毎年「約12万人」が罹患…「胃がんリスクが高い日本人、低い日本人」の決定的差【医師が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

「胃がん」は世界的にも多いがんの一つですが、日本を含む東アジアでの罹患率は特に高いことが知られています。胃がんの発症リスクを低減するために、私たちは何ができるのでしょうか? 齋藤宏章医師が解説します。

毎年約12万人が発病…日本は「胃がん大国」

「胃がんを防ぐにはどうしたら良いのですか?」「ピロリ菌は退治したほうが良いのでしょうか」「新しい薬の開発は進んでいるのでしょうか?」…私は胃がんの治療に関わるなかで、患者さんからよくこのような胃がんの予防や治療に関する質問を受けます。日本人は年間で約12万人が胃がんに罹り、年間で約4万人が亡くなっています。いわば“胃がん大国”の日本ですが、私たちにできる対策はないのでしょうか? 胃がんに関して、最新の治療も含めて、少し詳しく紹介していこうと思います。

「胃がん」は世界的に多いがん腫だが…

■東アジアの罹患率は特に高い

胃がんは世界でも多いがんのうちの一つです。世界185ヵ国の36種の主要ながんをまとめた報告書(GLOBOCAN 2018)によると、2018年に胃がんは世界で103万人が罹患し、これは大腸がんや皮膚がんに次いで6番目に多いがん腫となっています。胃がんによって亡くなる人は78万人にのぼり、これは肺がんに次いで2番目に多い数でした。この数値は世界で、がんで亡くなる人の、12人に1人は胃がんで亡くなっていることになります。つまり、年間に発見される数も多く、亡くなる方も多いがんということです。

 

また、胃がんは地域によって、なりやすさに差があることが知られています。地域別にみると日本を含む東アジアは最も胃がんの罹患率が高いことが知られており、北米では10万人あたり、男女でそれぞれ5.6人、2.8人の発生件数であるのに対して、東アジアでは男女それぞれ32.1人、13.2人とおよそ6倍程度の発生件数であるとされています。

 

■胃がんの約9割に「ピロリ菌」が関与

胃がんに地域差があるのはなぜでしょうか。これは胃がんの主なリスクである、ピロリ菌の分布と対応すると言われています。日本を含む東アジアはピロリ菌を保有する人口の割合が高いのです。ピロリ菌は幼少期より胃に感染し、慢性胃炎を起こすことで、胃がんの発生リスクになることが知られています。およそ9割の胃がんにはピロリ菌が関与していると言われています。他にも、高塩分食や果物の摂取が少ないこと、アルコールや喫煙などが胃がんのリスクであることが知られています。

相馬中央病院 内科 医師
日本内科学会 認定内科医

福岡県福岡市出身。福岡県立修猷館高校、東京大学医学部医学科卒業。

2017年より宮城県仙台厚生病院消化器内科に勤務し、内視鏡をはじめとする消化器内科疾患全般の診療に従事、2022年6月より福島県相馬中央病院 内科に勤務。
2019年より、福島県立医科大学医学部博士課程にも所属している。

AIをはじめとする、内視鏡診断・治療に関わる研究や、消化器系のがん検診の実態と課題の解明に関わる研究、製薬企業の医師に対する謝礼金の実態を分析する研究など、医学領域の研究に広く取り組む。

著者紹介

医療と社会の間に生じる諸問題をガバナンスという視点から研究し、その成果を社会に発信していく特定非営利活動法人「医療ガバナンス研究所」による学会。「官でない公」を体現する次世代の研究者の育成を目的とし、全国の医療従事者が会員として名を連ねている。

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、オンライン診療対応クリニック/病院の検索サイト『イシャチョク』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ