(※画像はイメージです/PIXTA)

お魚料理は好きだけど、家で焼き魚はちょっと…という方はいらっしゃいませんか? 焼き魚を避けたい大きな理由は、ズバリ魚焼きグリルの汚れや匂いではないでしょうか。そこで今回は、ナチュラルクリーニングについて情報発信をしているNICOさんに、魚焼きグリルの掃除方法をわかりやすく解説していただきました。グリル庫内の掃除なんてずいぶんしていないわという方も、ぜひチャレンジしてみてください。※本稿は、健康、食、暮らしをテーマに、専門家による「すぐに役立つ」情報を届けるサイト『AUX Magazine』からの転載記事です。

魚焼きグリルにはどんな汚れが付く?

 

 

 

魚焼きグリルに付く主な汚れは、魚から出る油になります。他に魚の身や皮が飛び散ってコゲとして残ったものも汚れとして付くことが多いはずです。

 

他にもパンなどを焼く場合はパンくずなどもありますが、頑固な汚れとしては魚の油とコゲの2つになると思います。

魚焼きグリル掃除のおすすめアイテム6選

 

 

 

私の家では合成洗剤を使わずに掃除をしています。ここでは自然由来のクリーナーと便利な掃除アイテムをご紹介します。

 

①セスキ炭酸ソーダ

アルカリ性の洗浄剤で油汚れに強いのが特徴です。水に溶けやすい性質を持っているので、水200mlに対し小さじ1/2のセスキ炭酸ソーダ粉末を溶かしてスプレー状(セスキ水)にして使います。

 

②重曹

セスキ炭酸ソーダより少し弱いアルカリ性。こちらは少量の水を加えて研磨剤として使えるのが特徴です。ネバネバした油汚れをこすって落とします。

 

③クエン酸

酸性の性質を持っており、水垢汚れなどが得意です。水200mlに対し小さじ1/2杯のクエン酸粉末を溶かしてスプレー状にして使用します。レモン汁や酢などで代用することもできます。

 

④ウエス

古い布を切った使い捨て雑巾を用意しておきましょう。

 

⑤スクレーパー

固まったり焦げついた汚れをこそげ落としたり、集めて捨てるために便利です。

 

⑥新聞紙、キッチンペーパー

ゴミをまとめたり、セスキ水パックに使用します。

焼き網と受け皿の掃除方法

 

 

 

①焼き網の上にキッチンペーパーを敷き、セスキ水をスプレーしてしばらくパックをしておきます。こうすることで汚れをふやかします。

 

②受け皿に残っているコゲや油などをスクレーパーで集めて、新聞紙にまとめて捨てます。

 

③受け皿にセスキ水をスプレーし、ウエスで汚れを拭き取った後、食器と同様に洗います。

 

④受け皿にグリル窓がついている場合は、同じくセスキ水でパックをします。粘度の高い油汚れは、重曹の粉を振ってからウエスに水を含ませ擦り落とします。

 

⑤焼き網のパックを外して、そのままキッチンペーパーで拭き取ります。コゲなどが残っている場合は、スクレーパーやフォークなどでこそげ落とした後に洗います。

 

次ページ魚焼きグリル庫内の掃除法と注意点
TOPへ