潤沢な資金が手元にあり「今こそ不動産投資で資産運用を」と考えているものの、第一歩が踏み出せないという人は多いようです。ネット上では「不動産投資は失敗する」といったブログやコラムが散見されますが、実際には不動産投資で財産を増やしFIRE(経済的自立・早期退職)を遂げている人たちはたくさんいるのです。そこで、不動産投資とはどのようなものか、そのメリットとデメリットは、どう始めたら良いかなど、不動産投資初心者に知ってほしい“基本中の基本”を解説します。

【7/20(土)セミナー開催】
1都3県・駅チカ物件で利回り7%超を実現!フルローン×新築アパート投資の全貌

「不動産投資」で収益を上げる仕組みとは

不動産投資とは、住宅や事務所・店舗などの不動産を所有するオーナーが、それらの物件を不特定多数に貸し出して家賃収入を得るビジネスです。不動産投資を始めるには、まず収益用不動産を取得(=購入)する必要があります。不動産投資上級者が収益用不動産を選ぶときに重要視しているのは「利回り」と「立地」です。利回りは、不動産の購入価格に対する年間家賃収入の割合で算出します。たとえば、家賃8万円の収益用不動産を2000万円で買った場合の利回りは「4.8%」になります。

 

年間家賃(8万円×12ヵ月)÷購入価格(2000万円)×100=4.8%

 

利回りが高ければ高いほど収益性が高く、初期投資費用の回収も早いという判断ができます。

 

次に立地です。単純に考えれば「都心の一等地」がベストですが、都心部の不動産価格は高騰しており、家賃が相場程度なら利回りはかなり低くなります。そのため無理をして都心部を狙う必要はありません。購入価格と家賃収入のバランスが良い、すなわち高利回りであれば地方都市でも良いのです。地方にも商業施設や教育・医療施設などの生活インフラが整った場所はたくさんあり、そこには多くの人が移り住んで来るため賃貸需要も伸びています。

 

【7/20(土)セミナー開催】
1都3県・駅チカ物件で利回り7%超を実現!フルローン×新築アパート投資の全貌

次ページ不動産投資のメリットとデメリット