美ッ!「“至高”に導きます」匠、花嫁コーデに本気出してみた。 写真/『花嫁着付け師という仕事』掲載

花嫁の個性を生かす「色打掛」披露宴で輝く華やかな姿

■古典的な赤に緑の差し色とボール状の髪型が独創的なモード感を醸し出す

金銀、色とりどりの金糸を使った手織りや丁寧な手染め友禅などにより、何ものにも代えがたい華やかな光を放ち、花嫁を至高の美しさに導くのが色打掛スタイルです。色は赤や金、黒などさまざまあり、柄も縁起が良いとされる鳳凰や鶴、梅や松竹梅などバリエーションが豊富です【この記事の写真を見る】

 

幾人もの匠の手により、織りや箔、金糸や銀糸を豪華にほどこした衣装は、花嫁の個性を生かすことができるので、私の場合は、ヒアリングを重ねて「テーマ」を決め、コーディネートを決定していきます。

 

白無垢が元来、神仏の前で結婚を誓う挙式のみに用いられる衣装であるため、厳かさを重視される反面、色打掛は、披露宴で用いられることが多いです。今では、時を経て受け継がれた豪華で雅なものからモダンなものまで、幅広く華やかな着物が多くあります。

 

ヘアスタイルは、白無垢同様に角隠しを合わせたり洋髪にするなど、アレンジの幅が利くのも色打掛の魅力です。鮮やかさを演出できる色打掛は、花嫁の個性を見ながらドレス感覚でつくり込んでいきます。

可愛らしさを演出するのは「真横の美の二等辺三角形」

■一面の鶴の手刺繍を魅せ横姿は二等辺三角形で美しく

赤のちりめん地に手刺繍の鶴が施されている図柄は、まるで一枚の絵画を観るようです。ゴールドのあしらいが艶やかさを増しているので、トータルバランスを考えたときにあまり色を入れないよう、それでいて着物のなかのゴールドをヘアアレンジに加えるなどの工夫をしました。

 

真横の美の二等辺三角形

 

刺繍の立体感と色彩の美しさを活かすため、格調高いイメージを醸し出します。しかし、花嫁はどこか可愛らしさを残したいので真横の美の二等辺三角形がその部分を担いました。古典とモダンの融合が魅力的なコーディネートです。

 

 

【この記事の写真を全部見る】

 

 

杉山 幸恵

着付け師・和装スタイリスト・和婚プランナー

着付け師・和装スタイリスト・和婚プランナー 

奈良県出身。着付け師歴35年のキャリアの中で、一般女性から著名人・女優まで、のべ1万件以上の実績を誇り、近年は、TV CMや雑誌でのスタイリング・着付けに関しても定評がある。

野村證券株式会社でOLを経験後、着付け教室で着付けを修得し、講師・着付け師のキャリアを積む。独立後、さらに着付け技術を研究し「現場で即戦力となる着付け師を育てる」ことを目的としたカリキュラムのスクールを開講。2007年に株式会社アントワープブライダルを設立。

現在は「晴れの日の上質」をコンセプトに、年間600件以上の一般着付け・婚礼着付け、ウェディングプロデュースを手掛ける。また、着付け師・ヘアメイクスタッフの派遣、着付け師育成スクールを行うかたわら、他業種などへ「顧客コミュニケーション」セミナーを実施。

2013年~2019年、90年以上の歴史ある邸宅で、大人ウェディングを叶える会場「ラッセンブリ広尾」を運営。2021年から国内外向け『ジャパニーズウェディング展』の動画(朝日新聞)にも登場。

著者紹介

連載花嫁着付け師という仕事~晴れ舞台を彩る、ワンランク上の「着付け師」に

※本連載は、杉山幸恵氏の著書『花嫁着付け師という仕事』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

花嫁着付け師という仕事

花嫁着付け師という仕事

杉山 幸恵

幻冬舎MC

ラクな婚礼の現場はひとつもない。厳しい環境こそが自分を成長させてくれる! 前作「着付け師という仕事」から10年。今作では、杉山幸恵オリジナルの黄金バランスから創られる「花嫁スタイルのトレンドと変革」を伝授。目か…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ