糖尿病治療の新常識…インスリン治療を補助する「新薬」驚きの効果【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

日本人の5~6人に1人がかかるといわれ、もはや「国民の病」ともいえる糖尿病。糖尿病の治療はこれまでインスリンを使った治療が通常でしたが、より苦痛が少なく、目標が達成しやすい新薬も使われていると、森山記念病院内分泌代謝内科部長の高野幸路先生はいいます。注目の薬について、作用とメリットをみていきます。

食事量調整が患者の負担に…従来の「インスリン治療」

糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなりすぎてしまうことでさまざまな問題が起こる病気です。

 

筆者が研修医のころの糖尿病治療薬といえば、インスリン、インスリンの分泌を促すスルフォニルウレアという内服薬の仲間、作用の仕組みが多岐にわたるビグアナイドという内服薬などに限られており、これらの薬を使って血糖値を下げる治療をしていました。

 

経口薬でうまく治療できなくなると、どうしてもインスリン注射をする必要が出てきます。血糖を下げる働きをするホルモンの「インスリン」を自分で皮下注射することで、血糖を下げていたわけです。

 

インスリンの効果が強すぎると血糖値が必要以上に下がってしまい、意識が遠くなる低血糖発作が起こります。そのため、患者さんは毎日の食事を規則正しく摂る必要がありました。

 

インスリンというホルモンは本来、食後に分泌されて栄養素(デンプンが分解してできる糖類や、タンパク質が分解してできるアミノ酸など)を体に蓄える働きをしています。

 

消化管から血液中に入ってきたブドウ糖をグリコーゲンや中性脂肪に変えて蓄えることで、血中のブドウ糖を減らすわけです。このためインスリン治療は本来、「栄養が来たから体に蓄えるよ」という治療です。

「GLP-1作動薬」のはたらきとメリット

さて一方、GLP-1作動薬は、消化管の細胞から分泌される「GLP-1」というホルモンの作用をもつ注射薬です。

 

GLP-1をわかりやすくいうと、「もうおなかいっぱいになったよ」ということを体に教える働きをしてくれます。

 

インスリンと同様食後の分泌ですが、消化されできた栄養素が小腸の末端まで進んだとき、特によく分泌されます。そして「おなかがいっぱいになった」ということで胃の動きを止めてもう食事がほしくないようにしたり、脳に働きかけ食欲を低下させて、食べ過ぎないようにしたりします(食べ過ぎて小腸を通り越し大腸まで栄養素が入っていくと、お腹を壊してしまいますからね)。

 

このようにGLP-1作動薬は、おなかいっぱいになったよという指令を送る薬です。

 

メリット1.食事療法がしやすい

このような働きは、糖尿病の治療にあたってとてもありがたいことです。これまでの糖尿病治療では、患者さんに食事量を適正なものに調整していただく必要があり、それが患者さんの負担になってきました。もちろんこの薬を使う際にも効き過ぎにならないよう工夫が必要ですが、この薬は食欲を抑える働きがあるため、食事療法がやりやすくなりました。

 

メリット2.低血糖を起こしにくい

また、この注射薬(GLP-1作動薬)によって血糖が下がるのには複数の仕組みがあるのですが、インスリンと異なり低血糖を起こしにくいこともメリットです。この特徴のおかげで、1度注射したら1週間働く注射薬を作ることが可能になりました。食事を摂らない夜間に低血糖を起こす恐れがないため、注射をする患者さんにとって非常にありがたいことです。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

社会医療法人社団 森山医会 森山記念病院 内分泌代謝内科 部長

■学歴
東京大学 医学系研究科・医学部 卒

■経歴
東京大学医学部附属病院
北里大学病院  准教授
北里大学病院  診療教授

■資格
日本内科学会認定総合専門医・指導医/日本内分泌学会専門医・指導医

森山記念病院ホームページ

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、オンライン診療対応クリニック/病院の検索サイト『イシャチョク』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ