2020年「暗号資産のレンディング」は有望な投資方法か?

2019年6月に130万円を一時突破したビットコインはその後、半年以上も価格が停滞。2020年2月12日に年初来高値を更新したが、年始から約90万円前後にて推移を続けている。特に直近の2ヵ月程度は値動きが10万円以下に収まり、変化の少ない焦れったい展開が続いている。このような状況下において、現物の長期保有者は特に行うことがなく、投資した資産は塩漬けの状態だ。そこで注目されるのが、現物を貸し出すことで金利収入を受け取ることができる「暗号資産のレンディング」である。本記事では、暗号資産情報サイト「ゴールから考えるFinteX」を運営するBULLヒロ氏が、2020年現在の相場環境において、暗号資産レンディングを行う価値はあるのかを考察する。

続きはこちら(Yahoo!ニュース)>>

株式投資歴5年の仮想通貨スイングトレーダーで、普段の仕事はIT系事業開発です。
トレーダー向けイベントInvestor Meet upや、3分で分かる仮想通貨ブログを運営しています。

著者紹介

連載株 vs 仮想通貨…初心者のための仮想通貨投資講座(BULLヒロ)

本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧