【東南アジアエグジット状況】複数のユニコーン企業も登場…コロナ以前から2020年までを分析 (※写真はイメージです/PIXTA)

経済成長目覚ましい東南アジアでは、数多くのユニコーン企業が台頭しているほか、ディール数も急増しています。コロナ禍以前から、コロナの影響が直撃した2020年の状況まで、着目すべきポイントについて、東南アジアの先駆的なベンチャーキャピタル、Golden Gate Venturesが分析します。※本記事は、Golden Gate Venturesの「東南アジアエグジット状況報告 2.0」を転載・再編集したものです。

 

【関連記事】不動産投資「やめとけ」の真相…リスクを知らずに失敗する人、不動産投資を始めて成功する人の決定的な差

2018年~2019年の振り返り

多数のユニコーン企業が出現する東南アジア

東南アジアのインターネット利⽤は引き続き拡⼤し、2019年のユーザー数は3億6,000万⼈に到達しました。

 

2015~2019年、東南アジアで2,000社以上のスタートアップがベンチャーキャピタルから資⾦調達しました。2019年現在、東南アジアには下記のような11社の成長性が高いユニコーン企業が存在しています。

 

Bigo、Bukalapak、Gojek、
Grab、Lazada、Razer、
OVO、Sea Group、Traveloka、Tokopedia

 

2016~2019年に調達された全資⾦400億米ドルのうち、輸送および⾷品ユニコーン企業は、150億米ドルと、最も多い割合を受け取りました。

ディール数は2019年過去最⾼を記録

2020年の投資額は合計82億⽶ドルに達しました。2021年はスタートの段階ですでに、テクノロジースタートアップのあらゆる資⾦調達の記録を上回っています。

 

未公開企業による資⾦調達は2019年に87.6億⽶ドルに達しました。

 

フィンテック分野のディール額は2019年に17億⽶ドルの記録的な⾼⽔準へ急増し、2018年から40%増加しました。これは、(1)ディール数の増加(2019年のディール数は15%増加)、および(2)VNpayやFinAccelなどの決済企業や融資企業への投資増加、両⽅の要因が原動⼒となりました。フィンテック分野の資⾦調達のトレンドは、2021年も継続しています。

 

全てのステージを通じてディール数が増加中

シリーズB~C企業全体での展開は⽐較的ゆっくりと増加している⼀⽅で、シード~エグジット間近のスタートアップの健全なパイプラインは拡⼤が続いています。

 

300万⽶ドル未満のディールは2017~2019年に約2倍に増加しました。

 

エコシステムが成熟している兆候として、6,000万⽶ドル以上の後期ステージのディールも2017年から2019年にかけて平均前年⽐1.6倍のペースで着実に増加しています。

 

エグジットイベント数

前回2019年の報告での予想は、実際の結果よりもやや強気なものでした。前回の報告で
は、ベンチャーキャピタルによる成⾧投資の⼒強い拡⼤が考慮されていませんでした。スタートアップにエグジットに対する差し迫ったニーズや圧⼒がなかったのです。シリーズA後のラウンドでフォローオン投資(追加投資)を容易に受けることができました。

 

 

Golden Gates Ventures パートナー

スタートアップの経営者や投資家、メンターを経験後、シンガポールに拠点を置くベンチャーキャピタル企業Golden Gate Venturesでパートナーを務める。

現在はLP資⾦調達や、Golden Gate VenturesのシリーズB以上の投資ポートフォリオ管理など、成⾧ベンチャー投資の取り組みを主導。

著者紹介

連載Golden Gate Venturesによる東南アジアエグジット状況報告2.0

【報告書の利⽤制限】
当報告書には、個別の投資家または個別の投資にとってのエグジットの価値に関する判断や意⾒は含まれていません。この報告書は、複合的なデータソースに基づくエグジット状況のトレンド分析の提供を⽬的としています。個別のM&A/トレードセールのエグジットの価値は通常、公に利⽤可能ではありません。
【免責】
この報告書はGolden Gate Venturesの調査チーム(「GGV」)が⼀般的な情報提供のみを⽬的に作成したものであり、いかなる⽅法においても依存されることは意図していません。Golden Gate Venturesはシンガポールに拠点を置く、初期ステージ ベンチャーキャピタル企業です。当社はシンガポールで設⽴された独⽴企業であり、シンガポールおよびケイマン諸島以外の他の企業とは関係ありません。特に、Golden Gate Venturesは⽶国のシリコンバレーと中国の上海を拠点とするGGV Capitalや、⽶国のサンフランシスコを拠点とするGolden Gate Capitalとは⼀切関係ありません。当社の事業は世界のさまざまな場所と関わり、それらの国には似たような社名の企業が存在する可能性がありますが、当社はそれらの企業と⼀切関係ありません。
【情報、予測、画像】
この報告書に含まれる情報は、公開⽇現在において信頼できると考えられる資料や情報源から取得されたものですが、GGVはその正確性や完全性を検証または証明するための措置を講じていません。この資料における意⾒、予測、予想は、それらが基づく情報や仮定の正確性、およびGGVが責任を負わない⼀般的な市場の状況に依存しています。この報告書、この報告書に含まれるあらゆる情報、意⾒、予測、またはこの報告書で参照されている資料の正確性や実⾏可能性について、GGVはあらゆる性質の表明または保証を提供、意図、または暗⽰していません。GGV(その従業員、役員、代理⼈を含む)および本報告書内で⾔及されているGGVの全ての従業員は、本報告書内のあらゆる内容の利⽤または信⽤に起因または何らかの⽅法で関連する直接、間接、特殊、偶発的、または結果的な損失または損害に対し、怠慢によるものを含め、責任を負いません。誤解を避けるため、GGV(その従業員、役員、代理⼈を含む)は本報告書に含まれる情報や予測の全部または⼀部に基づくあらゆる投資意思決定に対し、責任を負いません。全ての画像は説明のみを⽬的としています。上記を踏まえ、GGVはこの報告書の全ての受領者に対し、注意を払い、本報告書内の情報の信頼性、正確性、完全性、最新性に関して独⾃に精査することを強く推奨します。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧