この記事では、チャネルラインの基礎知識と効果的なトレード手法を解説しています。実は、チャネルラインはFXの勝利の王道「トレンドフォロー」に最適な分析方法なんです。この記事で解説する「チャネルラインを使ったトレード手法」でトレンドを乗りこなしましょう!
【FXのチャネルラインとは】正しい引き方とブレイクを狙った手法!

「チャネルラインってなに?」

「トレンドラインと何が違うか知りたい」

「チャネルラインだけで勝てるって本当?」

 

「FXで勝ち続けるには分析が必要って言うけど、何をすればいいかわからない!」とお悩みではありませんか?

 

FXで成果が出やすいのは、トレンドフォローの順張りと言われています。

チャネルラインはトレンドフォロー向けのテクニカル分析です。

 

そこでこの記事では、チャネルラインの引き方からトレード手法まで詳しく解説します。

 

最後まで読めば初心者でも簡単にトレンドフォローが出来るようになりますよ。

 

この記事でわかること
・チャネルラインの基本
・チャネルラインの引き方
・相場分析に有効な理由
・チャネルラインを使ったトレード手法
・チャネルラインを使う際の注意点

 

チャネルラインとは?トレンドラインとの違い
トレンドラインとは?
チャネルラインの引き方
初心者は引き方を練習しよう!
ツールが使いやすいFX会社3選
なぜチャネルラインが効くのか?
チャネルラインを使った基本的なトレード手法
上昇トレンド
下降トレンド
チャネルラインのブレイクを狙った手法
上昇フラッグ
下降フラッグ
レンジ相場におけるトレード手法
最強? チャネルラインだけで勝てるのか
チャネルラインとトレンドラインを使う際の注意点
ダマシを見極める方法
長期トレンドが形成されている
長い時間足でブレイクが確認できる
トレンドが変わる情報が出た
まとめ チャネルラインでトレンド相場を乗りこなそう

チャネルラインとは?トレンドラインとの違い

チャネルラインの基本

 

チャネルラインとは、ローソク足を挟んでトレンドラインと平行に描くラインです。

 

チャネルラインとトレンドラインの間を「チャネル」と呼びます。

 

相場はチャネル幅の内側で上下しながらトレンドを形成する性質があるため、チャネル幅を超えたときはトレンドが大きく動くサインと読み取れます。

 

トレンドラインとチャネルラインの2本をまとめてチャネルラインと呼ぶこともあるぞ。

 

 

トレンドラインとは?

上昇トレンドライン
下降トレンドライン

 

トレンドラインとは、ローソク足の高値同士や安値同士を結んだラインです。

 

ローソク足の安値同士を結んだラインを「サポートライン」、高値同士を結んだラインを「レジスタンスライン」と呼びます。

 

トレンドラインは傾きやローソク足との位置関係から、トレンドの向きや強さを判断するのに役立ちます。

 

下記の記事でトレンドラインについて詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

チャネルラインの引き方

チャネルラインは、トレンドラインを引いたあと直近の安値(高値)を通るように平行に引きましょう。

 

すでに相場が上下を数回繰り返しているなら、できるだけ内側にある安値(高値)に合わせるのがポイントです。

 

なぜなら、チャネル幅を広く取りすぎると、損切りが遅れる可能性があるからです。

 

例えば高値同士を結んだレジスタンスラインを引いたら、次の安値に合わせてチャネルラインを引きます。

 

初心者は引き方を練習しよう!

チャネルラインを練習しよう

 

チャネルラインとトレンドラインは、FX初心者も引き方をマスターしておきましょう。

 

シンプルで売買判断がしやすく、使いこなせばとても有効な分析手法だからです。

 

そのため、初心者は2本のラインの引き方を練習して、実践で活用しましょう。

 

ラインを引く練習には、デモトレードを利用するか、本番用口座で入金をせずにチャートだけ使えばOKだ。

 

デモトレード可能なFX会社
FX会社 手軽さ スマホアプリ対応 詳細
みんなのFX
登録不要
デモトレ登録
FXプライム byGMO
登録不要
デモトレ登録
外貨ex byGMO
メアド + パスワード
デモトレ登録
ヒロセ通商
メアド + ニックネーム
デモトレ登録
JFX
メアド + ニックネーム
デモトレ登録
FXTF
ID + パスワード
デモトレ登録
auカブコムFX
ソーシャルアカウント
デモトレ登録
DMM FX
メアド + パスワード + ニックネーム
デモトレ登録
GMOクリック証券
メアド + ニックネーム + パスワード
デモトレ登録
外為どっとコム
メアド + ニックネーム + パスワード
デモトレ登録
外為オンライン
メアド + ニックネーム
デモトレ登録
FXブロードネット
メアド + ニックネーム
デモトレ登録
アイネット証券
メアド + ニックネーム
デモトレ登録
ひまわり証券
メアド + 名前
デモトレ登録
セントラル短資FX
メアド + ユーザーネーム ※ミラートレーダーのみ
デモトレ登録

 

 

ツールが使いやすいFX会社3選

チャネルラインやトレンドラインを使うのにおすすめなのは、次のFX会社です。

 

 

相場分析をスムーズに行うためには、ツールの使いやすいFX会社を選ぶのが大切です。

 

デモトレードでツールの使用感は確かめられますが、その前にある程度FX会社を絞ることで、効率的に口座を選択できるようになります。

 

それぞれの特徴を解説するので、口座選びの参考にしてくださいね。

 

 

取引コストが安く、初心者向きの「DMM FX」

DMMFX
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 0.9銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨
マイナススワップが大きい
200,000円

 

最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者からプロまで対応する高機能チャートが無料で使える
・取引結果を自動分析してくれるので、トレードの実力がUPしやすい

 

初心者でも使いやすく、プロもうなる高機能チャートが有名!

 

スプレッドが安いので、デイトレなどの取引回数が多くなるトレードでも取引コストを安くすることができるよ。

 

取引結果を自動で分析してくれるので取引の実力が伸びやすく、初心者に一番おすすめのFX口座。

 

 

 

FX取引高 世界第1位「GMOクリック証券」

GMOクリック証券
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 0.9銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1万通貨 300,000円

 

FX取引高 世界第1位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・38種類のテクニカル指標があり、分析ツールが充実

 

スプレッドが安い上に、FXのプロがうなるほどの高機能分析ツールが有名!

 

取引高 世界第1位からもわかる通り、皆が使っているFX会社だ。

 

初心者からプロまで、GMOクリック証券が一番おすすめ!

 

 

 

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 0.9銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
300,000円

 

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

 

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

 

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

 

高機能の分析ツールが有名で、スマホでのツールも使いやすく人気の高いFX会社。

 

 

なぜチャネルラインが効くのか?

チャネルラインが効く理由

 

チャネルラインやトレンドラインが効く理由は、トレーダーの習性によるものです。

 

相場の上下の変化は、トレーダの売買によって形成されるのはご存知でしょうか?

 

例えば、買いのトレーダーが多ければ上がり、売りのトレーダーが多ければ下がります。

 

相場がチャネル内で上下する際の値幅は、多くのトレーダーが利確や損切りの目安にしていると考えられます。

 

同時間帯のトレーダーの顔ぶれは毎日ほぼ同じで、丸々入れ替わることはほとんどない。

同じトレーダーが多く参加しているからこそ、利確(損切り)幅が変わらず、チャネル幅内での上下が繰り返されるのだ。

 

チャネルラインを使った基本的なトレード手法

チャネルラインの意味と効果がわかったら、次は基本的なトレード手法を理解しましょう。

 

基本的な方針は、トレンドに沿って取引するトレンドフォローです。

 

チャネルが形成されていれば、トレンドに乗りつつチャネル幅内で売買を繰り返せます。

 

収益チャンスが多いので、コツコツ利益を増やすことができますよ。

 

 

上昇トレンド

上昇トレンドにおけるチャネルライン

 

トレンドラインで上昇トレンドが確認できる場合は、最初のエントリーは「買い」です。

 

サポートラインで跳ね返ったタイミングで買い、チャネルラインで反転したタイミングで決済します。

 

シンプルでわかりやすいですね!

 

 

下降トレンド

下降トレンドにおけるチャネルライン

 

逆に下降トレンドが確認できたときには、「売り」からスタートします。

 

レジスタンスラインで跳ね返されたタイミングで売り、チャネルラインで反転したら決済しましょう。

 

チャネルライン内で相場が上下している間は、この方法でエントリーを繰り返します。

 

チャネルラインのブレイクを狙った手法

チャネルラインのブレイクを狙った手法も覚えておきましょう。

 

まず注目すべきなのが、「フラッグ」です。

 

フラッグは旗のように形成されるチャートのことで、直近の高値・安値でチャネルラインを引くと確認できます。

 

 

上昇フラッグ

上昇フラッグのチャネルラインのブレイク

 

上昇フラッグを形成しチャネルラインを抜けると、強い上昇トレンドになりやすいです。

 

長期足で上昇トレンドの中で、上値・下値ともに少しずつ切り下がっていくのが特徴です。

 

しばらく切り下がりつつもみ合ったあと、チャネルラインを上に抜けます。これがチャネルラインのブレイクです。

 

強い上昇トレンドのサインなので、買いでエントリーしましょう!

 

 

下降フラッグ

下降フラッグのチャネルラインのブレイク

 

逆に下降フラッグは、長期足で下降トレンド中に上値、下値ともに少しずつ切り上がります。

 

しばらくもみ合い状態になり、チャネルラインを下抜ければラインブレイクです。

 

強い下降トレンドのサインなので、売りでエントリーしましょう!

 

このように、フラッグが発生するとトレンドが継続する方向へブレイクしやすいので、エントリータイミングの目安になるぞ。

 

レンジ相場におけるトレード手法

レンジ相場のチャネルラインのブレイク

 

レンジ相場では、レジスタンスラインとサポートラインの2本で判断するのが基本です。

 

上下どちらかのラインをブレイクすると、その方向へ強いトレンドが発生する可能性が高いです。

 

例えば、レジスタンスラインを上抜けたら上昇トレンド、サポートラインを下抜けたら下降トレンドになります。

 

レンジをブレイクしてトレンドが発生したら、「チャネルラインを使った基本的なトレード手法」でエントリーを狙いましょう。

 

最強? チャネルラインだけで勝てるのか

チャネルラインだけでは勝てない理由

 

チャンネルラインは初心者にも使いやすいし、シンプルな手法なのでそれだけで勝てそうな気がしてきますよね。

 

しかし、初心者がチャネルラインだけで勝ち続けるのは難しいです。

 

その理由は、トレーダーの心理を理解する必要があるからです。

 

ニュースや重要な経済指標発表も盛り込んで値動きを予測しないと、下記で解説するダマシに遭ってしまいます。

 

チャネルラインとトレンドラインを使う際の注意点

チャネルラインを使う注意点

 

チャネルラインとトレンドラインを使った取引をする場合には「ダマシ」に注意しましょう。

 

「ダマシ」とは、チャネルラインをブレイクしてそのままトレンドになるかと思ったら、再びチャネルライン幅の中に戻ってくることです。

 

トレーダー心理や経済指標を考慮しないといけないのはこのためです。

 

なぜこのタイミングでブレイクしたのかが読み取れるようになると、「ダマシになりそう」と予測が立ち、早とちりでの損失を防げますよ。

 

ダマシを見極める方法

チャネルラインを使う際にダマシを見極める方法

 

ダマシが発生するとわかっても、具体的な対策方法まで知らないと実践するときに困りますよね。

 

そこで、ダマシを見極める方法を紹介します。

 

【ダマシの見極め方】

・長期トレンドが形成されている
・長い時間足でブレイクが確認できる
・トレンドが変わる経済情報やニュースが出た

 

これらを意識して取引にのぞめば、ダマシを回避しやすくなりますよ。

 

 

長期トレンドが形成されている

すでに長期のトレンドであれば、本当のブレイクである可能性が高いです。

 

トレンドは無限に続くことは無く、必ず終わりがあるためです。

 

チャネルの幅で上下した回数が多ければ多いほど、ブレイクして反転したときの勢いは強くなる傾向があります。

 

 

長い時間足でブレイクが確認できる

今見ている時間足よりも上位足でブレイクが発生していれば、本当のブレイクの可能性が高まります。

 

なぜなら、短期足の動きは長期足の動きに吸収されて同方向へ動く傾向があるからです。

 

例えば、4時間足でブレイクが発生し、日足でもブレイクが確認できれば、本当に相場が反転すると考えられます。

 

下位足と上位足のブレイクが一致したときにだけエントリーすれば、ダマシを回避しやすくなるぞ。

 

 

トレンドが変わる情報が出た

トレンドが変わるような材料が出た場合にも、本当のブレイクになりやすいです。

 

トレンドが変わる材料とは、重要な経済指標や要人発言などのファンダメンタルズです。

 

チャネルライン、トレンドラインを使ったテクニカル分析に、ファンダメンタルズ分析を組み合わせると、より分析精度を高められますよ。

 

 

まとめ チャネルラインでトレンド相場を乗りこなそう

チャネルラインは多くのトレーダーが使っていますが、初心者は正しくサインを読み取るのが難しく、ダマシに遭うケースも少なくありません。

 

この記事で解説した「チャネルラインを使ったトレード手法」「ダマシを見極める方法」の両方を実践すれば、トレンド相場で効率的に利益を重ねられますよ!

 

最後にこの記事をおさらいしましょう。

 

・チャネルラインは初心者にも使いやすいトレンド分析
・ラインブレイクにはダマシも多いので注意が必要
・チャネルラインだけでなくファンダメンタルズ要素も分析する

 

また、相場分析をスムーズに行うためには、ツールが使いやすいFX会社を使うのが大切です。

 

次のFX会社はツールが高機能かつ使いやすいのでおすすめです。

 

 

最初から上手に使いこなすのは、誰でも難しいものです。

 

そのため、デモトレードやチャート画面を活用してたくさん練習してから実践にのぞみましょう。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

参考元