「小学校のテストで30点くらい」…発達障害との狭間「境界知能」の生きづらさ【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

知的障害にはあたらず、支援も受けられないが、生きづらさを抱えている…。自身が「境界知能」である事実を、大人になってから知る方も多いと言います。あまり知られていない「境界知能」について、精神科医の岡田夕子氏が解説していきます。

【関連記事】10人に1人がADHD…現代社会で「発達障害の子」急増のワケ

「小学校のテスト」何点ぐらいとれていましたか?

みなさんは小学校のフルカラーのテストのことを覚えていますか? 自分が何点ぐらいとっていたか、覚えているでしょうか。

 

「どんなに悪かったとしても、70点は常にあったよね」という方が読者の方の大半を占めるのではないでしょうか。中には「ほぼ100点ばかりだった」なんて方もいるかもしれません。

 

小学校のテストは、そういった楽しい思い出と共にある方が多いのではないかと思います。

 

しかし、このフルカラーのテストをどんなに一生懸命解いても30点、40点しかとれない子どもも存在します。

 

満点に近い点数ばかりとれていた方からすると、「あのテストでそんな点数はとれっこない!」と思うかもしれません。

 

でも、みなさんのクラスの中にも何人かは存在していたはずで、統計的な数値で見れば、35人クラスの下位5人に該当します。

 

彼らは手を抜いているから低い点数になっているわけではありません。一生懸命に宿題をやって、きちんとテストを受けているのですが、周囲からやる気がないとみなされて悲しくなってしまうこともあるようです。

知能指数(IQ)とはなにか

まずは知能指数(IQ)について説明しておきましょう。

 

「彼はIQ160でMENSAの会員だ」といった言葉を、テレビなどで聞いたことがあるかもしれません。でもIQの平均値って、いくつかご存知でしょうか?

 

IQは100を中心に正規分布を示します。IQ85–115の間に約68%の人が収まり、IQ70–130の間に約95%の人が収まります。ですから、160というのは95%から外れた異常値になります。ただ、高い方の異常値は基本的に困ることはないですよね。

 

では、70以下の人はどういう扱いになっているでしょうか。

ひだまりこころクリニック 名駅エスカ院
五十嵐こころのクリニック 精神科医

精神保健指定医・日本精神神経学会専門医・指導医。

滋賀医科大学卒業後、小児科医・産業医として働いたのち精神科医になる。

単科精神科病院での勤務を経て、現在は名古屋市のひだまりこころクリニックで一般精神科外来を行いながら、京都府京田辺市の五十嵐こころクリニックにて児童精神科医として10代の診療にあたっている。Web上ではみずき@精神科医の名前でTwitter、YouTubeを中心に発信・啓蒙活動を行なっている。

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』から転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ