「巻込力」のすごい力…成果を出し続ける人は何が違うのか?

目まぐるしく変化する現代社会において、複雑な問題解決をひとりで行うのは困難です。ビジネスで成果を上げるには「チームワーク」が不可欠ですが、では、どうやってチームを作ればいいのでしょうか? 16万人のコンサルティングとAI分析結果から判明した、自己管理・コミュニケーションスキームを解説します。※本記事は、越川慎司氏の著書『巻込力』(経済法令研究会)から一部抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

自分のコントロールできる範囲を広げる能力=巻込力

「頑張っているのに結果が出ていない…」

「これ以上どうやって努力すればいいのか…」

「後輩や先輩とどう接すればいいのか…」

 

本記事では、仕事の不安を取り除いて作業効率を高めてもらうために、自分のコントロールできる範囲を広げる能力、「巻込力」をご紹介します。

 

「巻込力」がないと生きていけないわけではありません。ただ、巻込力があった方が仕事をスムーズに回すことができるのは間違いありません。

 

私は、日本マイクロソフト社に勤めているときに、日本の生産性の低さに直面しました。1人当たり、時間当たりの生産性を高めるための働き方改革が必要だと。そこで提案したのが、「ひとりで始める働き方改革」。

 

仕事の時間生産性を高めるために、これまでに、パワーポイントなどの資料作成方法を簡素化したり、デジタルツールを活用する、会議の効率化を図るなどすることで、「ムダなこと」をやめるというビジネススキルを提案してきました。実際にアンケート調査やAI分析などによって、時短しても生産性を上げることができることがわかっています。

 

これらのビジネススキルを磨くということは、自分が「コントロールできる領域」内でスキルアップを図ることです。コントロールできない領域では、どんなにビジネススキルを磨いても活かせずにムダになるからです。

 

今は、変化の激しい社会において結果を出さなければなりません。だからこそ、この「コントロールできる領域」を広げて周囲の力も発揮できる人が、今、社会に求められる人材となっています。

 

では、どうすれば、自分が「コントロールできる領域」を広げることができるのか。それは、周囲を巻き込むことです。ひとりでできることには限界があります。ひとりで仕事はできません。周囲に影響を与えながら、周囲と協同することで結果を出すことができます。

 

巻込力は、大別すると、時間管理や資料作成術などの業務スキルと、人を動かすコミュニケーションスキルの2つの能力になります。

 

この2つのスキルを具体的に示すと、下記の図のようになります。

 

 

巻込力は、自分のスキルを活かすための基礎スキルです。コミュニケーションによって関係が構築できていれば、ムダな時間が減り、仕事はスムーズに回ります。

 

例えば、パワポ資料の作成。3万人に対する調査の中で、作成された資料の23%は上司などへの過剰な気遣いのためであり、なんと約8割が使われていないことがわかりました。時間のムダです! このムダを減らすと、自分の業務に集中できてスムーズに結果を出せるようになります。周囲を巻き込むことによって、周囲との関係が良好になります。

 

共鳴して、一緒に考え抜く環境を作り出すことができます。

異質同士の摩擦を受け止め、調整していくことができます。

 

これからは、テレワークという働き方が浸透していきます。さらには、働く場所を家に限定する在宅勤務(Work from Home)ではなく、どこからでも働くことを前提としたワーク・エニウェア(Work Anywhere)が標準となっていくでしょう。

 

ひとりでひたすらタスクをこなすだけの働き方では、変化の激しい社会に臨機応変に対応できません。ひらめきといったクリエイティブなものは、人と対話をし、かかわりを持つことで生まれます。対話をすることで共感が生まれて人間関係が深まります。

 

物理的な距離があるテレワーク標準時代では、貴重な対面時にこそ共感を作り出すべきなのです。職場は今後「作業をする場所」ではなく、「共感できる機会」に変わっていきます。対面の職場において、共感を生み出して強固な関係を作ることができれば、物理的に離れていても心を1つにして同じ方向に向かって協働作業進めることができ、結果を出すことができます。

 

激しい社会の変化に対応していくためには、自らが率先して動き出し、自らのスキルを発揮できる(コントロールできる)範囲を広げて、周りのメンバーを触発して実現困難な目標を達成していくことが求められます。

 

今後、働く時間ではなく、達成した成果を評価するトレンドが加速します。ひとりで作業をこなすのではなく、より多くの人を共感させ、巻き込んでより多くの目標達成していけば、どんどん評価されていきます。こういった周囲にポジティブな影響を与えることができる人は、社内だけでなく社会全体においても存在価値も高まり、未来の選択肢を多く獲得できます。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

株式会社クロスリバー 代表取締役社長 CEO/アグリゲーター

国内外通信会社に勤務、ITベンチャーの起業を経て、2005年に米マイクロソフトに入社。日本マイクロソフト 業務執行役員としてPowerPointやTeamsなどOfficeビジネスの責任者等を務めた後、2017年に働き方改革のコンサルティング会社である株式会社クロスリバーを設立。

ITをフル活用してメンバー全員が週休3日・完全リモートワーク・複業を実践するとともに、623社のリモートワークを支援。

メディア出演、講演多数、受講者満足度は平均94%、自発的に行動を起こす受講者が続出。

著書は『ビジネスチャット時短革命』『ずるい資料作成術』『超・時短術』 『テレワーク入門BOOK』などをはじめとする11冊。その多くが重版となりベストセラーに。

著者紹介

連載16万人の分析で判明!「結果を出し続ける人」の自己管理・コミュニケーション術

巻込力

巻込力

越川 慎司

経済法令研究会

変化の激しい現代社会、若手社員が「結果」を出すためのニュー・ビジネススキル! テレワーク新時代、対面機会が限定されるなかでも求められる、生産性とコミュニケーション。 自分のコントロールできる範囲がわからずに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧