もってあと1ヵ月…不整脈で余命宣告の92歳女性に起きた奇跡【専門医が解説】

Sponsored
株式会社オンラインドクター.com
もってあと1ヵ月…不整脈で余命宣告の92歳女性に起きた奇跡【専門医が解説】
(※写真はイメージです/PIXTA)

現在、不整脈を根治する唯一の治療法とされる「カテーテルアブレーション」。高齢化に伴い、不整脈の患者数が激増している日本において、いま注目を集めている治療法です。今回は、これまでおよそ1万人の不整脈患者を診察してきた東京ハートリズムクリニックの桑原大志院長が、実際に手術をした92歳・女性患者の事例を紹介します。

「早ければ数日、長くてもあと1ヵ月の命」

不整脈は、年齢が上昇するにつれて発症率が高くなる疾患です。そのため、「何歳まで治療できるか」というのは、重要なテーマ。しかし筆者は、「年齢は、カテーテルアブレーション治療を行わない理由にはならない」と考えています。

 

今回紹介するのは、92歳の女性患者Dさんの事例です。まずは、下記のレントゲン写真を見てください。

 

[図表]Dさんの治療前・治療後のレントゲン写真

 

左側が筆者のクリニックに入院したばかりのころ、右側がカテーテルアブレーション治療をし、1年ほど経過したころです。左側のレントゲン写真を見て、筆者は「早ければ数日、長く見積もってもあと1ヵ月の命」と診察しました。

 

“このまま死ぬしかないのか”…電気ショックも効果なし

Dさんの病名は、「持続性心房細動」です。Dさんはいろいろな医療機関で治療をされてきましたが、どれだけ利尿剤や薬を使っても、完治することはできなかったそうです。過去に電気ショックもかけられたようですが、ほんの数秒正常に戻るだけで、あまり効果がなかったようでした。

 

また、どの医師も年齢を理由にさじを投げ、Dさん本人も「このまま命を落とすしかないのか」と、薄々感じていたそうです。

 

そんなとき、ある医師から筆者のところへ電話で相談がありました。「Dさんのカテーテルアブレーション治療をしてくれないか」というのです。そこで、筆者はまず本人と話をさせてほしいと依頼しました。

 

“手術したい。私は生きたい”…真剣な思いに打たれ、治療を実行

筆者はDさんに、手術の意向があるのか尋ねました。すると、Dさんは力強くこう言いました。

 

「(手術する意思が)ある。私は生きたい。治療が失敗して死んでも構わないので、カテーテルアブレーション治療をしてください」

 

その後、無事カテーテルアブレーション治療は成功。入院当初は、心不全のため足も顔もパンパンに腫れていたDさんでしたが、カテーテルアブレーション治療をしたところ体内にたまっていた水が一気に引いて、15キロほど痩せました。

 

注目のセミナー情報

【海外不動産】6月27日(木)開催
「家賃収益×全額返金」保証付き
安定運用を実現「カンボジア不動産」投資戦略

 

【国内不動産】7月4日(木)開催
【高利回りが続く物件の条件を徹底解説】
1都3県・駅チカ物件で利回り7%超を実現!
フルローン×新築アパート投資の全貌

次ページ「本人の意思×最新医療」で懸念点を克服