ED、不妊はデマだった!?…薄毛治療で心配される「副作用」の真相【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

男性の薄毛の9割以上は「男性型脱毛症(AGA)が原因」といわれています。男性型脱毛症(AGA)はすでに原因が解明されており、医学的根拠にもとづいた根本的治療薬「フィナステリド」による治療が行われています。「進行を止めるだけ」「男性機能低下の副作用がある」などさまざまなウワサがあるこの治療薬ですが、はたして真相は……東京メモリアルクリニックの栁澤院長が詳しく解説します。

【関連記事】「男性ホルモンが多い人は禿げやすい」は誤解…薄毛になる“本当の原因”【専門医が解説】

AGA治療薬「フィナステリド」のはじまり

フィナステリドは1997年にアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)によって、AGA治療薬として承認され、治療開始されました。25年前にはすでに医学的なAGA治療は始まっていたのです。

 

日本でも2005年に厚生労働省によって承認、治療開始されました。

 

某お笑いコンビの「お医者さんに相談だ!!」というテレビCMを覚えている方もいらっしゃると思いますが、ちょうどあの頃から日本でもフィナステリドによるAGA治療が始まっていたわけです。

フィナステリドは「医学的根拠に基づいた」AGA治療薬

「AGAは男性ホルモンが影響している」というのは皆さん聞いたことがあると思います。

 

ですが、実は男性ホルモンが薄毛の直接原因になっているわけでありません。男性ホルモンは「5-α還元酵素」という酵素によって「DHT」という別のホルモンに作り替えられ、この「DHT」が薄毛の直接原因となります。

 

フィナステリドはこの「5-α還元酵素」の働きを止め「DHT」を作らせないようにすることで、AGAによる薄毛を根本原因から改善することができます。

 

[図表1]AGA(男性型脱毛症)の原因/(<東京メモリアルクリニックHPより転載>)
[図表1]AGA(男性型脱毛症)の原因 (東京メモリアルクリニックHPより転載)

 

[図表2]フィナステリドの作用 (<東京メモリアルクリニックHPより転載>)
[図表2]フィナステリドの作用 (東京メモリアルクリニックHPより転載)

 

さらにいうと、酵素を阻害してDHTを作らせなくするだけで、男性ホルモンを減らすことは一切ありませんので、多くの方が心配している男性機能系の副作用も関係ないことが証明されています。

 

東京メモリアルクリニック 院長
医学博士
日本形成外科学会 認定専門医
第27回日本臨床毛髪学会 学会長 

日本で初めてAGAに対するフィナステリド治療を開始した東京メモリアルクリニックの3代目院長を務め、30年間に渡るAGA・薄毛治療理念を継承。日本臨床毛髪学会の学会長を歴代最年少で任された、次世代AGA・薄毛治療の旗手。
最近ではオンラインAGA診療「Oops-Hair」の診療担当を務め、日本全国の薄毛で悩む患者に対して、スマートフォンで手軽に適切なAGA診療を提供している。

東京メモリアルクリニックホームページ
オンラインAGA診療「Oops-Hair」
個人ブログ

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』から転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ