最近、料理の味つけ変わった?…「認知症の前段階」にみられる些細な変化【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

「認知症」の前段階を示す「軽度認知障害(MCI)」という言葉があるのをご存知でしょうか。認知症と診断された場合、元の状態まで回復することは困難ですが、MCIの段階で適切な対策を行えば約半数が復調する可能性があると、MYメディカルクリニック横浜みなとみらい院長の山本康博氏はいいます。今回は、そんな軽度認知障害(MCI)の具体的な症状やチェックポイント、予防法について解説します。

認知症の“前段階”を示す「軽度認知障害(MCI)」

近年、認知症の前段階の症状を表す「軽度認知障害」という用語がよく使われるようになってきました。英語では「Mild Cognitive Impairment」と呼ばれ、略語の「MCI」も軽度認知障害を表す言葉として使われています。

 

これは、「認知症とまではいかない状態だが健常とはいえず、かつ、数年後には認知症に進行する可能性がある」という状態を表しています。

 

認知症の段階まで進行してしまうと、進行を抑えることはできても健常の状態まで回復することはできなくなってしまうため、早期発見・早期治療が重要です。そこで、そもそも認知症の状態に至る前の段階で気づけるようにしようという考え方に基づき、注目されるようになったのが「軽度認知障害(MCI)」です。

 

2017年6月に「国立長寿医療研究センター」が発表した研究によると、MCIの高齢者を4年間追跡調査したところ、MCIをそのまま放置していると認知機能の低下が進み、約14%が認知症に進むことがわかりました。

 

一方、MCIになったとしても、適切な対策や処置を行えば、約46%が健常者と同じような状態にまで回復することも合わせて報告されています。

 

軽度認知障害(MCI)の「4つの分類」

MCIは、症状によって以下の4つの状態に分けられます。

 

1.記憶障害があり、認知障害が記憶のみ
……「健忘型MCI・単領域障害」
……進行すると「アルツハイマー型認知症」になる可能性が高い

 

2.記憶障害があり、認知障害が記憶以外にもある
……「健忘型MCI・多領域障害」
……進行すると「アルツハイマー型認知症」、または「脳血管性認知症」になる可能性が高い

 

3.記憶障害がなく、それ以外の認知障害が1つのみ
……「非健忘型MCI・単領域障害」
……進行すると「前頭側頭型認知症(ピック病)」になる可能性が高い

 

4.記憶障害がなく、それ以外の認知障害が複数ある
……「非健忘型MCI・多領域障害」
……進行すると「レビー小体型認知症」、または「脳血管性認知症」になる可能性が高い

 

記憶障害があるかないか、また、認知障害が1つだけか、複数にわたっているかがポイントです。記憶障害がある場合は放置していると「アルツハイマー性認知症」に進行する可能性が高く、認知障害が複数にわたっている場合は「脳血管性認知症」に進行する可能性が高いといえます。

 

【10月4日(火)開催セミナー】
今までになかった「インドアゴルフ×投資」事業投資のご提案
~出店実績96店舗、累計会員数5万人超、創業10年。インドアゴルフのリーディングカンパニー「ステップゴルフ」~

あなたにオススメのセミナー

    MYメディカルクリニック横浜みなとみらい 院長

    東京大学医学部医学科 卒業
    東京大学大学院医学系研究科内科学専攻博士課程 修了
    医学博士
    日本呼吸器学会認定呼吸器専門医
    MYメディカルクリニック横浜みなとみらい院長

    著者紹介

    連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ