鈍い出だしとなったBakkt…それでもある「存在意義」とは?

2019年9月23日に取引を開始した、Bakktの現物決済ビットコイン先物取引。ローンチ1週目の総取引額は約500万ドルに留まり、鈍い出だしとなった。新たなビットコイン需要の創出に期待がかかっていたBakktだが、予想を下回る結果となった。しかし、Bakktはビットコイン需要引上げのほかに、暗号資産市場における新たな可能性を秘めているという。本記事では、仮想通貨FXトレーダー向けサイト「3分で分かる暗号資産とFX」を運営するBULLヒロ氏が、Bakktの「存在意義」について迫る。

続きはこちら(Yahoo!ニュース)>>

株式投資歴5年の仮想通貨スイングトレーダーで、普段の仕事はIT系事業開発です。
トレーダー向けイベントInvestor Meet upや、3分で分かる仮想通貨ブログを運営しています。

著者紹介

連載株 vs 仮想通貨…初心者のための仮想通貨投資講座(BULLヒロ)

本メディア並びに本メディアの記事は、投資を促したり、特定のサービスへの勧誘を目的としたものではございません。また、投資にはリスクがあります。投資はリスクを十分に考慮し、読者の判断で行ってください。なお、執筆者、製作者、合同会社幻冬舎ゴールドオンライン、幻冬舎グループは、本メディアの情報によって生じた一切の損害の責任を負いません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧