うまく文字が書けない…自分の意志とは関係ない「手のふるえ」の正体【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

「歳をとったから」「メンタルが弱いから」……手のふるえの症状が出ているのに、病院に行かずに我慢している人が多いと、森山脳神経センター病院院長の堀智勝氏はいいます。本記事では、そんな「手のふるえ」の正体と治療法について解説します。

【関連記事】高齢者の食事は「牛丼」や「ハンバーガー」が理想的なワケ【現役医師が解説】

動作のときだけ手がふるえる!症状の正体は…

「本態性振戦(ほんたいせいしんせん)」とパーキンソン病との違い

ふるえの原因は大きく分けて2つあります。1つは緊張などからくる生理的な現象としてのふるえです。大勢の人の前でなにかを発表するときなどにふるえが出てしまう、といった経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

もう1つがなにかの病気(疾患)が原因で起きるふるえです。この場合、代表的なものとしては、パーキンソン病と本態性振戦(ほんたいせいしんせん)があります。

 

パーキンソン病はなにもしていないのにふるえの症状がみられますが(安静時振戦)、字を書くとき、コップや箸を持つとき、スマホを操作するときなど、なにかをするときにだけ手がふるえ、それ以外には生活上困ることはない。そんな症状でお困りの方は、「本態性振戦」という病気の可能性があります。

 

この病気は「歳をとったから」とか「メンタルが弱いから」という誤解から、病院に行かず長いあいだ我慢している方が多く、また、病院で処方された薬を飲んでいても効き目が弱くなったまま、ふるえの症状に苦しまれている方も多いのが特徴です。

 

「本態性」とは、“原因不明”を意味します。病気として原因は分からないがふるえが起きてしまう、という病気が本態性振戦です。

 

1つでも当てはまる方は要注意!「本態性振戦」のチェックリスト

こんな症状で困っていませんか? 1つでも当てはまる方は、まずは専門医の先生にご相談ください。

 

  •  サインをするときに、手がふるえて自分の名前を書くのが難しい。
  •  スマホ(携帯電話)を操作しようして、うまくタッチできない。
  •  コーヒーカップを持つときに手がふるえて、こぼしそうになる。
  •  何かモノを取ろうとしても、届きにくいと感じる。
  •  食事をしようと箸を持つとふるえてしまう。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

森山脳神経センター病院 院長

1968年 東京大学医学部卒業、脳神経外科教室入局
1981年 鳥取大学脳幹研究施設脳神経外科助教授
1984年 鳥取大学脳幹研究施設脳神経外科教授
1998年 東京女子医科大学脳神経センター脳神経外科主任教授
2009年 森山記念病院名誉院長
2012年 新百合ヶ丘総合病院名誉院長
2016年 森山脳神経センター病院院長、新百合ヶ丘総合病院名誉院長

専門医・指導医
日本脳神経外科学会専門医
日本てんかん学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本認知症学会専門医・指導医
日本神経内視鏡学会専門医
日本リハビリテーション医学会認定臨床医

ふるえのことをもっと詳しく

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ