「薬減らさないで!」健康男性が医師に懇願…処方箋信仰のワナ

超高齢社会に突入した日本で、生活保護レベルの収入で暮らす「下流老人」の数は増加の一途をたどっています。社会福祉が充実している日本で、「下流老人」が増えているのはなぜか。その大きな原因は「高額な医療費」にあると森亮太氏は説明します。本記事では、同氏著『長寿大国日本と「下流老人」』より一部を抜粋し、多くの高齢者が貧困にあえぐようになる原因を解説します。

なんの気なしの定期検診で「病人」にされてから…

○Bさんの場合

【プロフィール】67歳男性。高校卒業後、地方のメーカーに入社してルート営業などを担当。60歳で定年退職し、現在は特に仕事はしていない。

【家族構成】65歳で専業主婦の妻、37歳の一人息子と3人暮らし。

【経済状況】会社員時代の年収は500万円余り。退職時には2000万円ほどの預金があったが、現在は500万円程度に目減りした。現在の収入は、月約12万円もらえるBさんの厚生年金と、月4万円余りもらえる妻の国民年金。

 

Bさんが私のクリニックを初めて訪れたのは、1年ほど前のことでした。外見は、小柄でやや小太り。診察を受けているときや会計をしているときはとても静かで、声を荒らげることなど一切なさそうな穏やかな雰囲気です。また、私が病状について説明するたびに「はい!はい!」とうなずくなど、いかにも真面目で実直そうなお人柄の方です。

 

Bさんの持病は、糖尿病と脂質代謝異常です。ただし、どちらも深刻な症状ではありません。血糖値(HbA1c)は6%をわずかに上回る程度で、糖尿病と診断されるギリギリのラインです。脂質代謝異常も、血圧と中性脂肪の値がやや高いだけで、すぐに健康に危険が及ぶ可能性は低い状況です。もちろん、足の痛みや立ちくらみ、視力低下といった、糖尿病に特有の初期症状は出ておらず、本人も調子が悪いというような自覚もありませんでした。

 

最初に診察をしたとき、私はBさんに現在服用している薬は何か尋ねました。すると、全部で6種類の薬が処方されていたのです。その内訳は、血圧を下げる薬が3種類、コレステロールを下げる薬が1種類、糖尿病の薬が1種類、胃酸を抑える薬が1種類でした。以前のかかりつけ病院には2か月に1度のペースで通院し、毎回、2万5000円程度の診察代・薬代を支払っていたそうです。

 

Bさんが初めて糖尿病・脂質代謝異常だと診断されたのは、54歳の時に受けた会社の健康診断でした。当時は「ちょっとお腹が出てきたかなあ」と感じていた以外は、何の自覚症状もありませんでした。ところが、検診で再検査となり、糖尿病・脂質代謝異常という病名がつけられてしまいました。Bさんは穏やかで生真面目な人です。医師の治療をしないと悪化して、命を脅かすようになるという言葉に不安を感じ、医師の指示に素直に従い、通院するようになったのです。

 

当初Bさんは、血圧を下げる薬と糖尿病の薬を、1種類ずつ処方されていました。当時、1回当たりの診察代・医薬品代は1万円弱だったそうです。ところが、血圧はなかなか下がらなかったため、血圧を下げる薬が徐々に増えていきました。それと同時に、体調も優れなくなっていきます。毎日数種類の薬を飲むようになってからは、胃がもたれるようになり食欲も減退、当然体力も落ちたため、胃酸を抑える薬も処方されるようになりました。それで、毎回の診察代・医薬品代が増えていったのです。

キッカケは、息子のうつ病発症だった

Bさんには、今年で37歳になる息子さんがいます。学生時代は優秀で、大学卒業後は大手企業に入社し、前途洋々だと期待されていたそうです。ところが、勤務先で人間関係に悩み、わずか半年で退職してしまいます。その後はアルバイトや派遣社員として働いていましたが、息子さんの収入は常に不安定でした。

 

その息子さんは、27歳のときにうつ病を発症しました。時折やっていたアルバイトは続けられなくなり、完全に家に引きこもって暮らすようになりました。そして、ネットで趣味の買い物をするため、Bさんにお小遣いをせびるようになったのです。

 

Bさんと奥さんは、「気晴らしをして、うつ病が好転するなら……」と考え、希望通りのお小遣いを手渡していました。その結果、Bさんの退職時には2000万円ほどあった預金は、どんどん目減りしていったのです。

 

状況が深刻になったのは、息子さんがうつ病になって2年近くなった頃です。息子さんがBさんたちに無断で、クレジットカードを使って高額商品を買っていたことが分かりました。クレジットカードは、息子さんが会社員時代に作っていたもので、限度額は200万円。息子さんは、限度額いっぱいまで買い物をしたのですが、預金口座には残高がほとんどなくて引き落としができず、それで高額商品の購入が明らかになったのです。

 

Bさんは慌てて、息子さんのクレジットカードの支払いを肩代わりしました。さすがに息子さんは反省し、買った商品をオークションサイトで売ったのですが、得られた代金は微々たるものでした。

 

この一件で、Bさんの預金残高はさらに減りました。それまで家族3人で住んでいた賃貸マンションの家賃は約8万円。一方、Bさんと奥さんの収入を合わせても16万円にしかならず、このままでは息子さんを含めて3人の暮らしがまかなえないと判断し、家賃の低いアパートに引っ越しました。そして、近所にあった私のクリニックに通院するようになったのです。

薬を飲めばずっと健康…「病院依存症」になってない?

既にお伝えした通り、Bさんが希望する薬をすべて処方すると、2か月で2万5000円程度の費用が必要になります。1か月に換算すれば、約1万2500円。現在のBさんにとって、これは決して軽くない負担のはずです。

 

また、薬の副作用も心配です。実は「メリットだけでデメリットのない薬」など、この世のなかには存在しません。どの薬も、多少の副作用があるものです。多くの薬は、効果の方が副作用より大きいために使われているのですが、それでも薬の量が多すぎると、有害な副作用を引き起こす危険性が大きくなります。

 

例えば、Bさんは「ラシックス」という血圧を下げる薬を飲んでいます。これは、身体のなかにある余分なナトリウム・カリウムを排出する効果があり、血圧を下げたり身体のむくみをとったりするのに役立ちます。

 

一方、この薬には利尿作用があるため、脱水症状を引き起こしやすくなるのが難点です。また、水をたくさん飲みたくなるため、お腹がいっぱいになりますし、ただでさえ、大量の薬を飲めば、それだけで満腹になってしまいます。食欲が落ちてしまうデメリットもあります。その結果、栄養が取れなくなり、体力が落ちる原因となるのです。

 

また、Bさんはコレステロール値を下げる薬「リピトール」も服用しています。コレステロール値が高いと血液がドロドロになり、血栓ができやすくなります。そこで血栓を溶かす作用のあるリピトールを飲んでいたのですが、この薬には、筋肉の一種である「横紋筋」を溶かし、腎不全などを引き起こす副作用があります。

 

このようなことから私は、Bさんには6種類もの薬は必要ないと考えました。糖尿病も脂質代謝異常も病状は軽く、食事に気をつけて定期的に運動するようにすれば、薬を飲まなくとも十分に回復が望める状況だったのです。また、Bさんの場合、糖尿病や脂質代謝異常を避けるメリットより、薬の副作用や、薬代の負担の方がはるかに重いと私は判断しました。そこで、血圧を下げる薬を1種類、糖尿病の薬1種類だけに絞り、後は服用をやめてはどうかとBさんに提案したのです。

 

ところがBさんは、薬を減らすことを拒否しました。あくまで物静かないい方ですが、きっぱりと「今まで通りの薬を出して下さい」と私に伝えました。高齢者によくみられるのですが、Bさんは「病院依存症」にかかっているといえるでしょう。定期的に通院し6種類の薬を飲んでいれば、ともかく健康は保てると信じていて、それをやめることが不安なのです。だから、多くの薬を飲むと副作用の危険性があることや、今の病状をみれば6種類の薬を飲む必要はないという説明を受けても、頑として受け入れることができませんでした。

 

もし13年前に健康診断を受けていなかったら、Bさんはどうなっていたでしょうか? 恐らく、糖尿病や脂質代謝異常の心配などせず、それまでと同じ暮らしをしていたのではないかと想像します。そして、ムダな薬など飲まず、月に1万円以上の医療費を使うこともなく、暮らしていたのではないかと思うのです。もちろん、検診を受けなければ、がんなどの病気を見逃してしまうリスクもあったでしょう。どちらがBさんにとって良かったのか、私には正直いって分かりません。私はBさんが訪れるたびに、薬を減らす提案をしています。しかし今のところ、Bさんが受け入れてくれる気配はありません。そして薬を減らすことに不安を感じる患者に対しては、私としては以前と同じ薬を出すしかないのです。

 

 

森 亮太

医療法人 八事の森理事長

NPO法人ささしまサポートセンター理事長

 

医療法人 八事の森 理事長

医療法人八事の森理事長(杉浦医院院長)。NPO法人ささしまサポートセンター理事長、NPO法人外国人医療センター理事、名古屋労災職業病研究会代表。1970年生まれ、1998年名古屋市立大学医学部卒。宗教法人在日本南プレスビテリアンミッション淀川キリスト教病院で内科・小児科から救急、ホスピスでの緩和医療まで幅広く研修。2000年名古屋市立大学臨床研究医、名古屋市立東市民病院(現・名古屋市立東部医療センター)で外科医として勤務。2010年4月から杉浦医院の副院長、2011年1月より院長に就任。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

長寿大国日本と「下流老人」

長寿大国日本と「下流老人」

森 亮太

幻冬舎メディアコンサルティング

日本が超高齢社会に突入し、社会保障費の急膨張が問題になっている昨今、高齢者の中で医療を受けられない「医療難民」、貧窮する「下流老人」が増え続けていることがテレビや新聞、週刊誌などのメディアでしばしば取り上げられ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧