(※写真はイメージです/PIXTA)

ここ最近、日本でもちょっとした「ESG」ブームが到来し、投資にもESG関連のものが増えています。しかし実体を伴わない名ばかりの「ESGファンド」も数多く存在し、国内外で問題視されています。本当の「ESG投資」とは何か?日本株式を運用する独立系運用会社「コモンズ投信」の投資哲学やファンドの特徴から考えます。

企業の見えない価値に着目する「コモンズ30ファンド」

「ESG」という看板を掲げたことありませんでしたが、コモンズ30ファンドは「世代を超える投資」のために企業の持続可能な価値創造に着眼していたので、そういう意味ではESG投資と目指すところは同じです。また、コモンズ30ファンドは企業の非財務的な「見えない価値」が持続可能な価値創造の源であると考え、ESG投資は企業の非財務的価値の情報開示を求めていました。

 

「コモンズ30ファンド」のキーワードは

「30年」「30社」「対話」。

 

ファンドの基本方針

  1. 投資の目線は30年とします。
  2. 投資対象は、原則として30銘柄程度とします。
  3. 企業との対話を重視します。

 

コモンズ30ファンドの特長

「コモンズ30ファンド」は「30年」「30社」「対話」を特長に、次のような基本方針のもと運用を行っています。

 

  • 30年の長い目線を持ってお客さまと企業と育む長期投資

 

資産をつくりながら、成長を続ける日本のよい企業を長く応援し、豊かな社会をこどもや孫へつなげる、そんな想いが込もった長期投信です。

 

 

 

 

 

  • 真のグローバル企業を中心に30銘柄へ集中投資

 

投資する約30社は、世界で成長し続けられる真のグローバル企業。「質」の高い企業に集中投資することで、高い運用成果を目指します。

 

 

 

 

 

  • 対話で企業とお客さまをつなぎ価値の創造と楽しさを提供

 

価値づくりや応援する楽しさにつながるよう、投資先企業と消費者であるお客さまが対話できる交流セミナーにも積極的に取り組んでいます。

 

 

 

 

\PR/ 年間延べ7000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

※本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

TOPへ