(※写真はイメージです/PIXTA)

売手数料の高さから、銀行などが積極的に勧誘している「外貨建て保険」。商品性が難解なこともあり、契約後トラブルに発展するケースも少なくありません。今回紹介する70代後半の伊藤俊子さん(仮名)もその1人です。高齢者を中心とした外貨建て保険のトラブルが取りざたされる一方で、契約が途絶えない理由とは。朝日新聞経済部でかんぽ生命の不正販売問題も担当した柴田秀並氏が、「銀行だから大丈夫」という世間のイメージを悪用した、銀行の呆れた実態を暴きます。※本記事は、柴田秀並氏の著書『生命保険の不都合な真実』から一部抜粋・再編集したものです。

銀行側の回答と矛盾する「音声データ」

銀行側ともめ始めた時期、伊藤さんは女性行員と電話をしている。その音声データを一部紹介したい。先ほど「有効性に影響はない」とされたものだ。

 

伊藤さん「去年の契約をしたとき、為替の変動で円が損することあります?と聞いた。損しない時期をお教えしますと言いましたよね?」
女性行員「ええ」
伊藤さん「今年はだいぶ、円高に進みましたよね。しばらくは続くんじゃないですか?」
女性行員「米中の貿易問題で、円高が長く続いてタイミングがなかったといいますか……」
伊藤さん「誰でも見越せないのではないですか。生活費で使いたいし、どうしたら良いと思う?」
女性行員「今日なんか(円安に)戻ってきましたし、貿易問題が落ち着くともう少し戻ってくると勝手ながら思うわけなのですが……。今回の問題では、私の(相場の)見方をお伝えしては駄目な状態になっておりまして、上司の方からとなっておりまして。気持ちではいろいろお話ししたいのですが……」

 

ここでは女性行員が「損をしない時期を私が教える」と言っていたことを認めている。伊藤さんがこの商品を購入する際の安心感にもつながっていた。そのうえで、いざトラブルになると、「自分の見方を教えては駄目となっている」と言い放っている。驚くべき、矛盾だ。

 

行員はこうなることを予測できなかったのか疑問である。むしろ、顧客とトラブルになったとしても、こうした逃げ道があると承知のうえだったのだろうか。

 

長女は、裁判より迅速で手続きが簡易なADR(裁判外紛争解決手続き)も検討した。だがそれでも、費用も時間もかかる。80歳間近の高齢の母が心労に耐えられないとも思い、諦めた。

 

「銀行だから信用できる」は大間違い

 

伊藤さんは後悔とともに銀行への不信感を抱いている。「銀行なので、まさかこんなにリスクの大きい商品を売るとは用心しなかった」

 

長女は言う。

 

「高齢者にとってはオレオレ詐欺と同じ。銀行だから信頼、信用できると思うのは大間違い。むしろ高齢者の銀行に対する信頼感を悪用している。高齢者特有の自信過剰や高いプライド、まだまだ自分自身で判断できるはずと思いたい心理につけ込んでいる」

 

 

柴田 秀並

朝日新聞

記者

 

 

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    生命保険の不都合な真実

    生命保険の不都合な真実

    柴田 秀並

    光文社

    人の安心を守るために生まれた生命保険が、人の安心を奪う? 中小企業経営者を狙いうちにする「節税保険」や、銀行で販売が拡大する「外貨建て保険」。乗り合い代理店に対する過剰報酬や、かんぽ生命の不正販売問題。 無理な…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ