「ただの憂うつな気分」と「うつ病」の差【心療内科医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

現代人にとって、身近な病気のひとつとなっている「うつ病」……生涯での罹患率は15%程度ともいわれています。また、放置すると症状が重くなり、治りにくくなるため、早期治療・早期発見が重要だと、東京はなクリニックの興梠真紀院長はいいます。早期治療・早期発見のために、うつ病が疑われる症状や具体的な治療法をみていきましょう。

【関連記事】なんだかいつも「ボーッと…」うつ病の会社員にADHDの可能性【医師が解説】

一生涯でかかる確率は15%程度…うつ病の特徴

うつ病は、気分が落ち込んで何をしても楽しめないといった精神症状と、眠れない、食欲がないといった身体症状が両方現れ、日常生活がスムーズに送れなくなる病気です。

 

一生涯のなかでかかる確率は15%程度ともいわれ、意外に身近な病気のひとつです。かかると非常に辛い病気ですが、現在は科学的なエビデンスに基づいて確立された治療法があり、治療すれば治る病気と考えられています。

うつ病になったとき「精神症状」に現れるサイン

ではうつ病になるとどのような症状が出るのでしょうか。具体的なサインについて、まずは「精神症状」から紹介します。

 

精神の働きは「知、情、意」という言葉で表現されることがありますが、うつ病になるとその働き全てが鈍くなり、活き活きした感じが失われます。

 

脳が濃い霧で包まれてしまう、またはゼリー状の膜で包まれるようなイメージを浮かべていただくとわかりやすいかも知れません。

 

そして、うつ病の症状は精神症状にさまざまな角度であらわれます。ここでは、「知、情、意」それぞれにあらわれるうつ病の症状を紹介します。

 

「知」に影響が出たとき…思考や理解力、判断力が低下

・メールを1通書くのに半日かかってしまう

・おつりの計算、日数の計算などの簡単な計算ができなくなる

・文章を何度読んでも意味が頭に入ってこない

・スーパーに行っても買う物が決められなくてぐるぐる歩き回ってしまう

・何度も目的の駅を乗り過ごしてしまい、いつまでも電車から降りられない

・簡単なミスを何度もしてしまう

・何度聞いても覚えられない

 

「情」に影響がでたとき…感情や感覚が鈍る

・何を食べても味がしない、砂やゴムを食べているような気がする

・色のないモノクロの世界のように感じる

・感動というのがどんな感じかわからなくなる

・何も心に響かない

・自分などダメだと思う

 

「意」に影響が出たとき…やる気がおきない

・人と会いたくない

・服を選ぶのが面倒

・体が重く、てきぱき動けない

・お風呂に入るのが面倒

・部屋がぐちゃぐちゃ

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

東京はなクリニック 院長
心療内科医

日本精神神経学会専門医、精神保健指定医、日本医師会認定産業医、労働衛生コンサルタント

2001年慶應義塾大学卒業。慶應義塾大学医学部精神神経科学教室入局、東京歯科大学市川総合病院、東京武蔵野病院を経て都内クリニックに勤務。急性期から慢性期、軽症から重症まで幅広い経験を有する。2021年「よりよく生きる」をテーマに負担が軽く効果の高い治療を実践するため東京はなクリニックを開業。
臨床の傍ら都内の企業で産業医としても活動し、ビジネスパーソンのメンタルヘルス研修などの教育活動も行っている。プライベートでは3姉妹育児中。

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

自己治癒力を高める医療 実践編

自己治癒力を高める医療 実践編

小西 康弘

創元社

病気や症状は突然現れるのではなく、それまでの過程に、自己治癒力を低下させるさまざまな原因が潜んでいます。だからこそ、対症療法ではなく根本原因にまで遡って治療を行うことが重要なのです。 本書では、全人的な治癒を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ