より強固になった習政権の基盤 改革はどの方向に進むのか?

2017年10月、中国は5年に一度の共産党大会を開催、習近平政権は2期目に入った。昨年、自らを「核心」と位置付け、さらに今回、自らの名を冠した「習近平新時代中国特色社会主義思想」を党章(党規約)に盛り込むなど、習氏が権力を集中し、その政権基盤をより強固にしたように見える。本連載では、2期目の経済運営について、1期目の経済面での成果、政策を検証しながら占っていく。今回はその後編である。

人民元国際化指数は16年から下落傾向

1期目経済運営の主要政策看板のうち、第3は金融分野だ。中国政府は伝統的に「社会安定」を最優先政策課題とし、その前提として「経済安定」を重視している。2015年の株価暴落、16年からの資本流出や人民元相場下落はこの安定志向をさらに強め、それまで漸進的にせよ進んでいた資本取引や人民元の自由化・国際化の流れが逆行した。資本・貿易取引決済、各国外貨準備で保有される人民元の割合等を基に算出される人民元国際化指数は、12〜15年初上昇していたが、その後一転して大きく下落した。

 

[図表1]人民元国際化の程度

(注)RIIの2017年Q2 以降は人民大学「人民幣国際化動態与展望報告」(2017年4月20日)で示された予測値。
(出所)RIIは人民大学国際貨幣研究所「人民幣国際化報告」、CRIは中国銀行
(注)RIIの2017年Q2 以降は人民大学「人民幣国際化動態与展望報告」(2017年4月20日)で示された予測値。 (出所)RIIは人民大学国際貨幣研究所「人民幣国際化報告」、CRIは中国銀行

 

第4は河北省雄安新区計画で、中国で言う「頂層設計」、トップダウン手法の典型だ。発表が政府内からさえ、大きな驚きを持って受け止められたことは、計画が習主席とその周辺のごく一部の上層部のみが関与して策定もので必ずしも市場から発生した実需をベースにしたわけではないことを物語っている。

 

当局は否定しているが(国務院「雄安新区8項目決議」)、ネット上では、中国内で批判の絶えない都市農村分離戸籍制度になぞらえ、「雄安特別待遇戸籍を新設して、北京の戸籍を放棄し雄安戸籍に乗り換える者が出てくるほどにならないと、計画は成功しない」という国家主導の人為的手法が憶測されている。

 

[図表2]河北省雄安新区

(出所)4月1日付新華網、中国行政区画_中国国情_中国網より作成
(出所)4月1日付新華網、中国行政区画_中国国情_中国網より作成

 

「市場の失敗」ならぬ「政府の失敗」が懸念のひとつに

この他、「一帯一路」が1期目の看板政策だが、10月の党大会で党章修正が行われ、党の外交政策の文脈に盛り込まれたことからも明らかなように、そもそも経済政策というより、極めて政治外交戦略の側面が強い。

 

[図表3]一帯一路構想を主導する要因

出所:2014年9月筆者作成

 

(第19回党大会、党章改正決議抜粋)

「、、、、人類運命共同体構築を推進し、共にビジネス・建設を行い、共に利益を享受するとの原則の下、一帯一路建設推進等の内容を党規約に記載する。これらの内容を充実させることは、党の人民解放軍に対する絶対的な指導、国防・軍隊の近代化、民族団結強化、我国の開放型経済の水準向上に資する。」

(出所)10月24日付新華社報道より筆者訳出。

 

自らの政権基盤をより強固にしたことで、大胆な改革が進むという見方もできるが、それが1期目に見られたような、党・政府が市場を統制する傾向をさらに強める形で行われる可能性がある。習主席は市場の「見えざる手」より、党・政府の「見える手」をより信用しているということだろう。

 

欧米によく見られる「市場原理主義」からの中国批判は一面的で、党や政府が関与するから直ちに不適切というわけではないが、「市場の失敗」ならぬ「政府の失敗」、経済が一部指導層の政策立案・実行能力に過度に依存し、諸々の政治要因に左右されるリスクが一層高まるおそれはある。

 

「海外活用」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

「中国」この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

連載中国習政権、2期目の経済運営――強まる党・政府による市場統制のリスク

Nippon Wealth Limited, a Restricted Licence Bank(NWB/日本ウェルス) 独立取締役

1976年、大蔵省入省。1990年、アジア開発銀行理事代理、2000年、香港理工大学中国商業センター客員研究員。2003年、アジア開発銀行研究所総務部長、2006年以降、財務省神戸税関長、財務省財務総合政策研究所次長、財務省大臣官房政策評価審議官、2010年から大和総研常務理事等の要職を歴任。 2015年、NWB(日本ウェルス)の独立取締役に就任。一橋大学卒。香港中文大学普通話課程修了。
WEBサイト https://jp.www.nipponwealth.com/

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧