下記のネットバンキングを利用していれば、24時間手数料無料で即時入金ができますよ。

 

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行
  • PayPay銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行、埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行

 

あとは自動売買プログラムを選ぶだけで取引できるよ。

 

 

まとめ

この記事ではAIを使った自動売買よりも、リピート型とプログラム選択型の自動売買をおすすめする理由について解説しました。

 

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

 

・テキストマイニングAIとマイメイトでAIを使った自動売買ができる
・AIを利用すると他にはない方法で値動きを予想するが、まだ発展途上
・初心者にはリピート型プログラム選択型のほうがおすすめ
・AIよりも外為オンライン松井証券の自動売買を選ぼう
・自動売買は証拠金にゆとりをもって、長期目線で運用しよう

 

「AIを使った自動売買なら高度な分析で100%予測を的中させてくれるのでは?」と思いがちですが、必ず当たるプログラムは存在しません。

 

まずはこの記事で紹介した3社の自動売買を利用して、コツコツ利益を出してください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

参考元