【クイズ】この絵、なんて読む?江戸時代の脳トレ「はんじ絵」

考える力(IQ)を高めれば、学力も自然と向上します。平均IQ150以上の英才児が集まる名門私立・聖徳学園が独自に研究・実践を重ねて開発したオリジナル教材から、年長~小学2年生のお子さんを対象に家庭でできる知能トレーニングを紹介。今回の出題は「はんじ絵なぞなぞ」です。※本連載は聖徳学園小学校校長の和田知之氏の著書『平均IQ150以上のエリート小学校が実践する 天才頭脳ドリル 入門編』より一部を抜粋・編集したものです。

概念で転換を認知する「はんじ絵えなぞなぞ」

何(なに)をあらわしているでしょうか。□の中(なか)に答(こた)えを書(か)いてください【図表1】。

 

 

【図表1】ヒント:かおや体(からだ)の名前(なまえ)だよ。答えは【図表2】↓
 

 

保護者の方へ

答えは【図表2】。

 

絵をヒントになぞなぞを考えることで、概念での転換力(柔軟性)を養います。すぐにわからなくても、答えを見ないで何度も挑戦することが大切です。

 

【図表2】こたえ:あご

 

【ほかの問題に挑戦する】 

 

 

和田 知之

聖徳学園小学校 校長

聖徳学園英才教室 室長

 

聖徳学園小学校 校長
聖徳学園英才教室 室長 

1966年生まれ。法政大学卒業。1991年より聖徳学園小学校、英才教室勤務。2歳児から小学生までの知能教育、教材開発に従事。また、知能診断として多くの保護者にアドバイスを行う。2015年に聖徳学園小学校校長、聖徳幼稚園園長、英才教室長に就任。著書に『47年間英才教育を実践している小学校校長が確信した 単なる偏差値エリートで終わらせない最高の育て方』(メディアソフト)がある。

著者紹介

連載平均IQ150以上のエリート小学校が実践する 天才頭脳ドリル 入門編

平均IQ150以上のエリート小学校が実践する 天才頭脳ドリル 入門編

平均IQ150以上のエリート小学校が実践する 天才頭脳ドリル 入門編

和田 知之

幻冬舎

名門私立・聖徳学園小学校が英才児を育てる独自のメソッドを初公開! 本書は、平均IQ150以上の英才児が集まる名門・私立聖徳学園小学校が長年にわたり研究・実践を重ねてきたオリジナル教材です。 「考える力を子どもた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧