(※写真はイメージです/PIXTA)

長引くコロナ禍は、メンタルヘルスに多大な悪影響を与えています。それが要因で酒量が増え、入院するほど健康を害する「アルコール依存症」になる人が増えていると、東京アルコール医療総合センター長の垣渕洋一氏はいいます。本記事では、そんなアルコール依存症になる原因と予防法について解説します。

酒害が気になるならまず「アルコール摂取量を記録」

医師から薬が処方されるとき、効果が出て副作用は出ないよう、飲み過ぎに注意します。また、健康になるために薬だけでなく、運動、栄養、睡眠に気を遣うことが必要です。

 

アルコールも同じで、ストレス対策や楽しみをさまざまな方法で行うことが、長く付き合うコツです。

 

酒害が気になる人は、まず、自分がどれぐらいアルコールを摂取しているのか計算して、記録をつけましょう。

 

お酒の種類によって度数が違うので、純粋なアルコールとして、どれぐらい摂取しているかを計算します。

 

■純アルコール換算量(g)=飲んだ量(ml)×度数×0.8(アルコールの比重)

※ビール500mlなら、500ml×0.05(アルコール度数5%として)×0.8=20g

 

[図表4]アルコール度数5%のビールを500ml飲むと、実質20gのアルコールを摂取
[図表4]アルコール度数5%のビールを500ml飲むと、実質20gのアルコールを摂取

「ハイリスク」飲酒から「ローリスク」飲酒へ

リスクゼロの飲酒量はありません。少量であっても飲酒量に比例して飲酒問題のリスクは高まります。

 

1日に男性60g(日本酒3合)以上、女性30g以上をハイリスク飲酒と呼びます。

 

ではローリスク飲酒はどの程度でしょうか? 純アルコール換算で男性20g(日本酒1合)、女性10g以下です。そして、週2日は休肝日をもうけることが推奨されます。

 

こんな量では物足りない場合、現在、特段の飲酒問題がなければ、男性40g、女性20gが、楽しさと健康維持を両立するギリギリの量です。

 

現在、なにかしら飲酒問題があって、計算して飲酒量が多ければ、減らすことをお勧めします。方法については、拙著(※4)をご覧ください。

 

いまの私は依存症?スクリーニングテスト

最後に、依存症かどうかを鑑別する簡単なスクリーニングテストを紹介します。以下の4つの問いに<はい>または<いいえ>で回答してみましょう。

 

  1. 飲酒量を減らさなければと感じたことがありますか?(Cut down)
  2. 人から飲酒を非難されて気に障ったことがありますか?(Annoyed by criticism)
  3. 自分の飲酒に後ろめたさを感じたことがありますか?(Guilty feeling)
  4. 神経を落ち着かせたり、二日酔いを治すために迎え酒をしたことがありますか?(Eye-opener)

 

英語の頭文字をとってCAGEと呼ばれており、世界中で使われています。

 

<はい>が2つ以上あれば、アルコール依存症の可能性があるので、早めに相談、受診しましょう。皆様の健康を祈念しております。

 

 

垣渕 洋一

東京アルコール医療総合センター

センター長

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

※本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』掲載の記事を転載したものです。

【注釈】

※1 Tomohiro Nakao et al: Mental Health Difficulties and Countermeasures during the Coronavirus Disease Pandemic in Japan: A Nationwide Questionnaire Survey of Mental Health and Psychiatric Institutions.  Int. J. Environ. Res. Public Health 2021, 18(14) https://www.mdpi.com/1660-4601/18/14/7318

※2 令和2年度 依存症対策全国拠点機関設置運営事業における依存症に関する調査研究事業 「新型コロナウィルス感染症拡大が断酒会員に及ぼす影響に関する緊急調査」報告書 https://www.ncasa-japan.jp/pdf/document36.pdf   Hisashi Itoshima et al: The impact of the COVID-19 epidemic on hospital admissions for alcohol-related liver disease and pancreatitis in Japan Scientific Reports volume 11, Article number: 14054 (2021) https://www.nature.com/articles/s41598-021-92612-2

※3 国税庁酒レポート 令和3年3月 https://www.nta.go.jp/taxes/sake/shiori-gaikyo/shiori/2021/pdf/001.pdf

※4 垣渕洋一:「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本.青春出版社.2020年12月 www.amazon.co.jp/dp/4413231813

【参考サイト】

・依存症対策全国センター https://www.ncasa-japan.jp/you-do/treatment/treatment-map/

・ASK https://www.ask.or.jp/article/6489

TOPへ