医師が警告「体調がなんかいつもと違う」を放置して2週間後に起きる怖い変化 (※写真はイメージです/PIXTA)

小林メディカルクリニック東京の院長である小林暁子先生が自律神経と腸内環境をキーワードとして、免疫力を高く保つ方法を解説します。

【関連記事】医師「放置しないでほしい」食後に眠い…は脳の危険信号だった

免疫力の低下とは

新型コロナウイルスの世界的流行によって改めて免疫力の重要性を世界中の人々が感じ、その免疫力を強靭にしたいと願ったと思います。

 

新型コロナウイルスは免疫細胞を暴走させるスイッチをオンにして、免疫システムが肺などの細胞をつぎつぎと攻撃し、炎症を広げていくサイトカインストームを引き起こします。

 

免疫の暴走をおこさず、免疫細胞が正しく必要なときに必要な相手に働くためには、日々の生活で免疫力を高めることが必要です。

 

免疫力はもちろん加齢によって低下しますが、若くても糖尿病や高血圧、肥満などの基礎疾患や食生活の乱れ、睡眠不足や運動不足などの生活習慣の乱れやストレスによる自律神経の乱れでも低下していきます。

 

免疫力の低下は最初は本人さえ気付かないほどの、軽い疲労や無症状の場合もあります。しかし、体調がいつもと違っていると感じ、何らかの対策をとっても2週間も改善しなければ、すでに免疫力は低下し始めている可能性があるため注意が必要です。

免疫力の低下で起きてくること

免疫細胞は多くの種類が存在し、ウイルスなどにまず立ち向かう自然免疫としてNK細胞やマクロファージ、好中球などが存在し、さらに進化した2次防衛としての獲得免疫として樹状細胞やヘルパーT細胞、キラーT細胞、B細胞などが存在しますが、今回コロナで注目されたのがレギュラトリーT細胞です。

 

レギュラトリーT細胞はその他の免疫細胞の働きをコントロールして免疫細胞が暴走し過ぎることを抑制している重要な細胞ですが、コロナ重症化例ではこのレギュラトリーT細胞の働きが低下している基礎疾患のある方や肥満や高齢であるといった方々に免疫の暴走が起きたことがわかっています。

 

免疫細胞がきちんと働けなくなった状態が免疫力の低下であり、感染症にかかりやすくなる、かかった後に重症化しやすくなる、アレルギーや自己免疫疾患との関連が強くなる、がん細胞の増加を招き癌に罹患しやすくなるなどのさまざまな状況を招きます。

 

ですから、日々のささいな習慣で免疫細胞の応援をしていく必要があります。そこでキーワードとなるのが自律神経と腸内環境です。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

医療法人社団順幸会 小林メディカルクリニック東京 院長

日本内科学会認定医。 認定病院総合診療医。 医療法人社団順幸会小林メディカルクリニック東京理事長・院長。
1996年、順天堂大学医学部を卒業後、同大学の内科・皮膚科に勤務。 女性専門外来の開設にも立ち会う。
2006年、順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏とともに、クリニックを開院。 女性の大きな悩みのひとつ、肌荒れの原因にもなる便秘の改善医療で、女優や歌手など著名人からも信頼が厚い。
また、治療とともに、食事をはじめとする生活習慣を改善する指導を行い、不調の原因の根本的改善を目指す。
『ビビット』(TBSテレビ)、『ごごナマ』(NHK)、『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ)、などメディア出演も多数。

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、最先端の「自分磨き」を提供するウェルネスメディア『KARADAs』から転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧