(※写真はイメージです/PIXTA)

月間アクティブユーザー数は億人に達し、世界中で多くの人が利用しているYouTube(※)。そんな超巨大動画プラットフォームであるYouTubeを、WEBサイトへの集客、商品販促などのマーケティング活動でも利用する企業が増えています。では、ただ利用者数が多いことだけではなく、企業がWebマーケティングにYouTubeを取り入れることによるメリットはなんでしょうか。実際に活用する際の方法とともに解説します。 ※出所:https://www.statista.com/statistics/272014/global-social-networks-ranked-by-number-of-users/

【Web広告を検討するときに必ず押さえておきたい!「運用型広告」の基本ガイド】
資料ダウンロードはコチラ>>

動画マーケティングとWebマーケティングの違い

この2つは混同して言葉を使われやすいですが、動画マーケティングを「戦術」と表すなら、Webマーケティングは「戦略」といえます。それだけ、両者には明確な違いがあります。

 

両者の概要は以下のとおりです。

 

・Webマーケティング:企業の広告関係をWebで行う場合に、さまざまな策を講じること

・動画マーケティング:自社サイトの投稿や広告関係に動画を使用すること

 

Webマーケティングは、「Web以外のマーケティング」と対比になる概念です。一方動画マーケティングは、「動画を用いたマーケティング」のため、Webマーケティング・Web以外のマーケティング、どちらの手法としても用いられます。たとえば、作成した動画を以下のように掲載する方法も動画マーケティングといいます。

 

・採用の企業説明会に動画を流す

・展示会の出展イベントで動画を流す

・球場や街頭、テレビCMで動画を流す

 

そのほか昨今では、デジタルサイネージのような、駅・タクシーなどで動画を流すような手法も注目されています。

 

Webマーケティングにおける動画マーケティングとしては、Web上に写真や文章だけでなく映像を流すことで視覚的・聴覚的にも、印象強く相手に訴求できます。映像は速やかに情報を届けられるツールであり、表現方法も非常に多彩です。

 

Web上に掲載するような動画マーケティングの一例としては、以下が挙げられます。

 

・SNSの広告・運用(Facebook・Instagram・LINE・Twitter・YouTube・TikTokなど)

・Webサイト上の広告(バナー広告・ポップアップ広告など)

・検索サイト上の広告(Google・Yahoo!リスティング広告)

 

もちろん広告だけでなく、自社のブランディングを前提とした会社紹介動画・採用動画もWebサイトやSNSで活用すれば、Webマーケティングに該当します。また後述しますが、特に昨今、YouTubeを用いた動画マーケティングが非常に注目されています。

 

このようにWebマーケティングと動画マーケティングは示す範囲が異なる用語です。使いわけるためにも意味の違いを明確に理解しておきましょう。

 

【経営者・Web担当者必見!】
\新規獲得から売上アップまでフォロー可能/
失敗しない「Web広告」媒体の選び方セミナー
~2024年の最新事例を交えて解説

次ページWebマーケティングの手法で「YouTube」が注目されるワケ

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、株式会社シーエムスタッフのマーケティングコラム(https://cmstaff.co.jp/column/)を転載したものです。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ