(※写真はイメージです/PIXTA)

長引くコロナ禍は、メンタルヘルスに多大な悪影響を与えています。それが要因で酒量が増え、入院するほど健康を害する「アルコール依存症」になる人が増えていると、東京アルコール医療総合センター長の垣渕洋一氏はいいます。本記事では、そんなアルコール依存症になる原因と予防法について解説します。

少しずつの積み重ね…「アルコール依存症」になるまで

アルコール依存症は、このような飲酒問題が、長い時間をかけて、少しずつ積み重なっていく「進行性の病気」です。

 

[図表3]飲酒問題の悪化と自覚・否認、「依存症」の境界線
[図表3]飲酒問題の悪化と自覚・否認、「依存症」の境界線

 

飲酒は、機会飲酒といって学生のコンパや職場の飲み会などのイベントで飲むことから始まります。お酒との相性がいいと、イベントがなくても飲む、習慣飲酒となります。晩酌がその代表例です。量が多くなく、時間も長くなければ、生活に支障はありません。

 

しかし、「飲まないとつまんないな」と思うようになったら、常用量依存といって、少し危険な状態です。

 

さらに、飲酒問題が積み重なると、「ちょっと飲み過ぎ。まずいな」と危険を自覚するようになります。この段階で酒害軽減に取り組めば効果が出やすいのです。

 

しかし、さらに大量飲酒を続けると、飲酒問題の自覚が薄れます。家族は「控えて欲しい」と言っても、「仕事をやっているから問題ない」と否認し、耳を貸さなくなります。ここまで来ると立派な依存症です。

 

重症の依存症となると、家族から「私とお酒のどっちが大事なの!」と詰め寄られ、「今後、顧客から酒臭いとクレームが来たらクビだ!」と上司にいわれても大量飲酒を続けます。「行動のすべては飲酒のため!」になってしまいます。

 

「断酒するぐらいなら死んだ方がましだ」という言葉を数えきれないぐらい多くの人から聞きました。元々、楽しい時間を過ごすとか、食事を美味しくするといった目的のための手段の1つであったのが、いつの間にか飲酒すること自体が目的になり、人生で最優先になってしまうのです。

 

このようになってしまうのは、アルコールが持つ特徴を知らずに付き合ってしまうからです。

 

アルコールはれっきとした「薬物」

意外に知られていないことですが、アルコールは合法ですが、れっきとした薬物です。脳に作用して、寝つきをよくし、不安やウツや苦痛を軽くし、やる気が起きて、幸せな気分になります。とても有用です。

 

しかし、いつでも、どこでも、1コインで、効果絶大なので、依存性が生じます。人間は放っておけば安きに流れますから……。

 

一方、脳は非常に繊細な臓器なので、血液中の不要な成分の影響を受けないような仕組みが備わっています。飲酒を続けると、アルコールの薬効が徐々に弱くなり、以前のように酔う(脳が報酬を得る)のに必要な量が増えます。これを耐性といいます。

 

依存性と耐性が揃うと、酒量が増えます。飲酒問題が積み重なっても、飲酒のコントロールを失った状態が「依存症」です。

 

注目のセミナー情報

【国内不動産】3月7日(木)開催
フルローン×利回り7%超
独自!「買戻し特約」で購入後のリスクも徹底排除
前例なき好条件!「新築アパート投資」の全貌

次ページビール1本の「実質的アルコール摂取量」は?

※本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』掲載の記事を転載したものです。

【注釈】

※1 Tomohiro Nakao et al: Mental Health Difficulties and Countermeasures during the Coronavirus Disease Pandemic in Japan: A Nationwide Questionnaire Survey of Mental Health and Psychiatric Institutions.  Int. J. Environ. Res. Public Health 2021, 18(14) https://www.mdpi.com/1660-4601/18/14/7318

※2 令和2年度 依存症対策全国拠点機関設置運営事業における依存症に関する調査研究事業 「新型コロナウィルス感染症拡大が断酒会員に及ぼす影響に関する緊急調査」報告書 https://www.ncasa-japan.jp/pdf/document36.pdf   Hisashi Itoshima et al: The impact of the COVID-19 epidemic on hospital admissions for alcohol-related liver disease and pancreatitis in Japan Scientific Reports volume 11, Article number: 14054 (2021) https://www.nature.com/articles/s41598-021-92612-2

※3 国税庁酒レポート 令和3年3月 https://www.nta.go.jp/taxes/sake/shiori-gaikyo/shiori/2021/pdf/001.pdf

※4 垣渕洋一:「そろそろ、お酒やめようかな」と思ったときに読む本.青春出版社.2020年12月 www.amazon.co.jp/dp/4413231813

【参考サイト】

・依存症対策全国センター https://www.ncasa-japan.jp/you-do/treatment/treatment-map/

・ASK https://www.ask.or.jp/article/6489

TOPへ