「生前贈与加算」7年に延長…“相続税増税”への対応策【税理士が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

2022年12月に政府が発表した「令和5年度税制改正大綱」において、これまで相続税の「節税」対策として活用されてきた年110万円の「暦年贈与」の「生前贈与加算」が7年へと延長されることになりました。他方で、「相続時精算課税制度」に年110万円の基礎控除が導入されるなど、生前贈与による相続税対策が大きく変容することが想定されます。今後の見通しについて解説します。

「暦年贈与」と「生前贈与加算」の制度とは

「暦年贈与」とは、贈与税において「暦年課税」を選んだ場合に年間110万円まで非課税となることを指します。

 

「暦年課税」は、贈与税の2種類ある課税方法の一つです。毎年、その年度に贈与された財産の合計額に応じて課税される方式です。もう一つの方法が、後述する「相続時精算課税」です。

 

暦年課税においては、年間110万円まで「基礎控除」を受けられ、非課税となります。

 

ただし、後に贈与者が亡くなって相続税を計算する際、「相続開始前3年間」すなわち死亡日以前3年間に贈与した財産について、相続財産への「持ち戻し」が行われることになっています。これが、いわゆる「生前贈与加算」です。

 

贈与財産が年110万円以下であっても、相続財産への持ち戻しが行われるのです。

 

この「生前贈与加算」は難点ではありますが、暦年贈与を程度長期間にわたって続ければ、確実性の高い相続税対策となります。したがって、これまで、この暦年贈与が相続対策のスタンダードの地位を占めてきました。

生前贈与加算が「3年」から「7年」に延長

ところが、2022年12月23日に発表された政府の「令和5年度税制改正大綱」において、「持ち戻し」が2024年度の贈与から従来の「相続開始前3年分」から「7年分」まで延長されることとなりました。

 

持ち戻しの額は以下の通りです。

 

・亡くなった日の3年前まで:全額持ち戻し(従来と同じ)

・それ以前(7年前まで):総額から100万円を控除した額を持ち戻し

 

これにより、暦年贈与による相続税対策も、少なくとも8年以上続けなければ効果が乏しいこととなります。

背景に「資産移転の時期の選択により中立的な税制の構築」

この制度改定の背景にあるのは、「資産移転の時期の選択により中立的な税制の構築」あるいは「相続税と贈与税の一体化」という問題意識です。

 

すなわち、政府の税制改正大綱の下敷きとなった与党(自民党・公明党)の「2023年度税制改正大綱」において、以下の指摘がなされていました。

 

1. 高齢化に伴い、資産が高齢世代に偏っているため、若年世代への資産移転を促す必要がある

2. 現行制度においては富裕層でない人にとって生前贈与を行うメリットが乏しい

3. 現行制度における生前贈与の非課税措置(暦年贈与等)はもっぱら富裕層に有利なものとなっており、格差の固定化につながる。

 

これらの問題意識から、「資産移転の時期の選択により中立的な税制の構築」がうたわれました。

 

すなわち、生前に「贈与」した場合と、死後に「相続」によって資産が移転した場合とで、最終的な税負担に顕著な差がないような制度設計をするということです。

 

「相続税と贈与税の一体化」という表現がされることがあります。

 

「生前贈与加算」が7年に延長されたのは、その一環です。

あなたにオススメのセミナー

    「セゾンのくらし大研究」は株式会社クレディセゾンが運営する人生100年時代の困りごと・悩みごと解決サイトです。
    サイト内では「お金」、「暮らし」、「健康」、「家族」の困りごとや悩みごとを、 一つひとつ一緒に考え、 一緒に解決するためのヒントやきっかけとなる情報を厳選して発信しています。

    セゾンのくらし大研究はこちら
    クレディセゾンのサービスはこちら

    著者紹介

    税理士法人グランサーズ共同代表
    公認会計士・税理士

    青森県弘前市出身。早稲田大学商学部卒。監査法人トーマツにて会計監査に従事し、税理士法人山田&パートナーズで相続コンサルや組織再編コンサルなど、法人個人問わず幅広く税務コンサルティング業務に従事。2015年税理士法人グランサーズを開設。

    スタートアップ企業からIPO(上場)準備支援まで、あらゆる成長段階の企業のサポートをしており、税務会計顧問にとどまらない経営を強くするためのコンサルティングサービスに中小企業経営者の信頼と定評を得ている。

    スタートアップ支援の一環でco-ba akasakaの運営、ITエンジニアの紹介等様々なサービスを提供。

    NPO法人コミュニティビジネスサポートセンターの委託を受け、東京都創業支援の一環である「女性・若者・シニア向け創業サポート事業」のアドバイザーとして契約し、定期的な訪問、経営相談に対応している。セミナー実績多数。

    ●税理士法人グランサーズ
    https://grancers.co.jp/


    ●YouTube『社長の資産防衛チャンネル【税理士&経営者】』
    https://www.youtube.com/channel/UCzocv7nCk2DyNCYSinYH_HA/featured

    著者紹介

    連載「セゾンのくらし大研究」発…あなたの大切な資産、どう守る?

    本記事は、株式会社クレディセゾンが運営する『セゾンのくらし大研究』のコラムより、一部編集のうえ転載したものです。

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    TOPへ