▲トップへ戻る
ホームインスペクターとは?

不動産投資におけるホームインスペクターの意味について解説します。

ホームインスペクターとは

ホームインスペクターは別名住宅診断士とも呼ばれており、住宅に関する幅広い知識を有し、住宅の劣化具合や欠陥の有無について適切な診断ができる診断士です。

 

ホームインスペクターが住宅の外と室内、床下、天井裏、設備などの状態を確認することで、リフォームやメンテナンスの必要性とその際にかかるコストの目安を把握することができます。このホームインスペクターが行う住宅診断のことをホームインスペクションといいます。

 

ホームインスペクターは第三者の立場から専門的な診断をしてアドバイスを行います。また利用客から相談や苦情も受け付けており、業務を行う際には中立性を保ち、個人情報保護法などの法令に則り守秘義務を守ることが求められています。

 

診断する項目には屋外の基礎部分のひび割れや欠損の有無、外壁の隙間や欠落、室内の壁紙の水染み跡や腐食の有無、床を歩いた際の床鳴りやきしみ、沈み具合などがあり、診断後は結果を報告書にまとめます。

 

ホームインスペクターの資格をとるには

ホームインスペクターにはNPO法人日本ホームインスペクターズ協会が実地するJSHI公認ホームインスペクター資格試験や、一般社団法人住宅管理・ストック推進協会が実地するホームインスペクター資格試験があります。

 

JSHI公認ホームインスペクター資格試験では、診断時の検査方法や不動産流通の知識、業務の際に必要な知識の有無などが問われます。

 

受験資格は特になく誰でも受験可能で、出題範囲は建築基準法・建築士法などの法律や、木造住宅とマンションの構造部材の名前や施行に関する知識、劣化の判断に必要な知識、住宅の設備の仕様や呼称の知識などの住宅に関する知識と、報告書の作成や住宅売買と取引に関する知識、業務を行う際のモラルやマナーなどの知識が問われます。

 

住宅管理・ストック推進協会が実地するホームインスペクター資格試験の受験資格は、勤務先が住宅管理・ストック推進協会の会員であることと、住生活スキルマスター資格を保有していることが求められます。

 

国土交通省が平成25年に発表したガイドラインに則り、検査方法や判定方法の知識、住宅の劣化や不具合に関する知識が問われ、試験に合格すると認定者カードが発行されます。

 

ホームインスペクターによるスムーズな取引

中古住宅を購入する時や家を売却する時にホームインスペクターに診断を依頼することで、住宅購入後のメンテナンスや住宅の耐久年数について事前に調べられたり、住宅の売却時に現在の家の状態を明確に示すことが可能になります。

 

買主はホームインスペクションの報告書を保存しておくことで住宅の価値を証明することができ、売主に対して修繕が必要な場所などをスムーズに伝えられるので取引時にトラブルが発生する可能性が減ります。

 

ホームインスペクションにかかる費用は依頼するホームインスペクターによって異なります。一般的には見積りを確認した後に診断日時を決めて、書類の提出を求められた場合は必要書類を送り、ホームインスペクションを行います。料金は診断後に報告書を受け取ってから支払います。

 

住宅の購入・売却時にホームインスペクターが適切な診断をくだすことで、買主や売主、不動産仲人業者もより取引がしやすくなります。

 

ホームインスペクターは全国で活動していますが、依頼の際は自分の目的に合った診断を実地してくれるホームインスペクターを選ぶことが大切です。

 

連載海外不動産投資用語集

 

 

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧