バイナリーオプションは国内業者と海外業者がありますが、海外業者は出金できないトラブルや詐欺が多いので注意が必要です。国内業者を使う場合は受取総額の割合が高い業者を使うと勝率がUPします。国内業者の選び方のコツと初心者でも利益を出す手法について解説します。
【還元率96%以上】勝率が高いバイナリーオプションの国内業者を比較

「国内と海外のバイナリーオプション業者はどっちが良いの?」
「海外業者は詐欺が多い言うけど、国内業者は安全なの?」
「国内のどのバイナリーオプション業者がおすすめ?」

といった悩みや疑問を解決できる記事です。

 

海外業者のほとんどは金融庁に無登録で運営しており、預けたお金が出金できなかったり、突然業者が倒産したりします。

 

海外の業者は詐欺が多いので注意が必要です。

 

その点、金融庁の認可を受けている国内の業者は預けた資金が別口座で保管されいて、業者が倒産してもお金が確実に返ってくるので安全だ!

 

この記事では、国内の安全な業者の選び方と比較表を紹介します。

 

じっくり比較検討して、自分に合った業者で安全にバイナリーオプションを始めましょう。

 

この記事でわかること
・目的別おすすめのバイナリーオプション国内業者
・海外業者が危険で国内業者が安全な理由
・バイナリーオプション業者を選ぶ時のポイント
・2分でわかるバイナリーオプションの概要
・トレーダーを守るためのバイナリーオプション国内規制
・バイナリーオプションで勝つための3つのコツ

 

 

目次
バイナリーオプション国内業者比較表
受取総額の割合が高い業者を使うと勝率UP
バイナリーオプションとは?
  ・バイナリーオプションはラダーとレンジの2種類
おすすめのバイナリーオプション国内業者3社の強みとその理由
バイナリーオプションの業者を選ぶ時のポイント
  ・金融庁登録済みの国内業者を選ぶ
  ・バイナリーオプションの取引形式で選ぶ
  ・受取総額の割合が高い国内業者を選ぶ
バイナリーオプションの国内規制について
  ・国内業者は規制があるから安心して取引できる
バイナリーオプション4つの国内規制
  ・短時間取引の禁止
  ・総取り禁止
  ・ペイアウト倍率の変動制
  ・価格提示が買いと売りの2つ
国内業社と比較してわかる!海外業者を避けるべき理由
  ・海外業者は規制がなくギャンブルになりやすい
  ・海外業者による詐欺が多発している
初心者必見!バイナリーオプションで勝つためのコツ
  ・エントリー(売買)の根拠を持つ
  ・資金管理を徹底する
  ・記録を取り振り返る
バイナリーオプションの国内業者 まとめ

 

バイナリーオプション国内業者比較表

  GMOクリック証券 外貨ex byGMO FXプライム byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム
1枚あたりのペイアウト 1,000円(固定) 1,000円(固定) 1,000円 1,000円 1,000円
最低購入金額 約50~999円 約40~999円 約50~999円 0円~1,000円 約40円~1,000円
取引回数/日 10回 11回 10回 9回 10回
取引時間 月から金
午前8時〜翌午前5時
毎営業日
午前7時25分~翌午前5時25分
月~金曜日
午前8時~翌午前4時
毎営業日
午前8時25分~翌午前2時25分
月~金曜日
午前8時20分~翌午前4時20分
通貨ペア数 5 8 5 5 5
取引限度額

10,000枚/日、200枚/注文

500万円/日

500枚/注文(ラダー)、100枚/注文(レンジ)

10,000枚/日、200枚/注文

50ロット (全通貨ペア合計)

1000万円/日、200枚/注文

取引形式 ラダー ラダー・レンジ ラダー ラダー ラダー
デモトレード
スマホ対応
取引ツールの使い勝手
分析ツールの性能
受取総額の割合※1 96.06% 95.17% 96.57% 96.31% 91.12%

※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2021年11月~2022年10月実績

受取総額の割合が高い業者を使うと勝率UP

受取総額の割合が高い(高還元率)

 

支払総額に対する受取総額の割合とは、バイナリーオプション業者が投資家に支払った金額の割合をさします。

 

受取総額の割合が高いほど還元率が高く、投資家に有利なバイナリーオプション業者です。

支払総額に対する
受取総額の割合
GMOクリック証券 外貨ex byGMO FXプライム byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム
2022年10月 95.93% 98.15% 99.7% 101.2% 96.40%
9月 96.58% 97.00% 96.6% 96.3% 93.74%
8月 95.82% 91.15% 96.6% 98.0% 91.36%
7月 95.80% 96.23% 97.3% 96.4% 89.66%
6月 95.47% 95.65% 95.5% 98.3% 92.92%
5月 97.61% 91.15% 96.6% 96.3% 88.51%
4月 96.79% 96.56% 96.5% 96.6% 92.19%
3月 97.24% 95.30% 98.2% 94.9% 90.45%
2月 95.41% 93.97% 97.0% 93.9% 87.79%
1月 94.09% 92.94% 95.0% 92.2% 86.80%
2021年12月 95.83% 93.82% 92.9% 99.6% 93.74%
11月 96.10% 100.11% 96.9% 92.0% 89.84%
平均 96.06% 95.17% 96.57% 96.31% 91.12%

※各FX会社の公式HP上で開示されているラダー取引の取引実績をもとにしています。

 

GMOクリック証券が平均96.62%と一番高いので、投資家にとって勝ちやすいバイナリーオプション業者と言えます。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは

 

バイナリーオプションは、判定時刻に指定のレートより上がるか下がるかを予想する投資です。

 

バイナリーオプションは予想が当たれば払い戻され、外れれば賭け金(チケット代)は没収されます。

 

数十円からの少額でトレードでき、リスクを抑えて安全なトレードが可能です。

 

いきなり大金は不安な人でも、低コストで取引できるのも大きな特徴です。

 

バイナリーオプションはラダーとレンジの2種類

ラダーは判定時刻に目標レートより上にあるか下にあるか予想、レンジは判定時刻に目標レートの範囲内に収まるか収まらないかを予想するトレード形式です。

 

ラダー

 

ラダー取引が有利な時間帯

目標レートより上か下かを予想する取引なので、上昇トレンド中や下降トレンド中など1方向に相場が動いている状況だと勝ちやすくなります。

特に下記の時間帯は1方向に相場が動きやすいので狙い目です。

・16時~:ヨーロッパ市場・ロンドン市場が活発に動きだす時間帯
・21時~:ニューヨーク市場が開き参加者が一気に増加

 

レンジ取引

 

レンジ取引が有利な時間帯

レンジ内に収まって欲しいので、相場が動かない時間帯がおすすめです。

日本時間の12~15時がレンジ相場になりやすく、勝率が高くなります。

ただ、レンジ取引ができるバイナリーオプション業者は少なく、外貨ex byGMOぐらいしかありません。

レンジ取引がしたい場合は外貨ex byGMOを使いましょう。

 

バイナリーオプションは一般的にラダー取引のことを指しますが、外貨ex byGMOはレンジ取引もできる珍しい業者なので、多くのトレーダーが口座を持っています。

おすすめのバイナリーオプション国内業者3社の強みとその理由

初心者の方はどの業者が適切なのか判断が難しいと思います。

 

そこで、国内業者の中でも「これだけは外せない!」おすすめ3社をご紹介します。

 

それぞれ強みを理解して自分の目的に合った業者を選びましょう。

 

FXの口座開設後、バイナリーオプションの申込をするとバイナリーオプションの取引ができるようになります。

 

 

96.15%の高還元率!「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 96.15%

 

FX取引高 世界第1位 (ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・過去1年間の支払総額に対する受取総額は平均96.15%!
・38種類のテクニカル指標があり、バイナリーオプションの分析ツールが充実

 

受取総額(還元率)が96.15%と他の業者より高く、一番勝ちやすいバイナリーオプション業者と言える。

 

プロトレーダーも愛用する「プラチナチャート」を使えば、分析がしやすく、勝率が上がるぞ!

 

 

 

最短取引時間60秒!レンジ取引もできる「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMOのバイナリーオプション「オプトレ」
1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) ラダー:91.15%
レンジ:89.35%

 

・レンジ取引の受取総額割合は100%越えを連発!
・最短60秒で判定!すぐにトレード結果が出る
・HDI格付けベンチマーク三回連続最高評価の「三ツ星」を獲得

 

取扱業者が少ない、レンジ取引ができる「オプトレ!」

 

2022年7月に120.25%、6月に116.23%など、100%越えを連発!

 

確実に勝ちたいなら、絶対に持っておきたい口座と言えます。

 

 

 

「ぱっと見テクニカル」で勝率UP!「FXプライム byGMO」

選べる外為オプション
1日の開催号数 通貨ペア数 取引方式
10回 5 ラダー
1枚あたりのペイアウト デモトレード 受取総額の割合
1,000円(固定) 96.6%

 

・無料の「ぱっと見テクニカル」を使えば予想が簡単になる!
・仲値を狙った取引ができるのはFXプライム byGMOだけ
・バイナリーオプションの分析ツールが充実

 

10時に判定時間が来るものがあるから、仲値(9時55分)を狙った勝率の高い取引に最適よ。

 

「ぱっと見テクニカル」は最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測してくれるわ。

 

FXプライムのぱっと見テクニカル

 

バイナリーオプションの業者を選ぶ時のポイント

バイナリーオプションを選ぶ時の3つのポイントをご紹介します。

・金融庁登録済みの国内業者を選ぶ
・バイナリーオプションの取引形式で選ぶ
・受取総額の割合が高いFX会社を選ぶ

 

金融庁登録済みの国内業者を選ぶ

海外のバイナリーオプション口座は危険

 

必ず金融庁に登録している国内業者を選びましょう。

 

日本に登録がない海外の無登録業者は、「出金ができない」、「突然ホームページが閉鎖される」などの詐欺行為が多発しているため非常に危険です。

 

日本国内でバイナリーオプションを運営するには、金融商品取引法によって金融庁への登録が必須なので国内大手業者は必然的に登録しています。

 

しかし、海外を拠点にする業者の取り締まりは難しく、多くの海外業者が無登録で運営しているのが現状です。

 

登録済みの会社であれば安心してトレードできます。初心者は必ずの国内業者を選びましょう。

 

バイナリーオプションの取引形式で選ぶ

バイナリーオプションの取引形式にはラダーとレンジの二種類がありますが、それぞれ特徴が違うため自分に合った取引形式を選ぶのは重要です。

 

ラダーはトレンド相場(16時~、21時~が向いている時間帯)、レンジは動きが少ない日中(12~15時)に向いた取引です。

 

どちらの取引が自分に合っているか、実際に取引をしてみて確かめることが重要です。

 

今回紹介している3社とも登録不要・無料でデモトレードができるのでまずは試してみてね!

 

ちなみに、レンジ取引のデモトレードができる国内業者は外貨ex byGMOのみよ。

 

受取総額の割合が高い国内業者を選ぶ

受取総額の割合が高い国内業者を選ぶ

 

受取総額の割合が高い国内業者を選びましょう。

 

受取総額の割合とは還元率とも呼び、業者が受け取った金額の何割がトレーダーに還元されているのかを表します。

 

「割合が高いから勝てる!」というわけではないですが、受取総額の割合が高いとそれだけトレーダーに有利なのは間違いありません。

 

80%しか還元と90%還元なら、どちらがトレーダーにとって有利かは明らかです。

 

今回ご紹介した3社は、全て90%以上と信頼できる業者です。

支払総額に対する受取総額の割合

 

支払総額に対する
受取総額の割合
GMOクリック証券 FXプライム byGMO 外貨ex byGMO ヒロセ通商 外為どっとコム
11月 96.10% 100.11% 96.9% 92.0% 89.84%
10月 97.21% 96.19% 94.0% 87.0% 89.88%
9月 95.72% 97.00% 93.3% 93.0% 92.36%
8月 96.55% 96.47% 93.7% 92.2% 90.46%
7月 97.05% 92.35% 95.0% 91.6% 91.75%
6月 96.48% 96.19% 96.1% 94.4% 91.97%
5月 95.98% 95.68% 94.4% 85.3% 90.64%
4月 96.66% 95.05% 95.9% 88.1% 90.49%
3月 97.97% 93.83% 96.3% 90.5% 93.58%
2月 97.01% 94.32% 93.8% 90.6% 90.54%
2021年1月 95.66% 93.44% 93.5% 89.6% 95.87%
12月 97.02% 97.87% 94.3% 90.5% 96.5%
平均 96.62% 95.71% 94.77% 90.40% 91.99%

※各FX会社の公式HP上で開示されているラダー取引の取引実績をもとにしています。

 

バイナリーオプションの国内規制について

バイナリーオプションの国内規制

 

規制という言葉からネガティブなイメージですが、これはトレーダーを守るための規制でありポジティブな規制です。

 

国内規制を理解して、不安を取り除きましょう。

 

国内業者は規制があるから安心して取引できる

バイナリーオプションの国内規制は、トレーダーを守るために国によって作られました。

 

規制の原因は「ギャンブル性の高さ」です。

 

規制前は10分後、1分後のレートが購入時より上がるか下がるを予想する短期取引が主流だったので、一発逆転や負けを取り戻すと言ったギャンブルのような射幸性の高いトレードを誘発しやすい状態でした。

 

また、総取りという判定時にこの価格帯だと必ず負けるという、業者が有利なレンジがありました。

 

こういった、ギャンブル性の高さと業者有利なルールを取り締まったのが国内規制です。

 

国内規制はトレーダーを守るためにつくられた規制ですので、昔より安全性が向上したと認識してください。

バイナリーオプション4つの国内規制

この国内規制では大きく下記の4つの規制がかけられました。

・短時間取引の禁止
・総取り禁止
・ペイアウト倍率の変動制
・価格提示が買いと売りの2つ

 

短時間取引の禁止

短時間取引の禁止によって、一日の取引回数に制限が設けられました。

 

取引回数を限定することで強制的に損失機会を減らし、安全性を向上することがが目的です。

 

規制後の1日最大取引回数は12回になり「少な過ぎず、多過ぎず」で、一回のトレードに集中して挑むことができますね!

 

総取り禁止

現在では考えられない、業者が圧倒的有利な総取りがなくなりました。

 

業者に有利な総取りというのは、判定時にこの価格帯だと必ず負けるレンジの発生です。

 

総取りがなくなったことにより、シンプルに上がるか下がるかの予想に徹することができるので、トレーダーにとって有利な規制といえます。

 

海外業者は「総取り」システムを採用しているところがあるので注意です。

 

ペイアウト倍率の変動制

規制前は予想が当たると固定のペイアウト倍率で払い戻されていました。

 

しかし、規制後からは購入時のレートによって購入金額が変動するようになっています。

 

払い戻しは1,000円と固定ですが、購入時のレートと目標レートの差が大きいほど、判定時間までの時間が長いほど、つまり当たる確率が低いほど購入価格が安くなります。

 

例えば50円で購入して1,000円のリターン(950円の利益)を得ることが可能ですが、非常に難易度が高いので気をつけましょう。

 

ハズれると購入金額分が没収になるのは変わりませんが、確率が低い場合は購入金額が低くなるので投資額も低く抑えれるのがメリットです。

 

価格提示が買いと売りの2つ

規制前までは、購入するの一択で買ったらキャンセルすることができませんでした。

 

規制後は購入したものを売却できるようになったので、途中で間違いに気づいた時に売却することで被害を抑えることが可能です。

 

しかし、キャンセルできると言っても購入した金額が全部戻ってくるわけではありません。何割か差し引かれた状態で返ってきます。

国内業社と比較してわかる!海外業者を避けるべき理由

ここまで散々国内業者を推奨しておりますが、それには理由があります。

 

なぜなら海外業者は危険だからです。まずは下記の国内業者との比較表をご覧ください。

 

  国内業者 海外業者
金融庁の登録有無 登録済み ほぼ未登録
出金拒否の有無 なし あり
ペイアウト倍率 1倍〜20倍(変動制) 1.6倍〜2.4倍(固定制)
取引時間 24時間 24時間
取引回数 12回以下 無制限
取引期間 最短2分(2時間毎に判定) 30秒、60秒、5分、30分・・・
通貨ペア数 5〜8通貨 10通貨
税率 20.315% 5%〜45%(総合課税)

 

基本スペックは似ていますが、特に注意すべき点は下記の2点です。

海外業者はギャンブルになりやすい

海外業者は出金拒否などの詐欺が多発している

 

海外業者は規制がなくギャンブルになりやすい

海外口座は規制がなく、バイナリーオプションがギャンブルになりやすい

 

海外業社がギャンブルになりやすい最大の要因が、無制限に短期取引ができてしまうことです。

 

上がるか下がるかという2択を1分単位、早いと秒単位で判定し、いつでも無制限に行えます。

 

24時間すぐ結果がわかる宝くじが買えるようなイメージです。

 

最初は真面目にやると意気込んでも、その手軽さから次第にギャンブルのようなトレードになり、最終的に退場していくのが典型的な負けパターンです。

 

そうならないためには、規制で強制的に取引回数を制限できる国内業者を選ぶことが賢明です。

 

海外業者による詐欺が多発している

国民生活センターのバイナリーオプションの注意喚起

*引用元:国民生活センター

 

海外業者による詐欺事件が多発していて、特に多いのが出金トラブルです。

 

海外業者で利益を出して出金申請をしても出金できず、入金したお金すら戻ってこない事例が多発。

 

国民生活センターへの相談が多数寄せられ下記の通り注意喚起されています。

「インターネット上の広告を見て興味を持ち、海外業者とバイナリーオプション取引を開始したが、出金を求めても応じてもらえない」といった相談が、最近になって全国の消費生活センター等に数多く寄せられています。

バイナリーオプション取引はリスクの高い取引であることを理解し、無登録の業者との契約は行わないようにしましょう。

引用元:国民生活センター

 

アメリカでもFBIが動き出す事態に発展しているよ。

 

海外でも出金拒否や個人情報の悪用など大きな問題になって、FBIから注意喚起がなされている。

 

これら詐欺行為を行う業者に共通することは、金融庁に無登録で運営している点です。

 

逆に金融庁に登録されている国内企業であれば詐欺の心配はありません。特に経験が少ない初心者は必ず国内業者から始めましょう。

初心者必見!バイナリーオプションで勝つためのコツ

バイナリーオプションで勝つためのコツ

 

残念ながらバイナリーオプションにすぐに効果が出るような必勝法はありません。

 

コツコツと経験を積み上げて、自分に合った勝ちパターンを探し出すことが重要です。

 

今回ご紹介コツを意識するだけで、全てのトレードが意味あるものになります。

 

根気よく退場しないように経験を積み重ねていきましょう。

 

エントリー(売買)の根拠を持つ

エントリー(売買)の根拠を持つとは、勝つ見込みを持ってトレードすることを指します。

 

バイナリーオプションの世界には多くの分析手法があり、プロのトレーダーは根拠を持ってエントリーしています。

 

しかし、実際の相場では十分な分析をせず、「なんとなく上がりそう」というなんの根拠もない感覚で取引しているトレーダーが非常に多いです。

 

そのため、たとえ最初は運で勝っても最終的にほとんどのトレーダーは退場しているのが現実です。

 

これから始める人にはそうならないように、為替分析の勉強をして根拠を持ってトレードすることを心がけましょう。

 

資金管理を徹底する

資金管理とは、退場しないために投資金にルールを持たせることを意味します。

 

こちらは、勝つためというよりは負けないためのコツです。

 

なぜなら、バイナリーオプションは大金を賭けて負けたらゼロになる危険性を秘めているからです。

 

実際に、大きなリターンを求めて大金を失う初心者トレーダーが多いです。

 

資金管理は徹底していれば退場することがないので、長く相場に残るための最重要事項とだぞ!

 

儲けるより、損をしないことが重要だ。

 

初心者におすすめなのが、一回当たりの投資額を全投資金の2%とする2%ルールです。

 

負けても全体の2%であるためメンタルへの影響も小さく、多くのトレードができるためリスクを抑えて経験値を上げれますよ!

 

記録を取り振り返る

トレード記録を取って振り返る作業は、自分だけの勝ちやすいトレードみつけるための最重要要素と言えます。

 

何度もお伝えしますが、バイナリーオプションには絶対勝てる方法はありません。

 

しかし、勝ちやすいパターンは見つけられます。

 

トレード記録が必要!記録はメモでもいいけど、エクセルなどでまとめると振り返りの際に便利よ。

 

初心者はまずトレード記録をつけ、振り返る癖を身につけましょう。

バイナリーオプションの国内業者 まとめ

バイナリーオプションでは詐欺の危険がない国内業者を使うのが重要であることをご理解いただけたと思います。

 

バイナリーオプションの国内業者のまとめは下記の通りです。

・受取総額の割合が高い業者を選ぶ
・取引形態はラダー取引、レンジ取引の2種類
・海外業者は詐欺が多く危険なので、国内業者を使う
・バイナリーオプションの国内規制は、トレーダーを守るためのもの
・GMOクリック証券が受取総額の割合が高い(高還元率)

 

バイナリーオプションは信頼できる国内業者であれば安全にトレードできる投資です。

 

あなたに最適な国内業者を選び、安全にバイナリーオプションを始めてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

参考元
・一般社団法人 先物金融取引業協会
金融庁
FBI