バイナリーオプションはどこで取引しても一緒だと思っていませんか?実は、業者によって稼ぎやすさに違いがあります。バイナリーオプション稼ぐには業者ごとの長所やツールを使い分けるのがおすすめです。この記事では各業者の特徴を徹底分析し、おすすめを3社まで絞りこんで紹介します。
【結論は3社】おすすめバイナリーオプションを超厳選!後悔しない始め方

「バイナリーオプションを始めたいけどオススメってある?」
「取引に使えるおすすめのツールが知りたい」
「どこの会社で始めても一緒じゃないの?」

バイナリーオプションは業者によって機能に違いあるので、自分にピッタリの業者を探すのは大変ですよね。

 

本当に自分にあった取引ができるのか、はじめてのバイナリーオプションではわからないことも多いのではないでしょうか。

 

この記事を書いた西山です。

 

はじめてのバイナリーオプションは判定時刻を意識せずに業者を選んだため、思った取引ができずに苦労しました。

 

この記事では、これからバイナリーオプションを始める方が損しないように、おすすめ業者の賢い選び方を紹介しています。

 

1クリックで未来を予想するツールを使えば自分の投資判断に自信が持てるので根拠をもって取引できるようになりますよ。

 

この記事でわかること

・バイナリーオプションのおすすめ厳選3社
  ①総合力ならGMOクリック証券
  ②未来予想ツールならFXプライム byGMO
  ③レンジ取引をするなら外貨ex byGMO
・おすすめ業者の比較方法
・バイナリーオプションおすすめ戦略
・分析に必須なおすすめのツール

 

今すぐおすすめ業者を知りたい方は下のボタンでページ下部へ移動します。

 

 

目次

 

バイナリーオプションとは

バイナリーオプションとは

 

バイナリーオプションとは通貨の値動きを2択で当てる仕組みがシンプルな投資です。

 

シンプルならどこで取引しても一緒だね。

 

そんなことは無いぞ。

自分に合った会社を選ばないと、思い通りの取引ができなくて損してしまうぞ。

 

シンプルな仕組みは理解しやすいのですが、言い換えれば融通が利かないとも言えます。

 

例えば、2択の結果が決まる判定時刻は業者ごとに違うので、自分の取引したい時間をイメージするのが重要です。

 

仕事が終わってからと・・・あと昼休みにもチェックしたいですね。

 

取引を成功させるには、自分にあった業者を見つけるのが1つのカギとなります。

バイナリーオプション国内5社を比較

バイナリーオプションおすすめ業者比較

 

まずは各社のスペックを比較してみよう

 

  GMOクリック証券 外貨ex byGMO FXプライム byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム
1枚あたりのペイアウト 1,000円(固定) 1,000円(固定) 1,000円 1,000円 1,000円
最低購入金額 約50~999円 約40~999円 50~990円 0円~1,000円 約40円~1,000円
取引回数/日 10回 11回 10回 9回 10回
取引時間 月から金
午前8時〜翌午前5時
毎営業日
午前7時25分~翌午前5時25分
月~金曜日
午前8時~翌午前4時
毎営業日
午前8時25分~翌午前2時25分
月~金曜日
午前8時20分~翌午前4時20分
通貨ペア数 5 8 5 5 5
取引限度額 10,000枚/日、200枚/注文 500万円/日、500枚/注文 10,000枚/日、200枚/注文 50ロット (全通貨ペア合計) 10,000枚/日、200枚/注文
取引形式 ラダー ラダー・レンジ ラダー ラダー ラダー
デモトレード
スマホ対応
取引ツールの使い勝手
分析ツールの性能
受取総額の割合※1 96.52% 95.37% 94.65% 91.16% 91.76%

※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2021年1月~12月実績

 

あまり大きな差は無いですね。

そう決めつけるのはまだ早い。

一歩踏み込んで比較していこう。

バイナリーオプション業者の比較方法

バイナリーオプション業者の比較方法

 

少し見比べただけでは、各社の違いは見えてきませんでした。

 

注目すべき比較ポイントをひとつずつ押さえていきましょう!

 

・取引方法
・判定時刻
・分析ツール
・受け取り総額の割合
・金融庁の認可

 

取引方法は2種類ある

  GMOクリック証券 外貨ex byGMO FXプライム byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム
取引形式 ラダー ラダー・レンジ ラダー ラダー ラダー

 

バイナリーオプションには「ラダー制」「レンジ制」2種類の取引方法があります。

 

どちらも2択を当てる仕組みは変わりませんが、取引しやすい相場が違います。

 

【ラダー制】
通貨が上がる(HIGH)か下がる(LOW)かを予想する。
相場が一方向に動くトレンド相場に向いている。

【レンジ制】
通貨が選択した値幅に入る(IN)か外れる(OUT)かを予想する。
相場が一定の値幅を往復するレンジ相場に向いている。

 

ラダー制は国内のすべての業者で使えますが、レンジ制が使えるのは「外貨ex byGMO」「トレイダーズ証券」だけです。

 

日本時間の10時~14時はレンジになりやすい時間帯だ。

昼休みや、家事のスキマ時間で取引するならレンジ制が使える会社を選ぶといいぞ。

 

判定時刻は業者で違う

昼休みの間に判定を確認しようと思ってたけど、判定時刻が13時だったよ。

 

バイナリーオプションの判定時刻は業者ごとに違うので、自分の取引したい時間に判定があるか確認しましょう。

 

  GMOクリック証券 外貨ex byGMO FXプライム byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム IG証券
第1回号 8:00~10:58(11:00) 7:25~9:24(9:25) 8:00~9:58(10:00) 8:25~10:23(10:25) 8:20~10:18(10:20) 1:00~2:58(3:00)
第2回号 10:00~12:58(13:00) 9:25~11:24(11:25) 10:00~11:58(12:00) 10:25~12:23(12:25) 10:20~12:18(12:20) 3:00~4:58(5:00)
第3回号 12:00~14:58(15:00) 11:25~13:24(13:25) 12:00~13:58(14:00) 12:25~14:23(14:25) 12:20~14:18(14:20) 5:00~6:58(7:00)
第4回号 14:00~16:58(17:00) 13:25~15:24(15:25) 14:00~15:58(16:00) 14:25~16:23(16:25) 14:20~16:18(16:20) 7:00~8:58(9:00)
第5回号 16:00~18:58(19:00) 15:25~17:24(17:25) 16:00~17:58(18:00) 16:25~16:23(18:25) 16:20~18:18(18:20) 9:00~10:58(11:00)
第6回号 18:00~20:58(21:00) 17:25~19:24(19:25) 18:00~19:58(20:00) 18:25~20:23(20:25) 18:20~20:18(20:20) 11:00~12:58(13:00)
第7回号 20:00~22:58(23:00) 19:25~21:24(21:25) 20:00~21:58(22:00) 20:25~22:23(22:25) 20:20~22:18(22:20) 13:00~14:58(15:00)
第8回号 22:00~0:58(1:00) 21:25~23:24(23:25) 22:00~23:58(0:00) 22:25~0:23(0:25) 22:20~0:18(0:20) 15:00~16:58(17:00)
第9回号 0:00~2:58(3:00) 23:25~1:24(1:25) 0:00~1:58(2:00) 0:25~2:23(2:25) 0:20~2:18(2:20) 17:00~18:58(19:00)
第10回号 2:00~4:58(5:00) 1:25~3:24(3:25) 2:00~:3:58(4:00) 19:00~20:58(21:00)
第11回号 3:25~5:24(5:25) 21:00~22:58(23:00)
第12回号 23:00~:058(1:00)

 

判定時刻を比べるコツは、自分の生活スタイルをイメージして選ぶことです。

 

仕事が終わる時間や、日中のスキマ時間に判定が確認できるようにしましょう。

 

取引チャンスを増やすならGMOクリック証券外貨ex byGMOを組み合わせれば、バランスよく1日21回の判定を使い分けれるぞ。

 

分析ツールが優秀な業者がおすすめ

バイナリーオプションは分析ツールが優秀な業者がおすすめ

 

おっ! なんだか上がりそうな雰囲気だな。

直感だけに頼らずに、ちゃんと分析してから取引するんだぞ。

 

バイナリーオプションを提供する業者は、投資家を呼び込むために優秀な無料ツールの開発競争をしています。

 

そのため、投資家は自分の好みにあったツールがある業者を選べる立場にいるのです。

 

例えば、GMOクリック証券プラチナチャートは投資家に人気な38種類のテクニカル分析機能を搭載しており、無料でここまでできるのかと唸る性能です。

 

あなたの右腕となる優秀な分析ツール。業者を比較する際の重要なポイントになります。

 

受取総額の割合が高い業者を選ぶ

バイナリーオプションは受け取り総額の高い業者がおすすめ

 

受取総額の割合は、バイナリーオプション業者を比較する上で投資家が気にすべき重要な数値です。

 

なぜなら、受取総額の割合が高いほど、投資家が稼ぎやすいからです。

 

支払総額に対する
受取総額の割合
GMOクリック証券 外貨ex byGMO FXプライム byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム
2021年12月 95.83% 93.82% 92.9% 99.6% 93.74%
11月 96.10% 100.11% 96.9% 92.0% 89.84%
10月 97.21% 96.19% 94.0% 87.0% 89.88%
9月 95.72% 97.00% 93.3% 93.0% 92.36%
8月 96.55% 96.47% 93.7% 92.2% 90.46%
7月 97.05% 92.35% 95.0% 91.6% 91.75%
6月 96.48% 96.19% 96.1% 94.4% 91.97%
5月 95.98% 95.68% 94.4% 85.3% 90.64%
4月 96.66% 95.05% 95.9% 88.1% 90.49%
3月 97.97% 93.83% 96.3% 90.5% 93.58%
2月 97.01% 94.32% 93.8% 90.6% 90.54%
1月 95.66% 93.44% 93.5% 89.6% 95.87%
平均 96.52% 95.37% 94.65% 91.16% 91.76%

※各FX会社の公式HP上で開示されているラダー取引の取引実績をもとにしています。

 

比較結果から、受取総額の年間平均が96%を超えているGMOクリック証券が投資家にとって一番有利な業者と言えます。

 

金融庁に認められた国内の業者を選ぶ

海外のバイナリーオプション業者は危険

 

海外にもバイナリーオプションができる業者はありますが、利用してはいけません。

 

海外の業者では資金が出金できないトラブルが発生しており、被害にあっても国内の法律では裁けず、お金が戻ってくる見込みがありません。

 

金融庁からも注意が出ています。被害に遭わないように、海外業者の利用は避けましょう。

 

大切な資産を運用するには、金融庁の認可を受けた国内業者を選ぶのが鉄則です。

 

もちろんこの記事で紹介している業者は全て金融庁の認可を受けているぞ。

 

【あわせて読みたい】
バイナリーオプションの危険な詐欺手口!安全に取引するための4つの心得

バイナリーオプションおすすめの戦略

バイナリーオプションおすすめの戦略

 

いくら2択と言っても、どちらかを選ぶには根拠が必要です。

 

勘に頼った取引では振り返りができないので、相場を見る目も育ちません。

 

でも最初から根拠を持てと言われても・・・

 

そこで、投資初心者が根拠をもって取引するためのおすすめ戦略を2つ紹介します。

 

・時間帯を使った戦略
・テクニカル分析

 

時間帯をつかった戦略

バイナリーオプションは取引する時間帯で戦略が変わる

 

バイナリーオプションは取引する時間帯によって取るべき戦略が変わります。

 

なぜなら、経済イベントの前後は先行きへの期待感や不信感から相場が大きく動くからです。

 

もうすぐ仲値が発表される時間だな。相場が動くかもしれんぞ。

 

例えば、ゴトー日(5と0のつく日)の仲値(なかね)が決定される9時55分は円安ドル高になる傾向があります。

 

ゴトー日の仲値をもっと詳しく

仲値とは銀行が企業と取引する当日の基準レート。9時55分に決定される。
ゴトー日(5と0のつく日)は輸入企業が取引先のアメリカ企業との決済をする日。
ゴトー日の仲値は輸入企業が決済で使うドルを銀行が多く準備するため、円安ドル高に動きやすい。

 

通貨の値動きを予想するのがバイナリーオプション。経済指数の発表をうまく利用して、取引を有利にすすめましょう。

 

仲値を狙うなら、判定時刻が10時FXプライム byGMOがおすすめだ。

 

時間帯を利用した取引戦略は下の記事でさらに詳しく解説しているぞ。

 

【合わせて読みたい】
【バイナリーオプション】勝てる4つの時間帯!三大市場でおすすめの取引アプローチ

 

テクニカル分析を使う

テクニカル分析は相場の先行きを見るのに欠かせません。

 

なぜなら、トレンドの強さ、方向性を判断する手がかりになるからです。

 

取引に根拠を持つには、2つ以上のテクニカル指標を組み合わせると信頼度が上がります。

 

1つの分析に頼ると、予想が外れるダマしにあってしまいます。複数の根拠を積み重ねましょう。

 

「テクニカル指標」についてさらに詳しく

テクニカル指標はチャートの動きや、相場の取引量などを解析し、チャート上にサポートとなる情報を表示します。

トレンドを分析するにはトレンド系の指標を、取引量や相場の過熱感を分析するにはオシレーター(振り子)系の指標を使います。

【トレンド系】
・移動平均線 ・ボリンジャーバンド ・一目均衡表 ・MACD

【オシレーター系】
・RSI ・RCI ・ストキャスティクス ・移動平均線乖離率

 

次は実際にテクニカル分析できるツールを紹介するぞ。

バイナリーオプションにおすすめのツール

バイナリーオプションおすすめツール

 

船が方向を見失わないためにコンパスがいるように、相場の海を渡るにはツールを使いこなさなければいけません。

 

でも、これから始めるのにどのツールがいいなんて、わからないんだけど・・・

 

そこで、数あるツールの中から、編集部が実際に使っている高性能ツールを2つに厳選して紹介します。

 

【おすすめツール】
豊富なテクニカル分析が魅力、GMOクリック証券「プラチナチャート」

投資の判断を未来予測でサポート、FXプライムbyGMO「ぱっと見テクニカル」

 

紹介するツールはもちろん無料で使えるぞ。

 

プラチナチャート

プラチナチャートのイメージ

 

GMOクリック証券プラチナチャートは投資家に人気のテクニカル分析が38種類も使えるツールです。

 

操作性がよく、表示するテクニカルの切り替えも思いのままです。

 

カスタマイズ性がいいので、自分好みにウィンドウを配置してあなただけのツールを作り上げましょう。

 

ぱっと見テクニカル

でも自分のテクニカル分析にまだ自信が持てないんだよなぁ

そんなときは未来予想ツールで判断をサポートするといいわよ

 

ぱっと見テクニカルイメージ

 

FXプライム byGMOぱっと見テクニカルは相場の未来を予想するツールです。

 

1クリック最大過去12年分のチャートを分析し、直近の流れから未来を予想します。

 

自分の分析と、未来予想ツールの結果が同じなら取引するようにルールを作れば、相場の先行きを読むサポートとして使えます。

 

相場分析に慣れないときは未来予想ツールの結果を根拠の1つとして利用してみましょう。

バイナリーオプションおすすめ厳選3社

少し情報が多くなってきたので、一度整理したいですね。

 

ここまでの情報を整理すると、バイナリーオプションの業者選びで重要なのは次の3点です。

 

①分析ツールが優秀
②受取総額の割合がいい
③判定時刻が生活に合っている

 

これらの条件を元に、編集部が実際に取引をして、おすすめを3つに厳選しました。

 

迷ったらこの中から自分に合うものを選んでくださいね。

 

 

96.52%の高還元率!「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 96.52%

 

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・2021年の支払総額に対する受取総額は平均96.52%!
・38種類のテクニカル指標があり、バイナリーオプションの分析ツールが充実

 

受取総額(還元率)が96.62%と他の業者より高く、一番勝ちやすいバイナリーオプション業者と言える。

 

プロトレーダーも愛用する「プラチナチャート」を使えば、分析がしやすく、勝率が上がるぞ!

 

 

 

「ぱっと見テクニカル」で勝率UP!「FXプライム byGMO」

選べる外為オプション
1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 94.65%

 

・無料の「ぱっと見テクニカル」を使えば予想が簡単になる!
・仲値を狙った取引ができるのはFXプライム byGMOだけ
・バイナリーオプションの分析ツールが充実

 

10時に判定時間が来るものがあるから、仲値(9時55分)を狙った勝率の高い取引に最適よ。

 

「ぱっと見テクニカル」は最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測してくれるわ。

 

FXプライムのぱっと見テクニカル

 

 

 

最短取引時間60秒!レンジ取引もできる「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOのバイナリーオプション「オプトレ」
1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 95.37%

 

・レンジ取引の受取総額割合は100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る
・HDI格付けベンチマーク三回連続最高評価の「三ツ星」を獲得

 

取扱業者が少ない、レンジ取引ができる「オプトレ!」

 

2021年6月に117.67%、11月に106.25%など、100%越えを連発!

 

確実に勝ちたいなら、絶対に持っておきたい口座と言えます。

 

バイナリーオプションおすすめ始め方5ステップ

バイナリーオプションの簡単始め方5ステップ

 

バイナリーオプションは早ければ即日から取引できますが、状況によっては2~3日ほどは口座開設の待ち時間がでます。

 

待ち時間を無駄にしないためにも、効率よく始める方法を5stepにまとめました。

 

スムーズにバイナリオプションがはじめれるようにチェックしていきましょう。

 

step1 自分に合った業者を選ぶ
step2 口座開設
step3 待ち時間にデモ取引で操作を覚える
step4 口座が開設できたら分析ツールの確認
step5 自信がついたところで実践

 

 

step1 自分に合った業者を選ぶ

利用したい機能やツールに合わせて業者を選びましょう。

 

ん~A社とB社で迷うなぁ・・・

口座を作るのはノーリスクだから、A社で分析してB社で取引するのは賢い選択だぞ。

 

  GMOクリック証券 外貨ex byGMO FXプライム byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム
1枚あたりのペイアウト 1,000円(固定) 1,000円(固定) 1,000円 1,000円 1,000円
最低購入金額 約50~999円 約40~999円 50~990円 0円~1,000円 約40円~1,000円
取引回数/日 10回 11回 10回 9回 10回
取引時間 月から金
午前8時〜翌午前5時
毎営業日
午前7時25分~翌午前5時25分
月~金曜日
午前8時~翌午前4時
毎営業日
午前8時25分~翌午前2時25分
月~金曜日
午前8時20分~翌午前4時20分
通貨ペア数 5 8 5 5 5
取引限度額 10,000枚/日、200枚/注文 500万円/日、500枚/注文 10,000枚/日、200枚/注文 50ロット (全通貨ペア合計) 10,000枚/日、200枚/注文
取引形式 ラダー ラダー・レンジ ラダー ラダー ラダー
デモトレード
スマホ対応
取引ツールの使い勝手
分析ツールの性能
受取総額の割合※1 96.52% 95.37% 94.65% 91.16% 91.76%

※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2021年1月~12月実績

 

 

step2 口座開設申し込み

個人情報の入力

 

申し込みフォームから口座開設の申し込みをします。

 

必要な書類はありますか?

運転免許証マイナンバーカードがあれば本人確認がスムーズだな。

今はスマホのカメラで本人確認ができる。便利な時代になったもんだ。

 

 

step3 待っている間にデモ取引で操作を覚える

バイナリーオプションのデモ取引で操作を覚える

 

口座開設が済むまでの間にデモ取引で操作に慣れましょう。

 

取引に慣れない内は、2択の方向や取引量を間違いがちです。

 

本番で失敗しないように、何度でも試してみてくださいね。

 

 

step4 口座が開設できたら分析ツールの確認

よーし! 口座ができたらから、さっそく取引していくぞ!

気持ちはわかるが、分析ツールの確認を忘れちゃイカンぞ。

 

口座が開設できたら分析ツールを使って相場の動きを予想しましょう。

 

 

step5 自信がついたら実践

バイナリーオプションを実践する

 

デモ取引とツールの確認ができたら、実際に取引をはじめましょう。

 

特に慣れない内は気づかない内に大きなリスクを取ってしまう。

 

最初は取引量を少なめにして、少しずつ取引に慣れていくといいぞ。

バイナリーオプションおすすめ まとめ

ここまでバイナリーオプションのおすすめ業者や分析ツール、始め方を紹介してきました。

 

2択を選ぶシンプルな仕組みとは裏腹に、業者によってツールや判定時刻の違いで差別化されていましたね。

 

最後に、ここまでの内容をおさらいします。

 

・判定時刻は業者ごとに違うので、自分の生活スタイルに合わせて選ぶ
・テクニカル分析や、未来予想ツールを使えるかを確認
・おすすめのテクニカル分析ツールは「プラチナチャート」
・おすすめの未来予想ツールは「ぱっと見テクニカル」
・口座作成の待ち時間にデモ取引を活用

 

自身にあったバイナリーオプション業者を選んで、取引を始めてみましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

参考元