ワイヤー治療よりもメリットが多い!?…歯列矯正で「マウスピース」を選ぶ人が増えているワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

長引くマスク生活で、大人でも「歯列矯正にトライしたい」という人が増えています。とはいえ、金属が目立つ、器具が痛い、費用が高いなど、矯正に「マイナスイメージ」を持っている人が多いのも事実。そんななか、神保町タワー歯科・矯正歯科の越智信行院長が歯列矯正の「新たな選択肢」を紹介します。

【関連記事】「男性ホルモンが多い人は禿げやすい」は誤解…薄毛になる“本当の原因”【専門医が解説】

歯列矯正のニュースタンダード

歯列矯正治療といえば、金属のワイヤーを思い浮かべる方が多いと思います。

 

ただし、「見た目が嫌」、「痛そう」など、ワイヤー治療にあまりいいイメージを持っていない方も少なくありません。また、金属アレルギーの患者様で矯正を諦めていた方も多いようです。

 

実際、当院にご相談に来られる患者様のうち、過去に矯正の経験がある方は『もうワイヤーは付けたくない』という方も多いです。

 

世界的に近年の矯正治療は、従来型の金属のワイヤーを使ったものではなく、透明なマウスピースを使った歯列矯正が増えています。マウスピース型矯正装置による歯列矯正は、透明なマウスピースを1日20時間以上装着し続けることで理想的な歯並びを手に入れる治療方法です。

 

1週間から2週間装着したら、次のマウスピースに患者さんご自身で交換していただきます。1枚のマウスピースで歯を動かせる量が決まっており、歯列不正の程度によって必要なマウスピースの数は異なります。

 

マウスピース矯正は、世界各国で1,100万人以上の治療で使われており、いまや「矯正治療のスタンダード」といっても過言ではありません。

 

現在では、マウスピース矯正は日本でもかなり認知され始めています。マウスピースは透明で見た目がいいという理由から、矯正治療において選択肢のひとつになりつつあります。

 

また、見た目だけではなく、簡単に取り外しすることができるので、歯ブラシがしやすく口のなかを清潔に保ちやすい利点もあります。加えて、従来のワイヤー矯正と比べ「通院頻度が減る」こともメリットのひとつといえるでしょう。

進化し続ける「歯科のデジタル化」

従来の歯科治療では、粘土のような印象材を口のなかに入れて歯型をとり、そこから石膏で模型を作製して計画を立てておりました。

 

昨今の歯科矯正では、光学スキャンを利用してデジタルで口のなかをスキャンし、そのデータからパソコン上で3Dシミュレーションを作製することが可能となりました。

 

デジタルスキャンは数分で終わり、いままで歯型とりの際に嘔吐反射が出ていた方も楽に歯型をとることができます。3Dシミュレーションを用いた治療説明では、ソフトウェアを用いて1本単位で歯の動きを修正することができます。

 

現在の歯並びはもちろん、矯正治療後の整った歯並びも確認することができ、患者様はより直感的に治療内容を把握することができます。治療が始まった後も、来院時の進捗状況で患者様と一緒に確認することができるので、モチベーション維持に大きく役立ちます。

 

治療計画は複数作成することもできるため、患者様のご希望に沿った治療を提案しやすくなりました。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

日本咬合学会 正会員 咬み合わせ認定医(2010年~)
日本成人矯正歯科学会 正会員
日本口腔インプラント学会 正会員
即時荷重研究会(インプラント)正会員
日本歯内療法学会 正会員 神保町タワー歯科・矯正歯科 院長

2007年 SCRP 日本代表選考会にて発表
2008年 九州歯科大学卒業
2009年 大阪歯科大学附属病院 臨床研修過程終了
研修終了後、大阪、神奈川、東京にて勤務医、 分院長を経験
2015年 日本顎咬合学会 総会 優秀発表賞 受賞
2016年 「神保町タワー歯科・矯正歯科」を開業
2019年9月 臨床研修指導医講習会修了
2021年9月 インビザラインスタディクラブ講師

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、オンライン診療対応クリニック/病院の検索サイト『イシャチョク』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ