離婚で大金を失わないために…男性医師が妻に選びたい女性とは (※画像はイメージです/PIXTA)

医師は収入が多いこともあり、結婚するにあたり有利に働く点も多い。しかし、裕福であるが故に、結婚後に金銭的なトラブルを招くこともあるという。医師の婚活のサポートも多くおこなっている結婚相談所『ARK ROYAL』の代表である大西加枝氏に、男性医師の結婚事情から、選ぶべき相手や相応しくない相手、その見分け方などを紹介してもらう。

地位や財産を失わないための相手選び

医師は収入が多く、社会的地位も高いので、女性からの非常に人気があるのは周知の事実。しかし、多くの医師は、仕事が忙しすぎるため出会いの場に足を運ぶほど時間に余裕がありません。

 

出会ってアプローチを受けたとしても、医者というステータスのみで近付いてくる女性ばかりというケースも多くあります。男性としては辟易してしまうところでしょう。そういった理由から、婚期が遅れることが多いです。

 

また、信頼のおける女性だと思って結婚しても、のちに本性を露呈する場合もあります。離婚へと進むとなれば、せっかく築いた地位や財産を失うことも十分に起こり得る話です。人生転落へのリスクを避けるため、医師だからこそ、結婚相手は慎重に選ばなければいけません。

男性医師にお勧めのタイプの女性

では、男性医師はどんな女性との相性がいいのか。お勧めなのが、「秘書的なマインドのある女性」です。

 

ひとくくりに医師と言っても、大学病院勤務、総合病院(民間)、開業医、勤務医など、働き方は様々。ですが、医師のほとんどが拘束時間が長く、休日でも、連絡があればすぐに病院に駆けつけられる距離にいなければならない場合が多いです。そんな状況を理解し、支えられる覚悟のある女性が医師にはお勧めです。

 

「親が医師の女性」はいいですね。長い期間父親が帰ってこないことや、突然の予定変更、大切な家族の行事にいないなどにも慣れているため、上記のような状況を受け入れてもらいやすいです。

 

女性医師も、相性は悪くないはずです。同じ苦労や努力をして今の道にたどり着いているため、共感する部分は多いです。これから先、長く一緒に過ごしていくのに必要となる連帯感などにもつながります。

 

「看護師の女性」は、愛情深く、陰ながら支えるタイプの方が多いので、私としてはお勧めしています。ですが、看護師さんは医師の忙しさを理解しています。もし家庭を持ったとしても、落ち着いた暮らしはできないことを分かっているので、むしろ看護師さんのほうが医師を敬遠してしまう場合もあります。

西麻布の恋する結婚相談所アーク・ロイヤル代表
『37歳からの婚活』(扶桑社)著者
〝家族づくりは最高のクリエイティブ〟をモットーに
縁結びの実績は450組以上。

著者紹介

連載2021年医師の婚活事情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧