かかとの痛みは放置厳禁!「明日立てなくなるかもしれない」恐怖の疾患【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

何気ない日常で感じる足の痛み……原因はさまざまですが、朝起きて歩いた際に痛みを感じたら要注意です。形成外科専門医で足と歩行の診療所蒲田院院長の吉原正宣氏が「明日歩けなくなるかもしれない」恐ろしい疾患について、具体的な症状や治療法を解説します。

【関連記事】平均給与「433万円」より厳しい…「日本人の現状」

「歳のせい」だけではない足の痛み

今までに「足が痛い」と感じたことはありますか? 「そういえばあの時……」と思い当たる人もきっと多いのではないでしょうか。

 

何気ない日常で感じる足の痛み……そのままスッと良くなってしまったときは、意外とみなさん忘れてしまっていることも多いと思います。

 

しかし、この痛みが良くならなくなったとしたら、みなさんはどこに助けを求めにいきますか?

 

インターネットで「足の痛み」と検索すると、マッサージ、整体院、鍼灸院や整形外科などさまざまな窓口が門戸を開きみなさんを迎えてくれます。

 

「ここぞ」という場所を決めて赴いた先で、担当の先生にさまざまな症状を訴えると思います。

 

そんななか、痛みがでた原因やその言いわけは具体的にどんなものが多いのでしょう。

 

「あのときは靴が合わなかったから」、「たくさん歩いたから」、「無理したから」などなどさまざまな意見があげられますが、普段、私が日常的に診療をしていてもっとも多いのが「歳だから」という答えです。

 

では、どのようにすれば「歳をとっても足の痛みを感じなく」することができるのでしょうか?今回は「足の痛み」のなかでも特に一般的な疾患である「足底腱膜炎(そくていけんまくえん)」にフォーカスを当ててお話しします。

痛みで立てなくなる!?「足底腱膜炎」の恐ろしさ

足底腱膜炎は、踵(かかと)から足の指の付け根までに存在する、足底腱膜(そくていけんまく)が炎症を起こしている状態で、踵に痛みを訴える疾患として、一般的なものになります。

 

足底腱膜は、アーチ状になっている足の裏で、立つ、歩く、走るなどさまざまな動きに対して、バネのように働きながら足にかかる衝撃を緩和しています。

 

そんな「縁の下の力持ち」な足底腱膜ですが、実はかなり負担がかかっています。

 

立っている状態では左右2本の足で自分の体重を支えていますが、歩く、走るなどの動作下では、必ず左右どちらかの足1本に体重が集中する時間が存在します。

 

一般的に、歩行中に足へかかる衝撃は自身の体重の1.2倍〜1.5倍、ランニングではおよそ3倍〜5倍といわれています。たとえば、60kgの人がランニングをすると、およそ180kg〜300kgの衝撃が足にかかる計算になり、多大な負荷が足底腱膜にかかり続けることになります。

 

足底腱膜炎は、過度の緊張とストレスが足底腱膜にかかり続けた結果、足底腱膜が傷つき炎症を生じているので、当然痛みをともないます。

 

また、この痛みにはさまざまな程度が存在し、ひどい痛みがでると「立てなく」なってしまいます。

 

【7/9(土)関連セミナー開催】
機関投資家からの信頼も厚い「いちご」が不動産小口化商品を提供
「好立地×新築レジデンス」で叶える最強の「資産防衛」

 

足と歩行の診療所蒲田院 院長

関西医科大学卒業。洛和会音羽病院形成外科に勤務中、米国足病医より指導を受ける。
その後、下北沢病院足病総合センターなどの勤務を経て、2018年10月に足と歩行の診療所を蒲田に開院。2021年9月より医療法人社団 足ノ会 足と歩行の診療所の理事長として日々、足の痛みと向き合っている。

日本形成外科学会形成外科専門医
日本抗加齢医学会専門医

所属学会 
日本フットケア・足病医学会
日本足の外科学会
日本骨粗鬆症学会
ほか多数

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ