オーナー社長が抱える事業承継型M&Aへの不安要素とは?

前回は、身内に後継者がいないオーナー社長の「4つの選択肢」を取り上げました。今回は、M&Aを躊躇してしまうオーナー社長が抱える不安要素について見ていきます。

大切に育てた会社が「マネーゲーム」の材料に…!?

M&Aによる事業承継が一般化してきたとはいえ、いまだに、生理的な拒否反応を示す中小企業のオーナー社長がいることも事実です。

 

その理由としては、大きく二つが考えられます。

 

一つは内的・心理的な要因です。米投資ファンド、スティール・パートナーズによる日本企業への多額の出資やライブドア事件に象徴されるように、かつては敵対的なM&Aが頻発しました。そのためか、M&Aイコール、マネーゲームという印象が先に立ってしまうのです。

 

日々の経営や資金繰りに腐心し、二度のオイルショックや近年のリーマンショックなど幾度もあった不景気を乗り切ってここまで育ててきた会社を、マネーゲームの材料にはしたくないと考えるオーナー社長は少なくありません。

 

[PR] 会員7000名以上!相続・事業承継対策、国内外の不動産投資、生命保険の活用…etc.
企業オーナー・富裕層向けの資産防衛セミナー多数『カメハメハ倶楽部』無料会員募集中

 

「自分だけがトクをした」と周囲から誤解される恐怖

もう一つは外的な要因、言い換えれば従業員や取引先といった周囲の目を気にしての躊躇です。

 

例えば、株式公開にはストックオプションがつくこともあります。オーナー社長はもちろんとして、現場の一従業員にも自社株や新株の予約権が与えられ、株式上場を果たした後に、大きな利益に結びつくことも多いのです。

 

株価が堅調である限りは、会社の目標と従業員の目標・利益はおおむね一致しており、誰もがハッピーになれるというストーリーが描けます。これに対して、M&Aにつきまとう一種の誤ったイメージは、「社長だけが儲けているのではないか」というものです。

 

実際には、既に述べたように会社の存続や経営の安定化、従業員の雇用の継続、さらには買い手が大手などの場合にはブランド力の付加など、M&Aによって現場の従業員も有形無形のメリットを受けることができます。

 

けれども、そういったメリットを理解していないオーナー社長は、周囲が見る経営者人生の最後の印象が“自分だけがいい思いをした利己的な社長”で終わるのではないかと案じてしまうのです。

 

このように内的、外的な要因からくる誤ったイメージは捨て去る必要があります。今やM&Aは、会社と関係者を幸福にする、常識的な選択肢の一つといえるでしょう。

 

【図表 M&Aを躊躇してしまうオーナーの心境】

 

[PR] 会員7000名以上!相続・事業承継対策、国内外の不動産投資、生命保険の活用…etc.
企業オーナー・富裕層向けの資産防衛セミナー多数『カメハメハ倶楽部』無料会員募集中

 

GTAC(ジータック)とは、株式会社幻冬舎総合財産コンサルティング(GENTOSHA TOTAL ASSET CONSULTING Inc.)の略称。出版社グループの強みを生かした最先端の情報収集力と発信力で、「中立」「斬新」なサービスを相続・事業承継対策からM&A、国内外の不動産活用といった手法を駆使し、顧客の財産を「防衛」「承継」「移転」するための総合的なコンサルティングを行う。編著・共著に『相続税をゼロにする生命保険活用術』『究極の海外不動産投資』『法人保険で実現する究極の税金対策』『スゴい「減価償却」』(いずれも幻冬舎メディアコンサルティング)など。GTAC公式サイトhttp://gentosha-tac.com/(写真は代表取締役の山下征孝)

著者紹介

連載事業承継の悩みを解決する「M&A」という選択肢

本連載は、2013年7月2日刊行の書籍『オーナー社長のための会社の売り方』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

オーナー社長のための会社の売り方

オーナー社長のための会社の売り方

編著 GTAC

幻冬舎メディアコンサルティング

オーナー社長にとって、会社人生の最後で最大の仕事こそが事業承継。 創業以来、長年に渡って経営してきた会社を次代に残す。また、従業員の雇用を守りつつ、買い手企業の新たな資本の元で、会社の価値をさらに高めていくこと…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧