[連載]岐路に立つスリランカの海洋ガス田開発

スリランカ沖で発見されたガス田は、最大で2000億ドルもの経済効果をスリランカにもたらすと期待されている一方で、ガス田を発見したインドの石油大手企業が、世界的な原油価格の下落によって、このガス田の開発から撤退を表明しました。スリランカのエネルギー政策に関して、カメハメハ倶楽部と提携している現地スリランカの情報サイト「ECHELON」に掲載された記事より、前編と後編の2回に分けてご紹介します。

本連載の著者紹介

『ECHELON(エシュロン)』は、スリランカの三大ビジネス誌のひとつ。著名な経営者・ビジネスパーソンのインタビュー記事から、同国の金融・経済・投資・不動産などの最新事情、ラグジュアリーなアイテムやライフスタイル等の記事を幅広く掲載。経営者層やハイクラスなビジネスパーソンなど、同国の物的・知的富裕層を多数読者に抱える。(写真はチェアマンのChanna De Silva氏)

著者紹介

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧