月収34万円の都内勤務が老後資金2,000万円に絶望した結果…

いわゆる「老後資金2,000万円問題」から早1年。資産形成の重要性が問われ、実際にアクションを起こした人も多いだろう。一方で何をしていいのか分からず、ただ不安だけが膨らんでいる人もいるのではないだろうか。いま一度、老後を見据えた資産形成について考えてみよう。

老後、2,000万円あれば安心できるのか?

金融庁の報告書に端を発した、いわゆる「老後2,000万円問題」。公的年金だけでは老後の生活に必要なお金を十分に賄うことはできないと、ある意味国が宣言したことで、老後に対する不安が日本中に広がり、資産形成への関心が高まった。

 

大騒動となった「老後2,000万円問題」。
大騒動となった「老後2,000万円問題」。

 

投資用ワンルームマンションを扱う、木下不動産・取締役営業本部長の沖村佳昭氏は、個人の意識の変化をこう語る。

 

「将来への危機意識が高まっているように感じます。何かを始めたほうが良いと、認識している方が増えているのではないでしょうか」

 

現在、医療の進展も相まって、日本人の平均寿命は男性約81歳、女性約87歳と大きく伸びている(図表1)。さらに今の60歳の約4分の1が95歳まで生きるという試算もあり、統計からも「人生100年時代」というのは、言い過ぎでないことがわかる。

 

 

出所:厚生労働省「平成30年簡易生命表」より作成
[図表1]日本人の平均寿命の推移出所:厚生労働省「平成30年簡易生命表」より作成

 

そのようななか、日本ではバブル景気を頂点に賃金は伸び悩みを見せている。高齢者世帯を含め、全世代で低調だ(図表2)。また長らく退職金と年金給付がセットとなり、老後の生活を支えてきたが、労働の流動化が進む昨今では、退職金制度のある企業は年々減少している。

 

出所:)総務省「全国消費実態調査」より作成
[図表2]世帯主の年齢階級別収入の推移 出所:)総務省「全国消費実態調査」より作成

 

昨年の金融庁の報告書では、高齢夫婦2人世帯の毎月の赤字額は5万円と試算し、そこから2,000万円が不足すると仮説を立てた。しかし今後、少子高齢化が加速度的に進んでいくなか、公的年金の水準に調整が入ることも予想される上、税金・保険料の負担も大きくなることも考えられる。「老後、2,000万円あれば安心」とは、とてもいい切れない。

 

では現状、個人はどれくらいの資産を保有しているのだろうか。65歳時点における金融資産の保有状況は、夫婦世帯で2,252万円、 単身男性で1,552万円、単身女性で1,506万円となっている(図表3)。あくまでも平均値であり、ローンなど負債を抱えているなど、状況はそれぞれ。介護費用や住宅のリフォーム費用なども想定すれば、この金額で十分とはいえないだろう。

 

出所:総務省「全国消費実態調査」より作成
[図表3]世帯主が65歳~69歳の金融資産額 出所:総務省「全国消費実態調査」より作成

 

このように考えていくと、早い時期から資産形成を検討し実践していくことが、老後不安を一掃するための、当然の手段と考えられる。

 

 

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載都内勤務の30代男性…老後資金2,000万円をつくるには?

  • 月収34万円の都内勤務が老後資金2,000万円に絶望した結果…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧