あの時、病院に行っていれば…命を奪う「心不全」の危険な徴候【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

ガンに続き、日本人の死因として2番目に多いのが心不全をはじめとした「心疾患」ですが、知識としては知っていても、まだまだ働き盛りの世代は「心不全はお年寄りの病気だろう」と他人事にしてしまいがちです。しかし、森山記念病院循環器センター長の清末有宏先生は「心不全はもっと身近に潜んでいる」といいます。今回は、そんな心不全の初期に現れる「徴候」と、心不全につながる「危険因子」についてみていきましょう。

「心不全=お年寄りの病気」ではない

「心不全」と聞くとお年寄りが亡くなる直前にかかる病気で、当面自分とは関係ないだろうと思われているかもしれません。

 

しかし、心不全は皆さんのもっと身近に潜んでいる病気です。しかも、起こり方によってはゆっくりゆっくり進行するため、気がついたときにはすでに進行していて薬がなかなか効かない……という状況に陥っている患者さんもしばしば見かけます。

 

超高齢社会である我が国では心不全患者数が非常に多く、推計患者数は100万人を超えています。人口自体は減少傾向に入っているにもかかわらず、これからも当面心不全患者数は増え続ける見込みです。

 

心臓関連のもっとも大きな学会のひとつである日本循環器学会は、「心不全パンデミック」というショッキングな言葉を用いて警鐘を鳴らしており、またこうした危機的状況に対して2018年12月には「脳卒中・循環器病対策基本法」という法律も制定され、各地域で対策が練られています。

心不全のサインかも?「浮腫」と「息切れ」に要注意

心不全にはさまざまな発症原因がありますが、なんらかの心不全にかかわる「危険因子」を持っていたのに放置していて発症した、という心不全患者さんが少なくありません。

 

こうしたケースは本来予防が可能ですので、本記事ではその危険因子のなかでも頻度の高い「高血圧」「糖尿病」「心房細動」について解説していきます。その前に、心不全初期に起こる身体のサイン(「心不全徴候」といいます)を見ておきましょう。

 

よく知られた「心不全徴候」として、「浮腫(いわゆる「むくみ」)」があります。身体がむくむ原因は多数あるため、必ずしも「むくみ=心不全」ではありませんが、重要な心不全徴候のひとつですので注意が必要です。

 

浮腫が出やすい部位としては、足や下腿(膝から下)が知られています。心臓の不調により静脈血のくみ上げが悪くなり、末梢に水分がうっ滞してしまうことや、腎臓への血流低下により腎臓が尿量を減らしてしまうことなどが関与して浮腫が起こります。

 

また、同様の理由から肺にも水がたまりやすくなります。肺から血液をくみ上げるのが心臓の左側の部屋(「左心系」といいます)の仕事だからです。

 

肺に水がたまると肺は十分に拡がらなくなるため運動時息切れが生じますが、これもゆっくり進行すると身体が慣れてしまうため、「入院したときにはすでに1Lも水がたまっていた」という患者さんも珍しくありません。

 

またこうした患者さんの特徴として、日中はなんともないのに、夜寝ようと横になると苦しくなる「起坐呼吸(きざこきゅう)」という症状があります。これは日中には身体を起こしているので余分な水分が下半身側に逃げていますが、横になると重力の関係で水分が肺のほうに一気に戻ってきてしまうために起こる現象です。

 

さらに左心系の不調が進行すると、今度はいよいよ全身に送り出す血液の量が減ってきますので、血流不足による強い息切れや、血液検査上の腎機能障害が目立ってきます。

 

【※4月13日(木)開催】
「低リスク」&「安定収益」を実現
これまでのフランチャイズ投資とは違う!
完全業務委託型「幼児教室FC投資」徹底解説

あなたにオススメのセミナー

    社会医療法人社団森山医会 森山記念病院 循環器センター長

    ■学歴
    1991年 北海道立旭川東高等学校卒業
    1995年 北海道大学薬学部薬学科卒業、薬剤師免許取得
    2002年 東京大学医学部医学科卒業、医師免許取得
    2010年 東京大学大学院医学系研究科博士課程卒業、博士号取得

    ■経歴
    2011年~2021年 東京大学医学部附属病院循環器内科助教
    2013年~2021年 東京大学医学部附属病院循環器内科CCU主任(兼務)
    2017年度東京大学医学部附属病院旧第二内科医局長(兼務)
    ・日本循環器学会関東甲信越地方会評議員
    ・International Heart Journal Editorial Board Member

    ■資格
    日本心臓病学会上級臨床医
    日本内科学会総合内科専門医
    日本循環器学会循環器専門医
    日本心血管インターベンション治療学会専門医

    森山記念病院ホームページ

    著者紹介

    連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ