貸し出しを繰り返してお金を増やす!? 銀行の信用創造の仕組み

今回は、銀行の「信用創造」という仕組みについて見ていきます。※本連載はジブラルタ生命保険株式会社勤務、冨島佑允氏の著書『「大数の法則」がわかれば、世の中のすべてがわかる!』(ウェッジ)の中から一部を抜粋し、世の中で大数の法則がどのように活用されているかなどをご紹介します。

「支払準備金」以外のお金を、別の銀行の預金口座へ…

前回の続きです。

 

このような仕組みがあるからこそ、銀行は、預金のかなりの部分を貸し出しに回すことができる。預金の一部をキープしておけば残りを貸し出しに回してもいいですよという制度のことを、部分準備制度という。

 

そして、貸し出しに回さずにキープしておく金額を支払準備と呼ぶ。支払いのために準備しておくお金、という意味である。この部分準備制度が、お金を増やすマジックの正体である。どうやってお金を増やすのかのタネ明かしをしていこう。

 

仮に、支払準備率が10%だったとする。そして、A銀行に預金が総額100億円あったとしよう。すると、A銀行は10億円(100億円×10%)を支払準備としてキープし、残りの90億円を貸し出しに回す。そして、貸し出された90億円は、また別の銀行の預金口座に預けられることになる。

 

ここでは、仮にB銀行に預けられたとしよう。ここで、不思議なことが起こる。もともとは100億円だったのに、銀行の貸し出しという業務を通じて、A銀行とB銀行を合わせて190億円の預金があることになるのだ。

 

なぜこのようなことが起きるかを説明する。

 

もともとの100億円は、A銀行の預金者たちが預けたお金である。つまり、A銀行の預金口座の通帳残高を全部足し合わせると100億円になるわけだ。そして、A銀行が90億円貸し出した後も、この通帳残高の総額は100億円のままである。A銀行の預金者がお金を引き出したわけではないので、当たり前のことだ。

 

けれども、A銀行の中には現金は10億円しか残っていない。預金者の引き出しと預け入れは大数の法則によっておよそバランスするので、10億円準備しておけば十分対応できるというわけだ。

 

残りの90億円はどこへ行ったかというと、B銀行の預金口座に入っている。つまり、A銀行とB銀行の中にある現金の総額は100億円(A銀行:10億円、B銀行:90億円)だが、A銀行とB銀行の通帳残高の総額は190億円(A銀行:100億円、B銀行:90億円)になっているのだ。

 

さらにB銀行は、90億円のうち9億円(90億円×10%)を支払準備としてキープし、残りの81億円を貸し出しに回す。このとき、当然ながらB銀行の通帳残高は90億円のままである。しかし、B銀行の中には現金は9億円しか残っておらず、残り81億円はC銀行の預金となっている。

 

同じことが連鎖していって、お金はどんどん増えていく。世の中に出回る現金の総額は100億円で変わっていないが、A銀行、B銀行、C銀行・・・とすべての銀行を合わせたときの通帳残高の総額は増えていくわけだ。

最終的に、お金はどこまで膨らむのか?

最終的にはどこまで膨らむかというと、以下の式で計算される額までである。

 

世の中に出回ったお金=100億円+100億円×90%+100億円×90%×90%+・・・

 

要は、預金の9割が貸し出しに回り、その貸し出しは別の銀行の預金になって、その預金の9割がまた貸し出しに回って・・・ということがずっと続くので、すべての銀行の預金の合計値はこのような式で表されるのだ。

 

この計算を解くには、高校で習う等比数列の公式を使う必要がある。公式に当てはめると、答えは1千億円になる。つまり、100億円の現金が、1千億円の通帳残高を生み出したことになる。このように、銀行が世の中に出回るお金の量を何倍にも膨らませることを、信用創造という。

 

[図表]信用創造のイメージ図

あなたにオススメのセミナー

    外資系生命保険会社の運用担当 

    1982年福岡生まれ。外資系生命保険会社の運用部門に勤務。京都大学理学部・東京大学大学院理学系研究科卒(素粒子物理学専攻)。
    大学院時代は世界最大の素粒子実験プロジェクトの研究員として活躍。その後メガバンクにクオンツ(金融工学を駆使する専門職)として採用され、信用デリバティブや日本国債・日本株の運用を担当し、ニューヨークでヘッジファンドのマネージャーを経験。2016年に転職し、現職では10兆円を超える資産の運用に携わる。
    欧米文化に親しんだ国際的な金融マンであると同時に、科学や哲学における最先端の動向にも精通している。著書に『「大数の法則」がわかれば、世の中のすべてがわかる!』(ウェッジ刊)がある。

    著者紹介

    連載資産運用のプロが教える「大数の法則」と関連金融商品の仕組み

    「大数の法則」がわかれば、世の中のすべてがわかる!

    「大数の法則」がわかれば、世の中のすべてがわかる!

    冨島 佑允

    ウェッジ

    大数の法則とは、「1つ1つは予想が難しい物事も、それらが沢山寄せ集まると、全体としての振る舞いは安定する」というものだ。 たとえば、コイン投げを数多く繰り返すことによって表の出る回数は1/2に近づく。数多くの試行…

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ