不治の病「心房頻拍」に苦しむ50代女性を“わずか1秒”で救った驚きの治療【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

現代の日本では、高齢化と並行して不整脈の患者数も増加しています。そんな不整脈を根治する唯一の方法が「カテーテルアブレーション治療」ですが、その技術も時とともにめざましい進化を遂げています。今回は、東京ハートリズムクリニックの桑原大志院長が、「心房頻拍(しんぼうひんぱく)」に苦しんでいた50代女性の事例を紹介します。

最大出力でも治らず…長年不整脈に悩まされたCさん

“申し訳ないのですが、現在の技術では治すことができません”

2010年、筆者が以前勤めていた病院で、長年不整脈に悩む50代女性Cさんのカテーテルアブレーション治療が行われました。

 

診断は「心房頻拍(しんぼうひんぱく)」。1度、カテーテルアブレーションが実施されましたがうまく治らず、2回目のアブレーションを筆者が担当することになりました。

 

カルトシステムを使用し不整脈を観察すると、左右の心房を隔てる1.5〜2cmほどの厚みの心房中隔から心房頻拍が発生していることがわかりました。

 

なぜ彼女の心房頻拍起源が、そのような厚い心筋のなかにあることが推測されたかというと、その起源にもっとも近い左右の心房にカテーテル先端を当てて最大限の出力で通電しても、不整脈が一向に止まらなかったからです。

 

アブレーションは通常5mm、がんばっても8mm程度までしか焼灼することができません。結果的に、2回目のアブレーションでも不整脈を治すことはできませんでした。

 

心房頻拍がカテーテルアブレーションで治らない場合、薬物治療しか方法がありません。しかし、薬では完全に不整脈を抑えこむことができないため、発作を抑えるためにも心身ともに安静に過ごしてもらわなくてはなりません。

 

筆者は、「申し訳ないのですが、現在の技術では心房頻拍を治すことができません。発作とうまく付き合っていくしかありません」とCさんに説明。発作が止まらないときは救急病院に駆け込み、点滴で止めていただくようお願いしました。そうした生活はCさんにとって、たいへん苦痛であっただろうと思います。

 

しかしCさんは、「いつかカテーテルアブレーションで治せる日が来るかもしれない」という思いから、その後も筆者が勤めていた病院まで遠路はるばる通い続けてくださいました。また、筆者が職場を東京に移した際には、お願いして東京まで通っていただきました。

 

【※1月30日/2月1日・3日 開催セミナー】
【中東大手ディベロッパー来日】
前年取引高76%上昇!1スクエアフィートあたり28%上昇!
世界が注目する「ドバイ不動産」最新動向

あなたにオススメのセミナー

    東京ハートリズムクリニック 院長

    医学博士。1984年愛媛大学医学部入学。1991年愛媛大学医学部第2内科入局、1992年愛媛県立中央病院勤務、愛媛大学医学部附属病院、愛媛県立新居浜病院、国立循環器病研究センター研修、2004年横須賀共済病院循環器センター勤務。2016年東京ハートリズムクリニック院長に就任。
    不整脈治療を専門とし、カテーテルアブレーション治療では、世界トップクラスの実績を持つ。同クリニックでの2021年12月末現在の治療実績は2,000件以上。

    東京ハートリズムクリニック
    書籍 発作ゼロ・再発ゼロをめざす「心房細動」治療 幻冬舎 (2016年8月)

    著者紹介

    連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ