少額FXの始め方を紹介する記事です。少額でFXを始めるための条件や、少額FXのメリット・デメリット、少額取引を始める際に意識すべきこと、注意点などを詳しくお伝えします。少ない資金を元手にFXを始めてみたい人必見の記事です。
FX投資の始め方【少額編】安全で堅実にお金を稼ぐたった2つの条件!

「FXを少額から始めるにはどうすればいい?」

「少額でFX取引を始めたら何をすればいい?」

「少額取引のメリットデメリットは?」

今回は、FX初心者が少額でFXを始めるための条件や、少額取引のメリット・デメリット、少額取引で経験しておくべきことを詳しく解説します。

 

特に投資を初めてする方なら少額から始めるのがベストです。


少額で経験を積んだ方が、確実に稼ぐスキルを学べますからね!

 

私も最初の半年間は1,000通貨単位での取引を続け、相場観や損益感覚を磨くことができました。

この記事でわかること
・FXの少額取引に必要な準備
・少額でトレードする場合の資金目安
・少額トレードで失敗しないために意識すべきこと
・FX投資を少額で始めるメリット・デメリット
・少額トレードOKなおすすめFX会社

 

「FXを始めたいけど、大損するのが怖い!」と思う方は、この記事を参考に、少額でFXを始めてみてください!

 

少額でFXを始めるための条件
取引通貨単位の低いFX会社を利用する
資金は5万円以上を用意する
少額でFXを始めたら意識すべきこと
レバレッジは10倍以下に
取引スタイルの確認
相場のクセや値動きの感覚
相性の良いテクニカル指標を見つける
オススメの少額取引ができるFX口座4選
FXの少額取引が向いている人
資金が何十万も用意できない人
本当にFXで稼げるようになりたい人
FXを1,000通貨以下で始めるメリット
損失が少ない
プレッシャーが小さい
利益が出た時の喜びがある
分析指標や手法を試せる
FXの少額取引3つのデメリット
利益額が小さい
ハイレバレッジになりやすい
相場分析がおろそかになる
【注意】少額だからといってハイレバレッジにしない
FXを少額で始める方法 まとめ

少額でFXを始めるための条件

少額でFXを始めるための条件

少額でFXを始めたい人も多いと思いますが、少額で始めるためには下記2つの条件を満たす必要があります。

 

・取引通貨単位の低いFX会社を利用する
・資金は5万円以上を用意する

 

 

1つずつ説明していきましょう。

 

 

取引通貨単位の低いFX会社を利用する

少額取引するなら取引通貨単位が1,000通貨以下のFX口座を選ぶのが良いでしょう。

 

取引通貨単位とは、取引をしなければならない最低限の通貨量で、FX口座によってその基準は異なります。

 

例えば、取引通貨単位が1万通貨単位の場合、最低でも1万通貨からしか取引ができません。

 

そのため、取引通貨単位が少ないFX口座を選ばなければ少額での投資ができないのです。

 

取引通貨量 レバレッジ1倍 レバレッジ10倍 レバレッジ25倍
1通貨 110円 11円 約5円
100通貨 1万1,000円 1,100円 440円
1,000通貨 11万円 1万1,000円 4,400円
10,000通貨 110万円 11万円 4万4,000円

※米ドル円1ドル=110円と仮定して計算しています。

 

1,000通貨単位できれば十分少額トレードが可能ですが、MATSUI FXSBI FXトレードでは1通貨単位から取引ができます。

 

 

資金は5万円以上を用意する

資金は5万円以上

少額とはいえ、資金は5万円以上を用意しましょう。

 

なぜなら5万円あれば、レバレッジを低くしてロスカットのリスクを抑えられ、精神的にも余裕を持って取引できるからです。

 

1,000通貨FXでレバレッジを25倍効かせて取引した場合、資金が5,000円だけだと、予想が外れるとすぐにロスカットされてしまいます。

 

ギリギリの資金で取引すると、精神的な余裕がなくなり冷静な判断ができない恐れがあります。

 

そのため、1,000通貨の取引でも余裕を持って5万円以上は用意しておきましょう。

 

少額でFXを始めたら意識すべきこと

少額でFXを始めたら意識すべきことは4つあります。

 

①レバレッジは10倍以下に
②取引スタイルの確認
③相場のクセや値動きの感覚
④相性の良いテクニカル指標を見つける

 

1つずつ説明していきましょう。

 

 

レバレッジは10倍以下に

レバレッジは10倍以下に抑えましょう。

 

なぜならハイレバレッジにしすぎると、値動きが大きくなった時にロスカットされてしまうからです。

 

ハイレバレッジの取引は、同じ為替変動幅でも、より多くの損失が発生します。

 

レバレッジは最低でも10倍以下、初心者なら2〜3倍程度が理想です。

 

レバレッジを10倍以下で運用するには、証拠金維持率250%を以上保って取引しましょう。

 

 

 

取引スタイルの確認

スタイル別取引のイメージ

次に取引スタイルの確認を行います。

 

FXの取引スタイルには大きく分けて「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期保有」の4種類です。

 

取引スタイル 取引の特徴
スキャルピング 数秒〜数分間の短い取引時間で、小さな利益を積み重ねる取引スタイル
デイトレード 数時間〜1日以内で取引を繰り返し、コツコツ利益を積み重ねる取引スタイル
スイングトレード 数日〜数週間と比較的長い取引時間で、1回の取引で大きな利益を狙う取引スタイル
長期トレード 数か月~数年単位でポジションを保有し、主に金利差益を狙う取引スタイル

 

投資に使える時間や性格によって合っている取引スタイルが変わります。

 

取引を始める前には、デモトレードを活用して自分に合った取引スタイルを見つけましょう。

 

 

相場のクセや値動きの感覚

相場のクセ値動きの感覚を掴んでいきましょう。

 

通貨ペアや時間帯によって、相場のクセや特徴があります。

 

例えば、米ドル円の相場なら夜20時以降が最も活発に相場が変動したり、毎日午前の仲値発表前後には値動きが起きる特徴があります。

仲値のクセ

 

得意な通貨ペアや時間帯を見つけると、勝ちやすい取引だけに絞れます。

 

また、影響力の高い経済指標の発表前後で値動きを確認すれば、危険な相場が察知できるので、少額FXでコツを掴んでおきましょう。

 

 

相性の良いテクニカル指標を見つける

複数のテクニカル指標を使ってみて、自分が得意な分析指標を見つけましょう。

 

テクニカル指標はたくさんありますが、いくつも使いこなす必要はありません。

 

2〜3個をしっかり理解して使えば十分です。

 

もし、自分の分析が不安なら、FX会社提供の無料分析ツールなどを活用するのもありでしょう。

私は基本的にボリンジャーバンドと一目均衡表を使っています。

ただし、その2つの分析指標が心もとない時は、外為どっとコムの「ぴたんこテクニカル」を参考にしてエントリー判断をしています。

ぴたんこテクニカルお天気シグナル

あわせて読みたい:【目的別おすすめFXツール9選】選び方のポイントと注意点も解説!

 

オススメの少額取引ができるFX口座4選

100円からできるFX「松井証券」

松井証券
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 掲示休止中
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨
マイナススワップが大きい
500,000円

スプレッドは原則固定(※例外あり)
 

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者向けセミナー動画が充実

 

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1通貨(ドル/円なら5円)から取引が可能!

 

レバレッジ1倍なら100円、25倍なら5円という少額で取引ができるのが最大の特徴よ。

 

少額から取引ができるので大損するリスクが無く、初心者でも安心して取引ができるわ。

 

 

 

顧客満足度 第1位! 取引コストが安い「SBI FXトレード」

SBI-FXトレード-LP画像
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.09銭※ 0.30銭※ 0.69銭※
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨 302,000円

※注文量1~1000通貨までのスプレッド
 

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・全通貨においてスプレッドが安く、取引コストが安い
・1000通貨までの取引は通常のスプレッドよりさらに安い

 

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1通貨(ドル/円なら5円)から取引が可能!

 

高機能チャートと為替情報が充実しているうえにスプレッドが安く、短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社と言える。

 

オリコンランキングで「顧客満足度 第1位」になるなど、人気の高いFX会社だ。

 

 

 

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 0.9銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
300,000円

 

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

 

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

 

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

 

高機能の分析ツールが有名で、スマホでのツールも使いやすく人気の高いFX会社。

 

 

 

米ドル/円スプレッド0.1銭! スキャルピングに最適「FXプライム byGMO」

FXプライム
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.1銭 原則固定対象外 原則固定対象外
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
103,000円

 

米ドル/円スプレッド0.1銭! スキャルピング公認!
・トルコリラ、メキシコペソ、南アフリカランドなどの高金利通貨のスワップが高い。
・「将来の値動き」を予測する「ぱっと見テクニカル」で勝率UP!

 

米ドル/円のスプレッドが0.1銭となっており、取引回数の多いトレードスタイルに最適よ。

 

最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探し出し、「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測する「ぱっと見テクニカル」で勝率UP!

お天気シグナル

 

 

FXの少額取引が向いている人

FXの少額取引が向いている人

FXの少額取引に向いている人は以下のような人です。

 

・資金が何十万も用意できない人
・本当にFXで稼げるようになりたい人

 

1つずつ説明していきましょう。

 

 

資金が何十万も用意できない人

まずは、資金が何十万も用意できない人です。

 

FXは1,000通貨取引で始めれば、最低でも約5,000円から始められます。

 

投資は大金が必要というイメージがあるかもしれないですが、FXは少額でも大丈夫です。

 

ただし、必要証拠金ギリギリの資金だと取引の強制終了をされる可能性が高いので多少余裕ある資金が必要です。

 

1,000通貨取引なら、5万円あれば十分FX取引を始められます。

 

 

本当にFXで稼げるようになりたい人

本当にFXで稼げるようになりたい人にも向いています。

 

少額取引はステップアップするための手段です。

 

少額で稼げるようになってから取引量を増やすのがベストです。

 

デモトレードでは味わえない緊張感を味わいたい人は、少額取引で練習しましょう。

 

FXを1,000通貨以下で始めるメリット

FXを1,000通貨以下で始めるメリット

FXを1,000通貨以下で始めるメリットは以下の4つです。

 

・損失が少ない
・プレッシャーが小さい
・利益が出た時の喜びがある
・分析指標や手法を試せる

 

1つずつ説明していきましょう。

 

 

損失が少ない

FXを1,000通貨以下で始めると損失が少ないといったメリットがあります。

 

1,000通貨の取引だと、ドル円なら1pipsの値動きで約10円の損益です。

 

例えば、1万通貨取引において、ドル円で100pips損したら約1万円の損失ですが、1,000通貨取引においては約1,000円の損失で済みます。

 

【変動幅別の損益額】

取引通貨量 1銭(1pips) 5銭(5pips)     10銭(10pips) 50銭(50pips) 1円(100pips)
1000通貨 10円 50円 100円 500円 1000円
2000通貨 20円 100円 200円 1000円 2000円
3000通貨 30円 150円 300円 1500円 3000円
5000通貨 50円 250円 500円 2500円 5000円
1万通貨 100円 500円 1000円 5000円 10000円

 

相場分析や値動き幅の予測に慣れていない初心者が、いきなり1万円の損切をするのは少し辛いものがありますよね。

 

値動き感覚をつかめるようになるまでは、少額取引で損失を少なくしておきましょう。

 

 

プレッシャーが小さい

FXを少額で始めれば、プレッシャーが小さくなります。

 

なぜなら、失敗しても大きな損失になりづらいからです。

 

FX初心者において失敗はつきものですが、仮に失敗しても損失を最小限に抑えられるのは大きなメリットです。

 

少額取引なら、「大きな損失をするかもしれない」といったプレッシャーを感じずに取引できます。

 

 

利益が出た時の喜びがある

少額で取引しても利益が出た時の喜びはあります。

 

本番の緊張感を味わいながら、利益を出すのは難しいことです。

 

資金が増えて取引量が増えれば、大きな利益も期待できます。

 

また、小さな成功体験を積むことで、FXに対するモチベーションも高まりますよ。

1,000通貨取引を始めたとき、私は1日に200~500円くらい稼いでいました。

500円でも利益が出ればうれかったし、トレードへの自身も高まりました。

 

 

分析指標や手法を試せる

FXには分析指標や手法がたくさんありますが、少額取引なら色々試せます。

 

無料でFX取引ができるデモトレードを利用する方法もありますが、本番取引の緊張感は味わえません。

 

少額取引なら本番の緊張感を味わいながら、複数の分析指標や手法を試せます。

 

FXの少額取引3つのデメリット

FXの少額取引3つのデメリット

FXの少額取引はメリットだけではありません。

 

少額取引の3つのデメリットをご紹介します。

 

・利益額が小さい
・ハイレバレッジになりやすい
・相場分析がおろそかになる

 

1つずつ説明していきましょう。

 

 

利益額が小さい

1,000通貨以下で取引すると、1万通貨取引と比べて利益額が小さいです。

 

取引量が小さいため、どうしても利益額は小さくなってしまいます。

 

例えば、1,000通貨の取引は1万通貨での取引に比べて、同じ値幅を取れたとしても利益は10分の1です。

 

損失額が抑えられるメリットがある反面、利益も少ないため、取引に勝ったとしても、なかなかお金が増えている実感が湧きにくいです。

 

 

ハイレバレッジになりやすい

FXの少額取引はハイレバレッジになりやすくなります。

 

なぜならレバレッジを高くすれば、少額でも大きな利益を狙えるからです。

 

たしかに、ハイレバレッジなら大きな利益を狙えますが、その反面、失敗したときのリスクも大きくなります。

 

少額取引は、FXの取引に慣れるという目的もあるので、レバレッジは10倍以下に抑えましょう。

 

 

相場分析がおろそかになる

少額取引だと相場分析がおろそかになります。

 

なぜなら、少額なら失ってもいいと思ってしまうからです。

 

1度に発生する利益や損失の金額が小さいため、投資をしているという実感が薄れます。

 

その結果、相場分析がおろそかになり、ギャンブルに近い取引になってしまうのです。

 

FXは投資です。必ず相場分析をして取引にのぞみましょう。

 

【注意】少額だからといってハイレバレッジにしない

少額だからといってハイレバレッジにしないように注意しましょう。

 

なぜならレバレッジが高すぎると、証拠金の余裕がなくなり少しの為替変動でもロスカットされてしまうからです。

 

少額でも大きな利益を求めてハイレバレッジにするのは危険です。

 

レバレッジは最高でも10倍、基本的には2〜3倍に抑えましょう。

 

レバレッジを10倍以下で運用するためには、証拠金維持率が250%を下回らないようにして下さい。

 

 

FXを少額で始める方法 まとめ

今回は、少額でFXを始めたい方向けに、少額でどのように始めれば良いか解説してきましたが、いかがでしたか?

 

この記事を読んでいただければ、少額FXを始めるための条件や、メリットやデメリット、少額取引の意識することが理解でき、安全に始められるはずです。

 

では、もう一度、この記事の内容をおさらいしましょう。

 

・少額FXをするなら、5万円以上の資金を用意して取引単位の低いFX会社を選ぶ
・少額FXを始めたら、10倍以下のレバレッジで取引する
・資金が何十万も用意できない人は、FXの少額取引に向いている
・1,000通貨以下でFXを始めるメリットは損失が少なく、プレッシャーが小さい
・少額取引は利益額が小さく、相場分析がおろそかになりやすいので注意

 

少額FXは1度に発生する利益や損失の金額が小さいため、投資をやっている実感が湧きづらいかもしれません。

 

しかし、少額取引は本番の緊張感があるため相場に真剣に向き合えます。

 

利益が増えて取引量が上がれば、利益も大きくなるので、まずは少額でFX取引に慣れていきましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

参考になれば幸いです。