[連載]医師の酒酔い手術は法的に責任を問われるのか

本連載の著者紹介

作家 医事法学者

東京都出身。一橋大学博士(法学)、専門は刑法、医事法、生命倫理、法哲学。 獨協医科大学医学部医学科医事法制担当教員。 主著に「治療行為の正当化原理」(日本評論社)、大塚仁博士,古田佑紀元最高裁判事らとの共著「大コンメンタール刑法第3版第2巻」(青林書院)などがある。RADIOBERRYで医学の話題などを発信しており、ハカセ公夫はDJ名。本名は小林公夫。
著者撮影/佐々木健

著者紹介

関連書籍の紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧