人に相談しづらい「肛門の痛み」…実は癌(がん)の可能性も【専門医が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

人にはいいづらいものの、痛むとなかなか我慢できない肛門周辺の痛み。大腸・肛門外科の中島康雄医師によると、肛門周辺に発生する痛みには、「原因がはっきりしているものと原因がわからないものに分けられる」といいます。本記事では、そんな「肛門の痛み」の原因と治療法について詳しく解説します。

【関連記事】「現代社会のストレス」が生む便通異常…「過敏性腸症候群」の症状と治療法

原因不明の「無症候性肛門痛」…治療困難なものも

肛門周辺に発生する痛みには、原因のわからない「無症候性肛門痛」と原因の明らかな「症候性肛門痛」があります。

 

そのなかでも無症候性肛門痛は「一過性直腸肛門痛」と「慢性直腸肛門痛」に分類されます。

 

一過性直腸肛門痛

 

一過性直腸肛門痛は、痛みが急に出現し、数秒~数分、最長でも30分以内に消失します。「消散性直腸肛門痛」ともよばれており、夜間から早朝にかけて、突然直腸肛門部に激痛が走り、30分程度七転八倒の苦しみのあと、朝になるとなにごともなかったように治ってしまう、「無性に便が出したい感じがする」というのが特徴として挙げられます。

 

慢性直腸肛門痛

 

一方、慢性直腸肛門痛は30分以上続く直腸肛門痛のことで、直腸診で恥骨直腸筋を後方に牽引すると痛みが増強するものが「肛門挙筋症候群」、増強しないものが「非特異的機能性直腸肛門痛」に分類されます。

 

原因は解明されていませんが、心理的要因や恥骨直腸筋の攣縮(れんしゅく)の関与などが考えられています。治療は困難ですが、鎮痛剤、安定剤、神経ブロックなどで改善する方もいます。

 

先述した消散性直腸肛門痛などはトリガーポイントへの局注(局所注射)でよくなった文献もありますので、あきらめず治療するのがよいでしょう。ただし、筆者は年間のべ数千人の診察をしていますが、無症候性肛門痛と思われる方は少数です。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

森山記念病院 大腸肛門外科部長

学歴
滋賀医科大学卒、東京医科歯科大学大学院卒

経歴
東葛辻仲病院 副院長、アルト新橋胃腸肛門クリニック 院長を歴任
2016年6月より森山記念病院 大腸肛門外科部長に就任
肛門疾患診察、治療、手術を多数経験し、大腸内視鏡検査も2万件以上の実績がある。また、痔瘻の超音波診断を数多く手掛けている。

資格
日本大腸肛門病学会専門医、指導医(Ⅱb:肛門科領域専門)/日本消化器内視鏡学会専門医、指導医/日本外科学会専門医、指導医/日本消化器病学会専門医、指導医/日本消化管学会胃腸科専門医、指導医/日本消化器外科学会認定医/日本臨床肛門病学会技術指導医

著者紹介

連載現役医師が解説!様々な「カラダの不調」への対処法

※本記事は、オンライン診療対応クリニック/病院の検索サイト『イシャチョク』掲載の記事を転載したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ